新井満-生い立ち, 経歴, 作品, 受賞歴

新井満-生い立ち, 経歴, 作品, 受賞歴

1. 新井満の生い立ちと経歴

1. 新井満の生い立ちと経歴

1. 新井満の生い立ちと経歴

新井満は、1948年10月15日、東京都墨田区に生まれた。貧しい家庭に生まれ、幼少期から苦労を強いられながらも、勉強に励んで慶應義塾大学法学部を卒業する。

慶應義塾大学卒業後、新井満は民放キー局の制作会社に入社する。しかし、新井満は次第にテレビの仕事の限界を感じるようになり、33歳の時に退職を決意する。

退職後、新井満はフリーライターとして活動を始める。当初は、芸能記事やゴシップ記事などの仕事が中心だったが、1980年代半ば頃にノンフィクションの執筆を始めてから、その才能が開花した。

新井満は、ノンフィクションライターとして数々のヒット作を生み出し、社会に大きな影響を与えた。その代表作には、「無宿人別帳」「生きるとは何なのか」「人間臨終図巻」などがある。

新井満は、ノンフィクションライターとしての活躍だけでなく、講演活動やカウンセリング活動など、幅広い分野で活躍している。また、社会の第一線で活躍する人々との交友関係も広く、その人脈は政財界にまで及んでいる。

新井満は、その優れた文才と社会に対する鋭い洞察力によって、多くの人々から尊敬される存在となっている。

2. 新井満の小説作品とエッセイ

2. 新井満の小説作品とエッセイ

– 2. 新井満の小説作品とエッセイ

新井満は、小説家、エッセイストとして幅広く活躍しています。彼の作品は、その巧みなストーリー展開と文学的な表現で高く評価されており、多くの読者から支持されています。

新井満の小説作品は、社会派ミステリ、サスペンス、ヒューマンストーリーなど、さまざまなジャンルにわたっています。社会派ミステリの代表作としては、「聖女の救済」「嗤う分身」などがあげられます。サスペンスの代表作としては、「凶身」「殺意の果て」などがあげられます。ヒューマンストーリーの代表作としては、「生きがい」「家族」などがあげられます。

新井満のエッセイは、社会問題や人生哲学など、幅広いテーマを扱っています。エッセイの代表作としては、「夢へのターン」「生きがいをください」「家族の幸福」などがあげられます。

新井満の作品は、その巧みなストーリー展開と文学的な表現で高く評価されており、多くの読者から支持されています。彼の作品は、読者に深い感銘を与え、人生の糧となるような作品ばかりです。

タイトルとURLをコピーしました