草野天平→ 生涯と作風

草野天平→ 生涯と作風

明治43年2月28日生まれ。草野心平の弟。

明治43年2月28日生まれ。草野心平の弟。

草野天平(くさのてんぺい)は、1910年(明治43年)2月28日、東京府東京市(現東京都)に生まれた詩人、童話作家です。詩人・童話作家の草野心平の弟でもあります。

天平は、早稲田大学文学部英文科を卒業後、詩誌「歴程」の同人として活躍しました。1937年(昭和12年)には、処女詩集『花回復』を発表し、詩人としてデビューしました。

天平の詩は、日常の風景や出来事を題材としたものが多く、親しみやすく、庶民的な作風です。また、童話作家としても活躍し、多くの童話を発表しています。

天平の作品は、多くの読者に親しまれ、高く評価されています。1964年(昭和39年)には、詩集『草野天平詩集』で、読売文学賞を受賞しています。

天平は、1997年(平成9年)11月1日に、東京都で亡くなりました。享年87歳でした。

32歳ごろから詩作にはいる。高村光太郎に傾倒。

32歳ごろから詩作にはいる。高村光太郎に傾倒。

-32歳ごろから詩作にはいる。高村光太郎に傾倒。-

草野天平は、1920年に32歳のときに詩作をはじめました。当時は、高村光太郎の詩に傾倒しており、その影響を受けて詩作を行いました。高村光太郎は、明治・大正・昭和期に活躍した詩人で、日本の近代詩の草分け的存在です。彼の詩は、力強くダイナミックな作風で知られ、多くの詩人に影響を与えました。草野天平も、高村光太郎の詩に感銘を受け、その作風に影響されました。

草野天平の詩は、高村光太郎の詩と同じく、力強くダイナミックな作風です。また、彼は、自然を愛し、自然を題材にした詩を多く書きました。彼の詩は、読者に自然の美しさや雄大さを伝え、感動を与えます。

草野天平は、高村光太郎の詩に傾倒し、その影響を受けて詩作を行いました。しかし、彼は、高村光太郎の詩を模倣するのではなく、独自の世界観を表現しました。彼の詩は、力強くダイナミックな作風と、自然への愛が特徴です。彼の詩は、読者に自然の美しさや雄大さを伝え、感動を与えます。

昭和25年から比叡山の僧庵にすみ,27年4月25日死去。42歳。

昭和25年から比叡山の僧庵にすみ,27年4月25日死去。42歳。

-草野天平-

-昭和25年から比叡山の僧庵にすみ,27年4月25日死去。42歳。-

草野天平は、1913年(大正2年)2月13日、東京都に生まれた俳人です。本名は、草野康弘。

彼は、1932年(昭和7年)に東京帝国大学法学部を卒業後、海軍に入隊します。戦後は、商社に勤務しながら俳句を学び始め、1946年(昭和21年)に第一句集『天平』を刊行します。

その後、彼は、1950年(昭和25年)に比叡山の僧庵にすみ始め、俳句に専念します。1952年(昭和27年)に句集『比叡』を刊行するなど、精力的に活動しますが、1954年(昭和29年)4月25日に42歳の若さで死去します。

草野天平の俳句は、比叡山の自然や仏教を題材としたものが多く、澄み切った清々しさを感じさせるものが多いのが特徴です。

また、彼は、俳句の革新を主張し、伝統的な俳句の形式にとらわれない自由な俳句を提唱しました。

草野天平は、短命でしたが、その斬新な俳句は高く評価されており、今もなお多くの俳人たちに影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました