頴田島一二郎:大正・昭和時代の歌人

頴田島一二郎:大正・昭和時代の歌人

プロフィール

プロフィール

頴田島一二郎(1888-1974)は、大正・昭和時代の歌人です。彼は、1888年に鹿児島県に生まれました。鹿児島県立第一中学校(現在の鹿児島県立鶴丸高等学校)を卒業後、早稲田大学に入学しました。早稲田大学では、島村抱月や正岡子規に師事し、和歌の創作に励みました。

1912年に早稲田大学を卒業後、頴田島一二郎は、東京朝日新聞社に入社しました。東京朝日新聞社では、記者として活躍し、1923年には、関東大震災の報道で功績を上げました。

1924年に、頴田島一二郎は、東京朝日新聞社を退社し、歌人として独立しました。1925年に、第一歌集『白き山』を出版し、歌壇にデビューしました。その後、歌集『日の出』『海鳴り』『山河』などを出版し、歌人としての地位を確立しました。

1940年に、頴田島一二郎は、日本歌人クラブの会長に就任しました。日本歌人クラブの会長としては、和歌の普及に努め、多くの歌人を育成しました。

1974年に、頴田島一二郎は、85歳で亡くなりました。彼の死は、歌壇に大きな衝撃を与えました。頴田島一二郎は、大正・昭和時代の歌壇を代表する歌人であり、彼の作品は、今もなお多くの人に愛されています。

頴田島一二郎の和歌は、自然を題材としたものが多く、その澄んだ描写と深い情感が特徴です。また、彼は、社会問題を題材とした和歌も数多く詠んでいます。彼の和歌は、大正・昭和時代の日本の姿を伝える貴重な資料となっています。

代表的な歌

代表的な歌

頴田島一二郎の代表的な歌

頴田島一二郎は、大正・昭和時代の歌人である。北海道札幌市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、商社に勤務する。1919年、「アララギ」に入会し、馬場あき子に師事する。1922年、「山彦集」を刊行し、歌壇にデビューする。1926年、処女歌集『山彦集』を刊行。1931年、第二歌集『空穂集』を刊行。1937年、第三歌集『沖つ風』を刊行。1941年、第四歌集『草枕』を刊行。1946年、第五歌集『旅人』を刊行。1951年、第六歌集『花寂び』を刊行。1956年、第七歌集『冬孤』を刊行。1961年、第八歌集『孤煙』を刊行。1966年、第九歌集『夕照』を刊行。1971年、第十歌集『潮騒』を刊行。

頴田島一二郎の歌は、自然を愛し、人生を謳歌する歌が多い。また、旅の歌も多く、各地の風景や人々を詠んでいる。

頴田島一二郎の代表的な歌には、以下のものがある。

* 「山彦のこだまにつきてゆくみちのなかにうすれゆくわれ」
* 「木がくれの谷間にひびく鐘の音はこころにきよくうつろふ光」
* 「一人ゆくみちのほとりにしずもれる夕日を残し夜がきたるなり」
* 「旅の夜のひとりの宿にひびくなり風の音さえなくねぬ夜の月」
* 「海原のこころに満つる潮汐のあはれとともにわれは生きゆく」

頴田島一二郎の歌は、その素直な言葉と温かみのある表現で人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました