万城目学

万城目学

万城目学のプロフィール

万城目学のプロフィール

万城目学のプロフィール

万城目学は、1976年12月22日生まれ、大阪府大阪市出身の小説家です。関西学院大学社会学部卒業後、出版社勤務を経て、2006年に『鴨川ホルモー』で小説家デビューしました。同作は、第133回直木三十五賞を受賞し、一躍脚光を浴びました。

万城目学の作品は、ユーモアと風刺に富んだストーリーと、関西弁の軽快な語り口が特徴です。また、京都を舞台にした作品が多く、京都の街並みや文化を巧みに描き出しています。

万城目学の作品は、国内外で高い評価を受けており、多くの作品が映画化やドラマ化されています。『鴨川ホルモー』は、2009年に映画化され、興行収入10億円を超えるヒット作となりました。『プリンセス・トヨトミ』は、2011年に映画化され、第35回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しました。『鹿男あをによし』は、2017年にドラマ化され、高視聴率を記録しました。

万城目学は、2010年に第147回直木三十五賞を『とっぴんぱらりのゅう』で受賞しました。また、2013年には『鹿男あをによし』で第42回泉鏡花文学賞を受賞しました。

万城目学の作品は、多くの人々に愛されており、今後も活躍が期待されています。

万城目学の経歴

万城目学の経歴

万城目学の経歴

万城目学さんは、1976年8月28日に大阪府茨木市で生まれました。大阪府立茨木高等学校を経て、京都大学経済学部を卒業しました。大学卒業後は、出版社に就職し、編集者として働きました。

2006年、万城目学さんはデビュー作「鴨川ホルモー」を発表し、100万部を超えるベストセラーとなりました。2009年には「鹿男あをによし」で直木賞を受賞し、その名を全国に知られるようになりました。万城目学さんの小説は、軽快な語り口調とユーモアのあるストーリーで人気があり、多くの作品が映像化されています。

万城目学さんは、小説家として活躍するだけでなく、エッセイストやラジオパーソナリティとしても活動しています。2015年には、茨木市ふるさと大使に任命されました。

万城目学さんの小説は、多くの人に愛されており、これからも多くの作品を発表してくれることを期待しています。

万城目学の受賞歴

万城目学の受賞歴

– 万城目学

万城目学(まんじょうめ・まなぶ)は、日本の作家である。1976年、京都府京都市に生まれる。京都大学法学部卒業後、大手ゼネコンに就職するが、2005年に退職。同年、『鴨川ホルモー』で第132回直木賞を受賞し、作家デビューを果たした。

– 万城目学の受賞歴

* 2005年『鴨川ホルモー』で第132回直木賞を受賞。
* 2006年『プリンセス・トヨトミ』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。
* 2007年『とっぴんぱらりの風太郎』で第6回本屋大賞を受賞。
* 2009年『鹿男あをによし』で第13回山田風太郎賞を受賞。
* 2010年『偉大なる、しゅららぼん』で第10回中央公論文芸賞を受賞。
* 2012年『ザ・マジックアワー』で第14回本屋大賞を受賞。
* 2014年『夏と花火と私の死体』で第16回本屋大賞を受賞。
* 2016年『プリンセス・トヨトミ』が第10回京都本大賞を受賞。
* 2017年『バベル九朔』で第30回山本周五郎賞を受賞。
* 2018年『とかげ』で第14回大藪春彦賞を受賞。
* 2019年『ノイズ』で第16回本屋大賞を受賞。
* 2020年『そして、バトンは渡された』で第17回本屋大賞を受賞。
* 2021年『同志少女よ、敵を撃て』で第73回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。

万城目学は、その独創的な世界観と軽妙な文体で、多くの読者を魅了している。また、その作品は映画化やドラマ化されるなど、幅広く展開されている。

タイトルとURLをコピーしました