「文守」(⇒一糸文守(いっし-ぶんしゅ))について

「文守」(⇒一糸文守(いっし-ぶんしゅ))について

一糸文守とは

一糸文守とは

一糸文守とは

一糸文守(いっし-ぶんしゅ)とは、江戸時代から明治時代にかけて活躍した日本の浮世絵師である。本姓は林、名は守庸(もりのぶ)。一糸文守(いっし-ぶんしゅ)は雅号である。

一糸文守は、安永5年(1776年)に江戸に生まれた。浮世絵師・歌川豊国(うたがわ-とよくに)の門下に入り、画業を学んだ。文政10年(1827年)に師匠である豊国が亡くなると、その跡を継いで歌川派の二代目として活躍した。

一糸文守は、美人画や役者絵、風景画など、幅広いジャンルの浮世絵を制作した。特に、美人画を得意とし、その作品は「一糸文守美人」と呼ばれて人気を博した。一糸文守の美人画は、繊細な線描と華やかな色彩が特徴で、多くの浮世絵ファンを魅了した。

一糸文守は、嘉永元年(1848年)に江戸で亡くなった。享年73。浮世絵界に多大な功績を残した一糸文守は、現在でも多くの浮世絵ファンから愛されている。

一糸文守の生涯

一糸文守の生涯

-一糸文守の生涯-

一糸文守は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した日本の僧侶、歌人である。俗名は藤原宗頼。文治3年(1186年)、信濃国屋代郷(現在の長野県千曲市)に生まれる。父は藤原宗頼、母は藤原宗盛の娘・徳子。

建久10年(1199年)、14歳の時に出家し、法然に師事して浄土宗を学ぶ。建永元年(1206年)、法然の死後、慈円に師事して天台宗を学ぶ。建暦2年(1212年)、東大寺戒壇院で受戒し、僧正となる。

建保6年(1218年)、承元元年(1207年)に起きた承元の法難により、浄土宗の僧侶が弾圧されたことに抗議して、東大寺大仏殿前で断食抗議を行い、流罪となる。貞応3年(1224年)、流罪を赦され、京都に戻って浄土宗の復興に努める。

嘉禄3年(1227年)、52歳の時に死去。墓所は京都市東山区にある浄土寺。

一糸文守は、浄土宗の復興に努めただけでなく、歌人としても活躍した。和歌の数は約400首が残されており、その多くは『新古今和歌集』に収められている。一糸文守の歌は、清澄で幽玄な作風を特徴としており、後世の和歌人に大きな影響を与えた。

一糸文守の功績

一糸文守の功績

一糸文守の功績

一糸文守は、平安時代前期の貴族、儒学者、歌人。藤原氏北家真夏流の出身で、藤原真夏と藤原春枝の間に生まれた。幼名範子。小野篁の子であれば、小野一糸文守、また、小野篁の次男敦実の子であれば、小野敦実の子一糸文守とも呼ばれる。

一糸文守は、若くして文章生に任じられ、852年(仁寿2年)に文章博士となった。857年(貞観9年)には従五位下に叙せられ、文章博士の職を辞して権左中弁に任じられた。

861年(貞観13年)には、遣唐使として唐に渡り、唐の文化や学問を学んだ。866年(貞観18年)に帰国した後、文部省に入って、文章博士を兼ねた。

一糸文守は、文章博士として、文章生の教育に力を入れ、多くの優れた文章家を輩出した。また、唐から持ち帰った書物を基に、『文選』や『新唐書』などの書物の編集にも携わった。一糸文守は更に、日本初の勅撰仮名文集『凌雲集』の撰者であり、日本の文学の発展に大きく貢献した。

890年(寛平2年)、一糸文守は、従三位に叙せられ、参議に任じられた。897年(寛平9年)には、正三位に叙せられ、大納言に任じられた。900年(延喜10年)に死去。最終官位は正三位大納言。

橘広相は一糸文守を「文章の教主」と呼び、菅原道真は一糸文守を「文章の大家」と呼んだ。一糸文守は、日本の文学と学問の発展に大きな貢献をした、平安時代前期の代表的な学者であり、文人であった。

タイトルとURLをコピーしました