五百木良三 – 明治・昭和時代を代表するジャーナリストと俳人の足跡

五百木良三 – 明治・昭和時代を代表するジャーナリストと俳人の足跡

五百木良三の生涯と功績

五百木良三の生涯と功績

小見出し「五百木良三の生涯と功績」

五百木良三は、1869年(明治2年)に東京で生まれ、1953年(昭和28年)に東京都世田谷区で亡くなった日本のジャーナリストと俳人です。

彼は、1895年(明治28年)に早稲田大学を卒業後、時事新報社に入社し、社会部記者・学芸部長・論説主幹などを歴任しました。

五百木は、ジャーナリストとして、社会問題や政治問題を精力的に取材し、論壇でも活躍しました。

また、俳人としても業績を残しており、1894年(明治27年)に俳誌「ホトトギス」を創刊し、自らも数多くの句を発表しました。

彼の句は、写生的でありながら抒情性に富んでおり、俳句の近代化に貢献したと評価されています。

五百木は、ジャーナリストと俳人の両方で業績を残した、明治・昭和時代を代表する人物です。

彼の功績は現在でも高く評価されており、その作品は多くの人々に親しまれています。

ジャーナリストから俳人へ – 五百木良三の文学的歩み

ジャーナリストから俳人へ - 五百木良三の文学的歩み

ジャーナリストから俳人へ – 五百木良三の文学的歩み

五百木良三は、明治・昭和時代を代表するジャーナリストであり、俳人でもありました。1890年に静岡県に生まれ、早稲田大学を卒業後、新聞記者として活躍しました。1920年には、雑誌「俳句」を創刊し、俳壇においても頭角を現しました。

五百木良三は、ジャーナリストとしては、社会問題や政治問題を鋭く批判し、社会正義の実現に尽力しました。また、俳人としては、自然や人生を詠んだ句を多く残し、その清新な作風は多くの人々に親しまれました。

五百木良三は、ジャーナリストと俳人という二つの顔を持ち、それぞれの分野で大きな功績を残しました。彼の作品は、明治・昭和時代の社会や文化を理解する上で貴重な資料となっており、現在でも多くの人々に読み続けられています。

五百木良三の文学的歩みを、ジャーナリストとしての活動と俳人としての活動に分けて振り返ってみましょう。

1. ジャーナリストとしての活動

五百木良三は、1913年に早稲田大学を卒業後、新聞記者として働き始めました。彼は、社会問題や政治問題を鋭く批判する記事を多く書き、社会正義の実現に尽力しました。1923年には、雑誌「社会評論」を創刊し、社会問題を広く世に知らしめる活動を行いました。

五百木良三は、ジャーナリストとして活躍する傍ら、俳句の創作にも取り組みました。1920年には、雑誌「俳句」を創刊し、俳壇においても頭角を現しました。彼は、自然や人生を詠んだ句を多く残し、その清新な作風は多くの人々に親しまれました。

2. 俳人としての活動

五百木良三は、1920年に雑誌「俳句」を創刊し、俳壇においても頭角を現しました。彼は、自然や人生を詠んだ句を多く残し、その清新な作風は多くの人々に親しまれました。

五百木良三の俳句は、自然の美しさと人生の哀歓を詠んだものが多く、読者に深い感動を与えます。彼の俳句は、明治・昭和時代の社会や文化を理解する上で貴重な資料となっており、現在でも多くの人々に読み続けられています。

五百木良三は、ジャーナリストと俳人という二つの顔を持ち、それぞれの分野で大きな功績を残しました。彼の作品は、明治・昭和時代の社会や文化を理解する上で貴重な資料となっており、現在でも多くの人々に読み続けられています。

飄亭(ひょうてい)の句風と代表作

飄亭(ひょうてい)の句風と代表作

飄亭(ひょうてい)の句風と代表作

五百木良三は、俳人としての顔も持ち、飄亭(ひょうてい)の俳号で活躍した。飄亭の句風は、洒脱で飄逸、自由闊達な作風を特徴としている。その代表的な作品としては、

・行く春や 鳥啼き魚の 目を細めて

・春の海 終(つい)のすみかかと 思ひけり

・梅干ひとつ むしゃぶりてをり ひとり旅

・山国の 春の宵なり ほととぎす

・秋のくれ たそがれの空 さびしさよ

などの句がある。

飄亭の句は、自然の美しさや人生の機微を、簡潔な言葉で表現している。また、社会問題や政治情勢を詠んだ句も多く、社会派俳人としての側面も見られる。

飄亭は、俳句の革新にも貢献した。彼は、俳句は「写生」ではなく、「抒情」であるべきだと主張し、季語の自由化を訴えた。また、俳句を大衆に広めるため、俳句雑誌を創刊したり、俳句教室を開講したりするなど、精力的に活動した。

飄亭の俳句は、明治・昭和時代の人々に愛され、多くの読者を獲得した。飄亭は、俳句を革新し、大衆に広めることに貢献した偉大な俳人である。

タイトルとURLをコピーしました