生田春月:大正-昭和時代前期の詩人

生田春月:大正-昭和時代前期の詩人

生田春月の生涯と経歴

生田春月の生涯と経歴

– 生田春月の生涯と経歴

生田春月(いくたはるとき)は、1891年(明治24年)10月1日に東京都神田区に生まれた日本の詩人である。父は歌人の生田鯉水、母は歌人の生田花鳥である。春月は、幼少期から文学に親しみ、早稲田大学国文科を卒業後は、詩作に専念した。1916年(大正5年)に処女詩集『珊瑚集』を刊行し、詩壇にデビューした。春月の詩は、清澄で抒情的な作風が特徴であり、多くの読者から支持された。1923年(大正12年)には、詩集『甃の上』で第1回芥川賞を受賞した。1934年(昭和9年)には、詩集『白き山』で第1回読売文学賞を受賞した。春月は、1943年(昭和18年)に肺結核のため、42歳の若さで死去した。

春月は、大正から昭和にかけて活躍した詩人であり、その詩は、多くの読者から愛された。春月の詩は、清澄で抒情的な作風が特徴であり、日本の詩壇に大きな影響を与えた。春月は、1943年(昭和18年)に肺結核のため、42歳の若さで死去したが、その詩は、現在でも多くの人々に愛されている。

生田春月の詩作の特徴

生田春月の詩作の特徴

生田春月の詩作の特徴

生田春月の詩作は、以下の特徴がある。

1.リアリズム
生田春月の詩は、リアリズムを基調としている。日常の生活や風景をありのままに描き、その中に人生の真実を表現しようとした。

2.象徴主義
生田春月の詩は、象徴主義の影響も受けている。象徴主義とは、日常の事物の中に隠された象徴的な意味を表現しようとする詩の形式である。生田春月は、日常の事物の中に人生の真実を象徴的に表現した。

3.叙情性
生田春月の詩は、叙情性に富んでいる。叙情性とは、詩人の感情や心情を率直に表現することである。生田春月は、自分の感情や心情を率直に表現した。

4.音楽性
生田春月の詩は、音楽性に富んでいる。音楽性とは、詩の言葉のリズムや響きが音楽のように美しいことである。生田春月は、詩の言葉のリズムや響きに気を配り、音楽のように美しい詩を書いた。

5.伝統性
生田春月の詩は、伝統性に富んでいる。伝統性とは、日本の伝統的な詩の形式や表現を用いることである。生田春月は、日本の伝統的な詩の形式や表現を用いて、新しい詩の形式や表現を創造した。

生田春月の代表作

生田春月の代表作

生田春月の代表作

生田春月は、大正・昭和時代前期に活躍した詩人です。

代表作は、第一詩集の『虚妄的標題』(1918年)、その続篇とされる『月並集』(1920年)などがあります。

『虚妄的標題』は、春月の20代前半の頃の作品を収めた詩集で、青春期特有的の、焦燥や空虚感、都会の孤独などが、叙情的に描かれています。代表作には、「街」、「緑の夜」、「山上の夜」などがあります。

『月並集』は、春月の20代後半の頃の作品を収めたもので、前作に比べると、より人生の真理や美を追求するようになります。代表作には、「冬化粧」、「朝の匂い」、「旅情」などがあります。

また、春月は、童謡・唱歌の作詞家としても知られており、「月」、「青い鳥」、「赤とんぼ」など、多くの童謡・唱歌の作詞を担当しました。

春月の詩は、抒情的で美しいメロディーを持っています。「詩はうたである」と考えた春月は、詩の朗読にも力を入れ、その朗読は「春月の詩を聴いていると、まるで音楽を聴いているような気分になる」と評されました。

春月の詩は、大正・昭和時代前期の詩壇に大きな影響を与え、その作品は現在でも多くの人に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました