ー葛原妙子

ー葛原妙子

葛原妙子の生涯

葛原妙子の生涯

葛原妙子

葛原妙子の生涯

葛原妙子は、1896年(明治29年)12月14日に東京市麻布区三軒茶屋で生まれた。父は日本芸術院会員の洋画家、葛原しげる、母はこの画家の熱烈な崇拝者で、同じ「妙」の字を持つ「妙子」と名付けられた。

1910年(明治43年)に女子学院高等部を卒業後、洋画家を志し、1912年(大正元年)に太平洋美術会西洋画研究科に入学。翌年、フランスに留学し、アンリ・マティス、ジョルジュ・ブラック、パブロ・ピカソらの作品に触れる。

1917年(大正6年)に帰国し、翌年に第1回二科展に出品。1920年(大正9年)に二科会会員となり、1925年(大正14年)に二科会女性部を創設。1931年(昭和6年)には渡欧し、フランス、イギリス、ドイツ、イタリアなどの美術館や画廊を巡った。

第二次世界大戦後は、1949年(昭和24年)に二科会を離れ、翌年に日本美術会を創設。1951年(昭和26年)には日本美術展を開催し、1953年(昭和28年)には日本美術院を創設。同年、東京都美術館で「葛原妙子展」が開催され、大好評を博した。

1955年(昭和30年)に文化功労者に選出され、1960年(昭和35年)には日本芸術院会員に推挙された。1964年(昭和39年)に東京芸術大学名誉教授となり、1966年(昭和41年)に勲三等瑞宝章を受章。1972年(昭和47年)に死去した。

葛原妙子は、日本美術界における先駆的な存在であり、生涯にわたって創作活動を続けた。その作品は、日本の近代美術の発展に大きな影響を与えた。

葛原妙子の作風

葛原妙子の作風

葛原妙子の作風

葛原妙子は、日本のシテ方宝生流能楽師で、宝生流宗家。本名は葛原みよ。和歌山県出身。宝生九郎右衛門の子として生まれる。幼い頃から謡や仕舞を学び、1929年に宝生流シテ方として初舞台を踏む。その後、1940年に宝生流宗家となる。

葛原妙子の作風は、幽玄で清澄な美しさが特徴である。謡は柔らかく伸びやかで、仕舞は優雅で端正である。また、葛原妙子は能の古典を大切にしながらも、新しい演出や振り付けを取り入れるなど、常に革新的な姿勢を持ち続けていた。

葛原妙子の代表的な演目としては、「羽衣」「砧」「高砂」「隅田川」「松風」などがある。特に、「羽衣」は葛原妙子の十八番であり、その幽玄で清澄な美しさは絶品である。

葛原妙子は、戦後日本の能楽界を代表するシテ方宝生流能楽師として活躍した。その幽玄で清澄な美しさは、多くの能楽ファンを魅了した。葛原妙子は1999年に88歳で亡くなったが、その芸風は現在も多くの能楽師に受け継がれている。

葛原妙子の歌集

葛原妙子の歌集

– 小見出し 葛原妙子の歌集

葛原妙子は、大正から昭和にかけて活躍した日本の歌人です。

彼女は、生涯で多くの歌集を出版しましたが、その中でも特に代表的な歌集は、以下の3冊です。

1. -「をちこちうた」(昭和5年刊行)-
2. -「泣きぬれて」(昭和11年刊行)-
3. -「負け犬」(昭和20年刊行)-

これらの歌集は、いずれも葛原妙子の繊細な感性と鋭い観察力が光る作品が収録されており、日本の近代短歌史に大きな影響を与えました。

「をちこちうた」は、葛原妙子が26歳の時に出版した第一歌集です。この歌集には、葛原妙子が故郷の広島県呉市や東京での生活を詠んだ作品が収められています。作風は穏やかで叙情的なものが多く、葛原妙子の代表作「をちこちうた」もこの歌集に収録されています。

「泣きぬれて」は、葛原妙子が31歳の時に出版した第二歌集です。この歌集には、葛原妙子が夫との離婚や子供の死などの辛い経験を詠んだ作品が収められています。作風は激しく感情的なものが多く、葛原妙子の代表作「泣きぬれて」もこの歌集に収録されています。

「負け犬」は、葛原妙子が40歳の時に出版した第三歌集です。この歌集には、葛原妙子が戦争や敗戦後の混乱を詠んだ作品が収められています。作風は落ち着いて諦観的なものが多く、葛原妙子の代表作「負け犬」もこの歌集に収録されています。

葛原妙子の歌集は、彼女の生涯の足跡を辿る貴重な資料であり、日本の近代短歌史を理解する上でも重要な作品です。

タイトルとURLをコピーしました