五十崎古郷・輝く俳句の世界とその教え

五十崎古郷・輝く俳句の世界とその教え

五十崎古郷とはどのような人だったのか

五十崎古郷とはどのような人だったのか

-五十崎古郷とはどのような人だったのか-

五十崎古郷(いそざきこきょう、1895年 – 1974年)は、日本の俳人、詩人、作家。俳号は古郷。本名は五十崎嘉蔵。

1895年、富山県氷見郡八代村(現・氷見市)に生まれる。旧制高岡中学校(現・富山県立高岡高等学校)を卒業後、早稲田大学文学部英文科に進学。在学中に「早稲田文学」に短歌と俳句を発表し、注目を集める。

1922年、大学を卒業後、上京。翌年、処女句集『さくらの花』を刊行。この句集は、叙情的な作風で高い評価を得る。以後、句集『街の星座』『白鳥の午後』『緑の季節』などを発表し、俳壇の第一線で活躍する。

1935年、日本詩人協会を設立。1937年、俳誌「ホトトギス」の主宰者となり、俳壇に君臨する。1960年、日本芸術院会員に選出される。1974年、死去。

古郷は、叙情的な作風で知られる。その句は、自然や人生を詠んだものが多く、情景や心情を巧みに表現している。また、古郷は俳句の理論家としても知られており、多くの俳論を発表している。

古郷は、俳句を「人生の記録」であると主張した。そして、俳句は「人の一生を詠むべきものである」と説いた。古郷の俳句は、この主張を体現しており、人生の様々な場面を詠んでいる。

古郷は、俳句の普及にも努めた。1928年、俳人協会を設立。1935年、日本詩人協会を設立。1937年、俳誌「ホトトギス」の主宰者となる。これらの活動を通じて、古郷は俳句の普及に大きく貢献した。

古郷は、叙情的な作風で知られる俳人である。その句は、自然や人生を詠んだものが多く、情景や心情を巧みに表現している。また、古郷は俳句の理論家としても知られており、多くの俳論を発表している。古郷は、俳句を「人生の記録」であると主張した。そして、俳句は「人の一生を詠むべきものである」と説いた。古郷の俳句は、この主張を体現しており、人生の様々な場面を詠んでいる。古郷は、俳句の普及にも努めた。1928年、俳人協会を設立。1935年、日本詩人協会を設立。1937年、俳誌「ホトトギス」の主宰者となる。これらの活動を通じて、古郷は俳句の普及に大きく貢献した。

五十崎古郷と水原秋桜子との師弟関係

五十崎古郷と水原秋桜子との師弟関係

-五十崎古郷と水原秋桜子との師弟関係-

五十崎古郷は、1897年(明治30年)に愛媛県松山市に生まれた俳人です。本名は五十崎源太郎です。

古郷は、1916年(大正5年)に俳句誌「ホトトギス」に投句を始め、1920年(大正9年)には、水原秋桜子に師事しました。

秋桜子は、古郷の才能を高く評価し、古郷は秋桜子の指導を受けて、俳句の腕を磨いていきました。

古郷は、1925年(大正14年)に「ホトトギス」の同人となり、1932年(昭和7年)には、「ホトトギス」の編集長に就任しました。

古郷は、秋桜子の跡を継いで「ホトトギス」を牽引し、日本を代表する俳人として活躍しました。

古郷は、1972年(昭和47年)に文化勲章を受章し、1979年(昭和54年)に永眠しました。

古郷と秋桜子の師弟関係は、日本俳句史において重要な意味を持っています。

古郷は、秋桜子の指導を受けて、俳句の腕を磨いていき、秋桜子は、古郷を日本を代表する俳人へと育て上げました。

古郷と秋桜子の師弟関係は、俳句の世界における師弟関係の模範であり、今日でも多くの俳人に影響を与えています。

五十崎古郷と石田波郷との師弟関係

五十崎古郷と石田波郷との師弟関係

五十崎古郷と石田波郷との師弟関係

五十崎古郷は、1915年(大正4年)に福島県いわき市に生まれ、1974年(昭和49年)に59歳で亡くなった俳人です。石田波郷は、1901年(明治34年)に福島県相馬市に生まれ、1978年(昭和53年)に77歳で亡くなった俳人です。

古郷は1936年(昭和11年)に上京し、水上不二(みなかみふじ)に俳句を学び始めました。1940年(昭和15年)に波郷に師事し、1943年(昭和18年)に波郷の「貨物列車」に参加しました。その後も古郷は波郷に師事し、1954年(昭和29年)に波郷の「俳句評論」に参加しました。

波郷は古郷に俳句の教えを説くと共に、生活の糧を得るために古郷を出版社に就職させました。古郷は出版社に勤務しながら俳句の創作を続け、1958年(昭和33年)に第一句集『五十崎古郷句集』を刊行しました。

古郷は波郷の薫陶を受け、写生を大切にする俳句を創作しました。また、古郷は俳句の評論にも力を入れ、1965年(昭和40年)に『現代俳句』を創刊しました。

古郷は波郷を師と仰ぎ、波郷の教えを忠実に守って俳句の創作に励みました。古郷は波郷の死後も波郷の教えを継承し、俳句の普及に努めました。

古郷は波郷の師弟関係を大切にし、波郷の死後も波郷の教えを忠実に守り、俳句の創作に励みました。古郷は波郷の死後も波郷の教えを継承し、俳句の普及に努めました。

タイトルとURLをコピーしました