岡野知十 – 明治・昭和時代前期の俳人

岡野知十 – 明治・昭和時代前期の俳人

大阪毎日新聞での活躍

大阪毎日新聞での活躍

大阪毎日新聞での活躍

岡野知十は、1919年(大正8年)に大阪毎日新聞に入社し、記者として活躍しました。当初は、社会部や経済部に所属し、社会問題や経済問題に関する記事を執筆しました。しかし、やがて俳句への関心を深め、1923年(大正12年)に俳句欄「俳句知識」を担当するようになりました。

「俳句知識」は、読者から寄せられた俳句を掲載するコーナーで、知十は、毎週、その中から優れた作品を選び、批評を加えました。また、俳句に関する随想やエッセイも執筆し、俳句の普及と発展に努めました。

知十の俳句に対する情熱と、鋭い批評眼は、多くの俳人に影響を与え、大阪毎日新聞の俳句欄は、全国の俳人にとって憧れの的となりました。また、知十は、俳句結社「ホトトギス」の同人としても活躍し、ホトトギスの発展にも貢献しました。

1936年(昭和11年)に、知十は、大阪毎日新聞の俳句欄を退き、編集局長に就任しました。しかし、俳句への情熱は衰えず、その後も、俳句に関する著作を執筆し続け、俳句の普及と発展に努めました。

知十の俳句に対する功績は大きく、1971年(昭和46年)には、勲四等旭日小綬章を受章しました。また、1972年(昭和47年)には、毎日俳壇賞を受賞しました。知十は、1979年(昭和54年)に、81歳で逝去しましたが、その功績は、今もなお、俳句界で語り継がれています。

秋声会への参加と脱会

秋声会への参加と脱会

-秋声会への参加と脱会-

岡野知十は、1914年に秋声会に参加しました。秋声会は、正岡子規の弟子である高浜虚子が1908年に創立した俳句結社です。秋声会は、写生を重視する写生俳句を掲げており、知十は虚子の写生俳句に共感して入会しました。

秋声会では、知十は虚子から指導を受け、俳句の腕を磨いていきました。また、知十は秋声会の機関誌である「ホトトギス」に俳句を投稿し、次第に俳壇で注目されるようになりました。

しかし、知十は秋声会の写生俳句に次第に疑問を抱くようになりました。知十は、写生俳句はあまりにも写実的で、俳句の芸術性を損なっていると考えるようになりました。そして、知十は1920年に秋声会を脱会しました。

秋声会を脱会した知十は、新しい俳句結社である「ホトトギス派」を結成しました。ホトトギス派は、写生俳句に代わる新しい俳句を模索する結社であり、知十はホトトギス派の主宰者として活躍しました。

知十は、ホトトギス派で独自の俳句を模索し、やがて「知十俳句」と呼ばれる独自の俳句を確立しました。知十俳句は、写生俳句よりも主観的な要素を重視しており、知十の豊かな感性が反映されています。

知十俳句は、俳壇で大きな反響を呼び、知十は昭和を代表する俳人として活躍しました。知十は、1945年に逝去しましたが、彼の俳句は現在も高く評価されており、多くの人々に愛されています。

半面の創刊と新々派の提唱

半面の創刊と新々派の提唱

– 岡野知十 – 明治・昭和時代前期の俳人

-# 半面の創刊と新々派の提唱

岡野知十は、明治・昭和時代前期の俳人です。1885年(明治18年)7月23日に山形県西村山郡の八沼村(現・河北町)に生まれ、1948年(昭和23年)8月31日に東京で亡くなりました。本名は岡野久治郎。

知十は、1907年(明治40年)に雑誌「半面」を創刊し、1911年(明治44年)には「新々派」を提唱しました。新々派は、従来の俳句の美意識を否定し、新しい俳句の表現を追求する運動でした。新々派の俳人は、写生を重視し、季語を自由に使いました。また、散文的な表現や口語体の使用を積極的に取り入れました。

知十の新々派は、当初は多くの俳人から反発を受けましたが、やがて俳句界に大きな影響を与えるようになりました。知十は、1921年(大正10年)に『新々派俳句読本』を出版し、新々派の理論を体系化しました。この本は、多くの俳人に読まれ、新々派の普及に貢献しました。

知十は、新々派の提唱以外にも、多くの功績を残しています。1913年(大正2年)には、俳誌「ホトトギス」の同人となり、1924年(大正13年)には、日本俳句協会を設立しました。また、1936年(昭和11年)には、俳句の評価基準となる「俳句の価値尺度」を発表しました。

知十は、俳句界に大きな功績を残した偉大な俳人です。彼の新々派は、俳句の表現を革新し、現代俳句の基礎を築きました。

タイトルとURLをコピーしました