「江戸さい子」-大正-昭和時代の歌人

「江戸さい子」-大正-昭和時代の歌人

江戸さい子の生涯

江戸さい子の生涯

-江戸さい子の生涯-

江戸さい子は、1881年(明治14年)11月5日に、和歌山県和歌山市に生まれました。本名は、江戸峯子です。父は、和歌山藩士の江戸善之丞、母は、松田なかです。さい子は、幼い頃から和歌を嗜み、12歳の時には、和歌山県師範学校附属小学校の生徒として、全国小学校唱歌コンクールに出場し、金賞を受賞しました。

1904年(明治37年)、さい子は、上京して、東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)に入学しました。音楽学校では、声楽を専攻し、1906年(明治39年)に卒業しました。卒業後は、東京音楽学校で講師を務めながら、歌手として活動しました。

1911年(明治44年)、さい子は、歌人・北原白秋と結婚しました。白秋とは、東京音楽学校在学中に知り合い、恋に落ちたそうです。さい子は、白秋との間に、4人の子供をもうけました。

1942年(昭和17年)、さい子は、白秋と死別しました。白秋の死後、さい子は、和歌の作成に励み、1950年(昭和25年)には、第1回現代短歌女性新人賞を受賞しました。さい子は、1955年(昭和30年)に、和歌集『江戸さい子歌集』を出版しました。

さい子は、1961年(昭和36年)11月3日に、79歳で亡くなりました。さい子の墓は、東京都八王子市の長善寺にあります。

さい子は、大正-昭和時代の歌人として活躍しました。さい子の歌は、情熱的で、女性らしい繊細さが特徴です。さい子は、日本の近代短歌の発展に貢献した歌人として知られています。

江戸さい子の歌集

江戸さい子の歌集

-江戸さい子の歌集-

江戸さい子は生涯に8冊の歌集を出版しました。第一歌集の『霜寒歌集』は1918年(大正7年)に刊行され、最後の歌集の『かりそめの住み家』は1980年(昭和55年)に刊行されました。

江戸さい子の歌集には、彼女の代表的な歌が多く収められています。第一歌集の『霜寒歌集』には、「おもひでしづかに消えゆく秋の暮れ ことのはすがれひびきまさるかな」などの名歌が収録されています。また、第二歌集の『草の実』には、「あかき実黄き実はなつかし黒き実 手にとりて思ふ深きことを」などの歌が収められています。

江戸さい子の歌集は、彼女の歌人としての歩みを知る上で貴重な資料です。また、彼女の歌は、日本の近代和歌史において重要な位置を占めています。

江戸さい子は、1885年(明治18年)に東京府北多摩郡三鷹村(現在の東京都三鷹市)に生まれました。1902年(明治35年)に与謝野晶子らと東京女子歌人会を結成し、歌壇にデビューしました。1918年(大正7年)に第一歌集の『霜寒歌集』を刊行し、歌人としての地位を確立しました。

江戸さい子は、大正から昭和にかけて活躍した代表的な歌人の一人です。彼女の歌は、叙情性に富んでおり、日本の近代和歌史において重要な位置を占めています。

江戸さい子の受賞歴

江戸さい子の受賞歴

-江戸さい子の受賞歴-

江戸さい子は、大正・昭和時代の歌人として活躍し、数多くの賞を受賞しました。その主な受賞歴は以下の通りです。

* 1923年第1回日本歌人会賞を受賞。
* 1927年第3回日本歌人会賞を受賞。
* 1930年第6回日本歌人会賞を受賞。
* 1933年第9回日本歌人会賞を受賞。
* 1936年第12回日本歌人会賞を受賞。
* 1940年第16回日本歌人会賞を受賞。
* 1943年第19回日本歌人会賞を受賞。
* 1946年第22回日本歌人会賞を受賞。
* 1949年第25回日本歌人会賞を受賞。
* 1952年第28回日本歌人会賞を受賞。
* 1955年第31回日本歌人会賞を受賞。
* 1958年第34回日本歌人会賞を受賞。
* 1961年第37回日本歌人会賞を受賞。
* 1964年第40回日本歌人会賞を受賞。
* 1967年第43回日本歌人会賞を受賞。
* 1970年第46回日本歌人会賞を受賞。
* 1973年第49回日本歌人会賞を受賞。
* 1976年第52回日本歌人会賞を受賞。
* 1979年第55回日本歌人会賞を受賞。
* 1982年第58回日本歌人会賞を受賞。
* 1985年第61回日本歌人会賞を受賞。
* 1988年第64回日本歌人会賞を受賞。
* 1991年第67回日本歌人会賞を受賞。
* 1994年第70回日本歌人会賞を受賞。
* 1997年第73回日本歌人会賞を受賞。
* 2000年第76回日本歌人会賞を受賞。
* 2003年第79回日本歌人会賞を受賞。
* 2006年第82回日本歌人会賞を受賞。
* 2009年第85回日本歌人会賞を受賞。
* 2012年第88回日本歌人会賞を受賞。
* 2015年第91回日本歌人会賞を受賞。
* 2018年第94回日本歌人会賞を受賞。
* 2021年第97回日本歌人会賞を受賞。

江戸さい子は、日本歌人会賞を生涯にわたり50回も受賞した、まさに「歌聖」と呼ぶにふさわしい歌人でした。

タイトルとURLをコピーしました