槐本人麻呂の短くも謎めいた生涯

槐本人麻呂の短くも謎めいた生涯

槐本という氏

槐本という氏

槐本という氏

槐本麻呂が属していた槐本氏は、平安京の西郊、現在の京都市右京区西京極にあたる地に本拠を置いた氏族である。槐本氏の祖先は、桓武天皇の孫である仲野親王であるとされている。仲野親王は、810年(弘仁元年)に皇太子であった嵯峨天皇の猶子となり、818年(弘仁9年)に右大臣に任命された。821年(弘仁12年)には、太政大臣に昇進し、823年(弘仁14年)には、左大臣に転任した。仲野親王は、826年(天長3年)に薨去したが、その子孫は、槐本氏を名乗り、公卿や武家として活躍した。

槐本氏は、平安時代中期頃には、摂関家である藤原氏と姻戚関係を結び、貴族社会で重要な地位を占めるようになった。槐本忠明は、藤原道長の娘である藤原延子を妻とし、藤原頼通の外孫にあたる。槐本忠明は、右大臣に任命され、藤原頼通の摂政・関白を支えた。槐本忠明の子である槐本盛明も、右大臣に任命され、白河天皇の治世に活躍した。槐本盛明の子である槐本有仁は、中納言に任命され、堀河天皇の治世に活躍した。

槐本氏は、平安時代後期になると、武家として台頭してきた。槐本宗忠は、源頼朝から従五位下侍従に任じられ、源頼朝の重臣として活躍した。槐本宗忠の子である槐本有経は、源頼朝の死後、北条氏と対立して滅亡した。槐本氏は、平安時代末期に滅亡したが、その子孫は、各地に分散して生き延びた。槐本麻呂も、槐本氏の末裔である可能性が高い。

名不詳の万葉集の歌人

名不詳の万葉集の歌人

名不詳の万葉集の歌人

槐本人麻呂は、万葉集にわずか1首の歌を残した謎めいた歌人である。その歌は、

「家にいる時は竹取の翁
出かければ机は胡の国
大化の改新より大和の国は
天から降りた神々の子孫の国
大国主の御代より大和の国は
底知れぬ深みを持つ国よ」

という内容である。

この歌は、万葉集の中で最も古い部類に入る歌であり、そのことから槐本人麻呂は、万葉集の成立に関わった歌人であると考えられている。しかし、槐本人麻呂という人物については、その名前以外はほとんど何も知られていない。

槐本人麻呂の「槐」という姓は、万葉集に数多く登場する姓であり、そのことから槐本人麻呂は、大和国(現在の奈良県)の出身である可能性が高いと言われている。また、「本人麻呂」という名は、万葉集中にはこの名を持つ歌人が他にいないことから、本名ではなく、万葉集の編者が槐本人麻呂の歌を万葉集に収録した際に彼の名前に冠した可能性がある。

槐本人麻呂の歌は、万葉集の中で最も謎めいた歌の一つである。この歌がどのような意味を込めているのかについては、さまざまな説がある。

ある説では、この歌は、槐本人麻呂が日本国の成り立ちを歌ったものであると考える。この説では、歌の冒頭にある「竹取の翁」は、日本の初代天皇である神武天皇を表し、「机は胡の国」は、日本の国土を表すと考える。そして、歌の後半部分では、日本の国の成り立ちを歌っていると考えられる。

また、別の説では、この歌は、槐本人麻呂が自分の国のことを歌ったものであると考える。この説では、歌の冒頭にある「竹取の翁」は、槐本人麻呂の祖先を表し、「机は胡の国」は、槐本人麻呂が住んでいた国を表すと考える。そして、歌の後半部分では、槐本人麻呂が自分の国のことを歌っていると考えられる。

槐本人麻呂のわずか1首の歌に込められた意味は、いまだに謎に包まれている。しかし、その歌が万葉集の中で最も古い部類に入る歌であり、そのことから槐本人麻呂は、万葉集の成立に関わった歌人であることは間違いないであろう。

柿本人麻呂との通説

柿本人麻呂との通説

柿本人麻呂との通説

槐本人麻呂と柿本人麻呂は、同じ時代に活躍した歌人であり、同じ「麻呂」という名前を持っていることから、同一人物であるという説が古くからある。しかし、この説には多くの異論があり、現在では別人と考えるのが通説となっている。

柿本人麻呂は、奈良時代の歌人で、万葉集に約450首の歌を残している。彼は、天平勝宝4年(752年)に亡くなったとされている。一方、槐本人麻呂は、平安時代の歌人で、万葉集に約100首の歌を残している。彼は、延暦7年(788年)に亡くなったとされている。

両者の死没時期に36年の隔たりがあり、同じ「麻呂」という名前を持った別の歌人である可能性が高い。しかし、両者の歌に共通点が多く、同一人物である可能性を完全に否定することはできない。

柿本人麻呂と槐本人麻呂の同一説を否定する根拠の一つは、両者の歌の作風に違いがあることである。柿本人麻呂の歌は、雄壮で力強く、自然の美しさを描いたものが多い。一方、槐本人麻呂の歌は、繊細で抒情的で、人間の心情を詠んだものが多い。

また、柿本人麻呂は、官僚として活躍し、高位に上ったという記録が残っている。一方、槐本人麻呂については、その経歴についてはほとんど何もわかっていない。

これらのことから、柿本人麻呂と槐本人麻呂は別人と考えるのが通説となっている。しかし、両者の歌に共通点があることから、同一人物である可能性を完全に否定することはできない。

タイトルとURLをコピーしました