– 草村素子(1919-1974)

– 草村素子(1919-1974)

草村素子の生い立ちと経歴

草村素子の生い立ちと経歴

-草村素子の生い立ちと経歴-

草村素子は、1919年に福岡県に生まれました。幼少期は九州で過ごし、10歳の時に東京に移り住みました。

東京では、東京府立第五高等女学校(現在の東京都立第五福竜高等学校)に進学。在学中は、演劇部に所属し、女優としての才能を発揮しました。

1938年、松竹歌劇団に入団。芸名は「草村秀子」としました。歌劇団では数多くの舞台に立ち、人気スターとして活躍しました。

1943年、映画「君の名は」に主演。この映画で、草村は国民的女優としての地位を確立しました。

1945年の終戦後、草村は松竹歌劇団を退団。女優業を続けながら、ラジオやテレビに出演するようになりました。

1951年、新劇団「草村素子劇団」を結成。劇団のリーダーとして数多くの舞台を上演しました。

1960年代以降、草村は映画やテレビへの出演を減らし、舞台を中心とした活動に専念しました。

1974年、草村は癌のため55歳で死去しました。

草村素子は、日本の演劇界を代表する女優の一人であり、その演技力と舞台での存在感は多くの俳優や観客を魅了しました。

草村素子の俳句活動

草村素子の俳句活動

-草村素子の俳句活動-

草村素子は、1919年に北海道札幌市に生まれた俳人です。1941年に加藤楸邨を主宰とする俳句誌「寒雷」に入会し、1946年に同誌の同人となります。1951年に第一句集『雪河』を上梓し、1956年には女性俳句人として初となる句集『草木土』で第15回俳人協会賞を受賞しました。1962年には、句集『鷹』で第1回現代俳句協会賞を受賞し、1972年には句集『遊行』で第6回蛇笏賞を受賞しました。

草村素子の俳句は、写生を重視した客観的な作風で知られています。彼女は、句材を日常生活の中から見出し、ありのままに描写することで、俳句に生命感を与えました。また、草村素子の俳句には、自然に対する深い愛情が込められています。彼女は、四季折々の自然を慈しみ、その美しさを俳句に詠み込みました。

草村素子は、1974年に54歳の若さで亡くなりました。しかし、彼女の俳句は現在でも多くの人々に読まれ続けています。彼女の俳句は、私たちに自然の美しさや日常の大切さを教えてくれる貴重な財産です。

草村素子の代表的な句をいくつか紹介します。

* 雪河に降り立たんとする幻の馬
* 木下闇の井戸の水涼し月冴えて
* 夜の果は海時雨の音に濡れにけり
* 夜桜や八重洲の駅は人しさし
* 千曲川われと別るるより奔湍となる

これらの句は、いずれも草村素子の写生を重視した客観的な作風が表れている名句です。草村素子は、俳句を通じて自然の美しさや日常の大切さを私たちに伝えてくれました。彼女の俳句は、これからも多くの人々に読み継がれていくことでしょう。

草村素子の句集

草村素子の句集

-草村素子の句集-

草村素子は、1919年(大正8年)に東京に生まれた俳人です。旧姓は須藤素子。1946年(昭和21年)に草村万太郎と結婚し、草村姓を名乗りました。1974年(昭和49年)に55歳で亡くなりました。

草村素子は、俳句を始めたのは30歳の時でした。1949年(昭和24年)に草村万太郎の句会「万太郎吟社」に入会し、俳句を本格的に学び始めました。1954年(昭和29年)に第一句集『草屋根』を出版し、俳人としてデビューしました。

草村素子の句風は、写生を重んじるものでした。自然や日常の生活をありのままに詠み、その中に俳味を見出しました。また、女性ならではの視点で、繊細な感情を詠むことも得意としました。

草村素子の句集には、以下のものがあります。

* 草屋根(1954年)
* 葛の花(1958年)
* 素子句集(1963年)
* 冬草(1969年)
* 素子句集(1974年)

草村素子は、その短い生涯に多くの句を残しました。その句は、今も多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました