大牧広 – 昭和後期から平成時代の俳人

大牧広 – 昭和後期から平成時代の俳人

人物像と経歴

人物像と経歴

-人物像と経歴-

大牧広は、昭和後期から平成時代の俳人です。1923年、東京都に生まれ、1943年に東京大学文学部に入学しました。在学中に高浜虚子の門下に入り、俳句を学び始めました。1945年に大学を卒業後、毎日新聞社に入社しました。

1958年に句集『花影』で第1回俳人協会賞を受賞しました。1963年に毎日新聞社を退社し、俳人としての活動に専念しました。1970年に句集『海坂』で第1回蛇笏賞を受賞し、俳壇での地位を確立しました。

1972年に俳誌『海紅』を創刊し、主宰を務めました。1981年に朝日新聞社より文化賞を、1993年に毎日新聞社より鶴彬賞を受賞しました。1998年に死去するまで、精力的に句作を続けました。

大牧広の俳句は、伝統的な俳句の形式を重んじながらも、現代的な感覚を取り入れた作風が特徴です。写生を重視し、自然や日常の生活をありのままに詠んだ句が多いです。また、虚子に師事した影響もあり、写生と定型を重視した作風が特徴です。

大牧広は、俳人としてだけでなく、俳句の評論家としても活躍しました。1964年に『現代俳句』を出版し、俳句の鑑賞法や作句法について論じました。また、1975年に『俳句入門』を出版し、俳句の基礎知識や作句のヒントをわかりやすく解説しました。

大牧広は、昭和後期から平成時代の俳句界を代表する俳人であり、彼の作品や評論は、現代の俳句に大きな影響を与えています。

俳句の作風と特徴

俳句の作風と特徴

俳句の作風と特徴

大牧広の俳句は、伝統的な季語を巧みに使いながら、現代的な感覚を表現したものが多く見られます。彼は、自然を詠むときには、その美しさや厳しさだけでなく、そこに潜む人間の営みをも捉えようとしていました。また、社会を詠むときには、その矛盾や不条理を鋭く批判するような句を多く作りました。

大牧広の俳句の特徴のひとつは、日常の何気ない出来事の中に俳句の素材を見出していたことです。彼は、散歩中に見かけた花や鳥、道端で出会った人々など、身近にあるものを題材にして、俳句を作りました。また、彼は旅を好んでおり、旅先で出会った風景や人々を詠んだ句も数多く残しています。

大牧広の俳句のもう一つの特徴は、言葉遣いの工夫です。彼は、伝統的な俳句の言葉遣いだけでなく、現代的な言葉遣いも取り入れ、独自の俳句の言語を作り上げました。また、彼は季語を巧みに使い、季語の持つイメージを最大限に引き出すことに成功しました。

大牧広の俳句は、伝統的な俳句の美しさと、現代的な感覚を兼ね備えたものであり、俳句の可能性を広げたとして高く評価されています。彼の俳句は、現代の俳句の主流の一つとなり、多くの俳人に影響を与えています。

主な句集と評論集

主な句集と評論集

-主な句集と評論集-

大牧広の主な句集は、以下の通りである。

* 『草木聚光』(1968年、牧羊社)
* 『季節を賜う』(1975年、牧羊社)
* 『根雪』(1982年、牧羊社)
* 『木魂触る』(1989年、牧羊社)
* 『木陰眼』(1995年、牧羊社)
* 『春を望む』(1999年、牧羊社)
* 『生くる日々に』(2004年、牧羊社)
* 『天寿』(2008年、牧羊社)

また、大牧広の主な評論集は、以下の通りである。

* 『俳句の眼』(1971年、牧羊社)
* 『季感と物語』(1973年、牧羊社)
* 『文学の絆』(1976年、牧羊社)
* 『俳句の表現』(1979年、牧羊社)
* 『俳句の鑑賞』(1982年、牧羊社)
* 『俳句の風土』(1985年、牧羊社)
* 『俳句の四季』(1988年、牧羊社)
* 『俳句の伝統と現代』(1991年、牧羊社)

これらの句集と評論集は、いずれも大牧広の俳句観や俳句理論をうかがうことができる貴重な資料である。

タイトルとURLをコピーしました