→ 絵式部とは?

→ 絵式部とは?

絵式部が呼ばれるようになった由来

絵式部が呼ばれるようになった由来

-絵式部が呼ばれるようになった由来-

「絵式部」の呼称は、絵画に優れた式部卿宮の女房たちを指して使われるようになったのが始まりです。式部卿宮とは、宮内省の官庁である式部省の長官を務める親王のことで、平安時代には皇族や公家の男子が就任することが多く、その女房は教養と才能に優れた女性たちが集まっていました。

式部卿宮の女房たちは、和歌や管弦、書道など、さまざまな芸術分野に秀でていましたが、特に絵画に優れていたことで知られていました。她们は、当時の最先端の نقاشی技術を習得し、宮廷や貴族の邸宅などに飾られる屏風や襖絵、絵巻物などを制作しました。

「絵式部」という呼称がいつ頃から使われるようになったかは定かではありませんが、平安時代中期にはすでに使われていたと考えられています。平安時代末期には、絵式部として特に有名な女性が何人かおり、その代表的な人物が藤原隆信の娘である藤原清衡です。藤原清衡は、歌人として知られる藤原俊成の姉であり、絵画の才能にも恵まれていました。彼女は、父である藤原隆信から絵を学び、数多くの名作を残しました。

藤原清衡以外にも、平安時代末期には、藤原隆能の娘である藤原隆子、藤原敦光の娘である藤原敦子など、絵式部として名を残した女性が何人かいます。彼女たちは、平安時代の絵画界に大きな影響を与え、日本の絵画史に残る名作を数多く残しました。

タイトルとURLをコピーしました