岡本啓 – 平成時代の詩人

岡本啓 – 平成時代の詩人

岡本啓のプロフィール

岡本啓のプロフィール

-岡本啓のプロフィール-

岡本啓は、1938年に東京都に生まれた詩人です。東京大学法学部卒業後、商社に勤務しながら詩作を始めました。1968年に第一詩集『刻』を発表し、1971年に『石』でH氏賞を受賞しました。以後、『氷海』『夜の歌』などの詩集を発表し、高い評価を得ています。2008年に死去しました。

岡本啓の詩は、日常生活の細やかな観察から得られたイメージを巧みに用いて、人間の生の根源的な問題を問いかけるものです。また、日本語の持つ響きやリズムを大切にした詩風も特徴的です。岡本啓は、平成時代の日本を代表する詩人として高く評価されています。

岡本啓の詩集には、以下のようなものがあります。

* 『刻』(1968年)
* 『石』(1971年)
* 『氷海』(1976年)
* 『夜の歌』(1981年)
* 『遠い声』(1986年)
* 『風の庭』(1991年)
* 『闇の川』(1996年)
* 『光の海』(2001年)
* 『最後の詩集』(2008年)

岡本啓の詩は、多くの現代詩アンソロジーに収録されており、英語やフランス語などにも翻訳されています。また、岡本啓の詩を題材にした歌曲や朗読劇なども制作されています。

岡本啓の詩集

岡本啓の詩集

-岡本啓 – 平成時代の詩人-

-岡本啓の詩集-

岡本啓(1940年〜)は、平成時代の詩人です。北海道旭川市生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒業後、出版社勤務を経て、1965年に詩集「冬の動物園」でデビューしました。以降、多くの詩集を発表し、1998年に「羅針盤の風」で第35回迢空賞を受賞しました。岡本啓の詩は、日常の風景や出来事を題材にしたものが多く、その平明な言葉使いと抒情的な作風が特徴です。

岡本啓の主な詩集は以下の通りです。

* 冬の動物園(1965年)
* 風の季節(1967年)
* 湖のほとり(1970年)
* 野の道(1973年)
* 空の旅(1976年)
* 海の見える町(1979年)
* 山の彼方(1982年)
* 川の流れ(1985年)
* 街角の風景(1988年)
* 羅針盤の風(1998年)

岡本啓の詩は、その平明な言葉使いと抒情的な作風が特徴で、多くの人々に愛されています。日常の風景や出来事を題材にした詩が多く、読者の共感を呼びます。また、岡本啓の詩には、自然への愛や平和への願いが込められており、読者に感動を与えます。

岡本啓の受賞歴

岡本啓の受賞歴

-岡本啓の受賞歴-

岡本啓は、数々の文学賞を受賞しています。その中でも、最も権威のある文学賞である芥川龍之介賞を2度受賞しています。

1度目は、1987年に発表した『海峡』で受賞しました。この作品は、昭和初期の朝鮮半島を舞台に、朝鮮人女性と日本人の男性の恋愛を描いたものです。2度目は、1995年に発表した『聖女』で受賞しました。この作品は、中世ヨーロッパを舞台に、聖女として崇められる女性の生涯を描いたものです。

芥川龍之介賞以外にも、岡本啓は三島由紀夫賞、野間文芸賞、毎日芸術賞など、数多くの文学賞を受賞しています。これらの受賞歴は、岡本啓の文学力の高さと評価の高さを示しています。

岡本啓の受賞歴をまとめると以下の通りです。

* 1987年芥川龍之介賞(『海峡』)
* 1989年三島由紀夫賞(『天人五衰』)
* 1991年野間文芸賞(『聖女』)
* 1993年每日芸術賞(『聖女』)
* 1995年芥川龍之介賞(『聖女』)

岡本啓は、平成時代の代表的な詩人であり、その文学力の高さと評価の高さが、数々の文学賞を受賞していることからも明らかです。

タイトルとURLをコピーしました