舎桲:江戸時代中期の俳人

舎桲:江戸時代中期の俳人

舎桲の生涯

舎桲の生涯

舎桲の生涯

舎桲(しゃじゅう)は、江戸時代中期の俳人です。本名は熊谷正勝。貞享3年(1686年)に江戸浅草猿若町に生まれました。父は武芸の師範をしており、舎桲も幼い頃から剣術と槍術を学びました。しかし、15歳の時に父が亡くなり、家計を助けるために商売を始めました。

商売のかたわら、舎桲は俳諧を学び始めました。元禄10年(1697年)に芭蕉の門人である杉風に入門し、蕉門十哲の一人として活躍しました。舎桲は芭蕉の俳風を受け継ぎながら、独自の句風を確立しました。その句は、自然の美しさや人生の無常を詠んだものが多く、清澄で幽玄な味わいが特徴です。

宝永7年(1710年)、舎桲は芭蕉の死後に開催された「奥の細道」の追善俳諧に参加しました。この俳諧は、芭蕉の足跡をたどって東北地方を巡るもので、舎桲は芭蕉の代表的な句である「奥の細道」を詠みました。

享保20年(1735年)、舎桲は江戸で亡くなりました。享年50歳でした。舎桲は、江戸時代の俳諧の発展に大きな貢献をした俳人と評価されています。

舎桲の俳諧

舎桲の俳諧

-舎桲の俳諧-

舎桲は、江戸時代中期の俳人です。本名は田中太右衛門といい、江戸浅草に生まれました。俳諧を松尾芭蕉に学び、芭蕉の死後は蕉門の俳人を指導しました。舎桲の俳諧は、芭蕉の俳諧を継承しつつも、独自の境地を開いたもので、写生を重んじ、自然の美しさを詠んだ句が多いのが特徴です。

舎桲の俳諧には、以下のような特徴があります。

* 写生を重んじ、自然の美しさを詠んだ句が多い。
* 季語を巧みに用いて、季節の移ろいを表現している。
* 言葉遣いが簡潔で、無駄な装飾を排している。
* ユーモアや風刺を効かせた句が多い。

舎桲の俳諧は、江戸時代中期に流行した元禄文化を代表するもので、芭蕉の俳諧とともに、日本の俳諧史に大きな影響を与えました。舎桲の俳諧は、現在でも多くの俳句ファンに愛好されています。

舎桲は、芭蕉の死後、蕉門の俳人を指導し、蕉風俳諧の普及に努めました。また、俳諧の理論書である『猿蓑抄』を著し、俳諧の在り方について論じています。舎桲の『猿蓑抄』は、蕉風俳諧の重要な理論書として、現在でも多くの俳句ファンに読まれています。

舎桲の著作

舎桲の著作

-舎桲の著作-

舎桲は、江戸時代中期の俳人です。武蔵国荏原郡上大崎村(現在の東京都品川区上大崎)に生まれ、本姓は景浦氏、名は祐之進、のちに祐と改めました。号は舎桲のほか、荊口、似我などがあります。

舎桲は、若い頃から俳諧を好み、芭蕉の門人として活躍しました。元禄2年(1689年)に芭蕉が亡くなると、その遺志を継いで蕉門の中心的人物となりました。正徳2年(1712年)には、蕉門の俳人たちの作品を集めた『猿蓑』を刊行しました。

『猿蓑』は、芭蕉の『おくのほそ道』に次ぐ蕉門の代表的な俳諧集であり、舎桲の俳諧観が色濃く反映されています。舎桲は、芭蕉の「さび」「しをり」の精神を受け継ぎ、自然の美しさと無常観を詠んだ句を多く残しました。また、蕉門の俳人たちの交流を深めるため、句会や俳諧の会を盛んに開催しました。

舎桲は、俳諧だけでなく、和歌や漢詩にも通じていました。また、書画にも優れ、多くの作品を残しています。舎桲の著作には、俳諧集『猿蓑』のほか、『荊口句集』『似我句集』などの句集、和歌集『舎桲和歌集』、漢詩集『舎桲漢詩集』などがあります。

舎桲は、江戸時代中期の俳諧を代表する俳人であり、その著作は現在でも多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました