五十嵐力

五十嵐力

はじめに

はじめに

はじめに

五十嵐力は、1966年2月23日に北海道札幌市で生まれた日本の元プロ野球選手である。ポジションは内野手。

北海道札幌西陵高等学校時代には、3年生の夏の選手権大会で全国制覇を達成。高校卒業後は法政大学に進学したが、2年時にはリーグ戦で首位打者を獲得する活躍を見せた。

1987年のドラフト会議で読売ジャイアンツから4位指名を受けて入団。1年目の1988年には、キャンプで原辰徳から「三冠王になれる」と言われ、同年8月4日のヤクルトスワローズ戦で一軍初出場を果たした。

1991年には、一軍に定着して打率.306、24本塁打、93打点の好成績を残し、ベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。1992年には、打率.308、25本塁打、91打点の成績を残し、2年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞した。

1993年には、打率.302、24本塁打、91打点の成績を残し、3年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。1994年には、打率.306、15本塁打、65打点の成績を残し、4年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞した。

1995年には、打率.300、20本塁打、78打点の成績を残し、5年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。1996年には、打率.291、15本塁打、74打点の成績を残した。

1997年には、打率.298、23本塁打、95打点の成績を残し、6年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。1998年には、打率.294、14本塁打、74打点の成績を残した。

1999年には、打率.298、18本塁打、77打点の成績を残し、7年連続でベストナインとダイヤモンドグラブ賞を受賞。2000年には、打率.293、15本塁打、62打点の成績を残した。

2001年には、打率.287、13本塁打、58打点の成績を残した。2002年には、打率.283、10本塁打、45打点の成績を残した。

2003年には、打率.274、9本塁打、38打点の成績を残した。2004年には、打率.279、12本塁打、50打点の成績を残した。

2005年には、打率.276、12本塁打、48打点の成績を残した。2006年には、打率.270、10本塁打、46打点の成績を残した。

2007年には、打率.265、9本塁打、39打点の成績を残した。2008年には、打率.261、7本塁打、31打点の成績を残した。

2009年には、打率.255、6本塁打、28打点の成績を残した。2010年には、打率.250、5本塁打、23打点の成績を残した。

2011年には、打率.245、4本塁打、19打点の成績を残した。2012年には、打率.239、3本塁打、21打点の成績を残した。

2013年には、打率.233、2本塁打、12打点の成績を残し、同年9月30日に現役引退を発表した。

五十嵐力は、18年間の現役生活で、通算2299安打、285本塁打、1271打点、打率.291という成績を残した。

生涯と功績

生涯と功績

五十嵐力
生涯と功績

五十嵐力は、1877年3月6日に熊本県八代郡鏡町(現在の八代市)に生まれた。1902年に東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業し、1906年に弁護士を開業した。1912年に衆議院議員に当選し、1924年に逓信大臣に任命された。1926年に若槻内閣で内務大臣を務めた。1932年に政友会総裁に就任し、1934年に首相に就任した。1936年に二・二六事件が発生し、辞任した。

五十嵐力は、首相在任中に満州事変を処理し、日中戦争の拡大を阻止した。また、社会保険制度の導入や労働基準法の制定にも尽力した。しかし、二・二六事件への対応が遅れ、辞任に追い込まれた。

辞任後は、枢密顧問官を務めた。1948年に死去した。

五十嵐力は、日本の近代史において重要な役割を果たした政治家である。首相在任中には、満州事変を処理し、日中戦争の拡大を阻止した。また、社会保険制度の導入や労働基準法の制定にも尽力した。しかし、二・二六事件への対応が遅れ、辞任に追い込まれた。辞任後は、枢密顧問官を務めた。1948年に死去した。

タイトルとURLをコピーしました