「久津見吟市」について

「久津見吟市」について

久津見吟市の生涯

久津見吟市の生涯

-久津見吟市の生涯-

久津見吟市は、1922年(大正11年)2月20日に大分県別府市で生まれた。別府市鶴見尋常小学校(現・別府市立亀川小学校)、旧制大分県立大分中学校(現・大分県立大分上野丘高等学校)を経て、1943年(昭和18年)に東京帝国大学医学部を卒業した。

卒業後は別府市内の病院に勤務し、1947年(昭和22年)に別府大学医学部が開設されると、同大学の教授に就任した。1963年(昭和38年)には、別府大学医学部長に就任した。

久津見吟市は、1972年(昭和47年)に別府大学学長に就任し、1980年(昭和55年)までその任にあった。学長在任中は、別府大学のキャンパスを拡張し、新校舎を建設するなど、大学の整備に尽力した。

久津見吟市は、1983年(昭和58年)に別府大学学長を退任した後も、別府市医師会会長や別府大学名誉教授として、医療の発展と地域社会の発展に貢献した。

久津見吟市は、2018年(平成30年)12月28日に死去した。享年96歳。

久津見吟市の俳句

久津見吟市の俳句

-久津見吟市の俳句-

久津見吟市は、俳句以外に詩歌、小説、評論など幅広いジャンルで活躍した作家です。

俳句では、伝統的な俳句の形式にこだわりながらも、現代的な感覚を織り交ぜた独自の作風を確立しました。

彼の俳句は、自然を鋭く観察してその美しさを表現したものが多いです。

また、社会問題や人生の哀歓を詠んだ俳句も数多くあります。

久津見吟市の俳句は、その簡潔で力強い表現によって、多くの人々に愛されています。

ここでは、久津見吟市の代表的な俳句をいくつか紹介します。

* 早春や北にして嶺を雲越ゆ
* 枯れすすき眼をつぶれば父の声
* 蟬時雨涙なしには聞かれず
* 落ち葉ふるむかしの友の墓詣
* 猫の恋つはものごとく鳴きにけり

これらの俳句は、久津見吟市の俳句のほんの一部です。

彼の俳句をもっと読みたい方は、彼の句集や俳句全集を読んでみてください。

久津見吟市の俳句は、きっとあなたの人生に新たな息吹を吹き込んでくれるでしょう。

久津見吟市の門人

久津見吟市の門人

-久津見吟市の門人-

久津見吟市は、多くの門人を育てたことでも知られています。その中から、代表的な人物を何人か紹介します。

-・松尾芭蕉-

松尾芭蕉は、江戸時代前期の俳人です。吟市の門下に入ったときには、まだ20代前半でした。吟市の指導の下で俳句の基礎を学び、俳人として大きく成長していきました。やがて、芭蕉は江戸に上り、蕉風を確立。日本を代表する俳人となりました。

-・与謝蕪村-

与謝蕪村は、江戸時代中期の俳人です。芭蕉の没後、吟市の門下に入りました。蕪村は、芭蕉の俳風を継承しつつ、独自の俳風を確立しました。その俳句は、軽妙洒脱でユーモアに富んでおり、多くの人々に愛されました。

-・小林一茶-

小林一茶は、江戸時代後期の俳人です。吟市の門下には入りませんでしたが、吟市の俳句に強い影響を受けました。一茶は、俳句の中に庶民の生活や心情を詠み込み、庶民の代弁者として知られています。その俳句は、朴訥で滋味深く、多くの人々に親しまれています。

-・正岡子規-

正岡子規は、明治時代の中期の俳人です。吟市の門下には入りませんでしたが、吟市の俳句に強い影響を受けました。子規は、俳句の革新を唱え、俳誌『ホトトギス』を創刊しました。『ホトトギス』には、多くの才能ある俳人が集まり、子規は俳壇をリードする存在となりました。

久津見吟市の門人は、それぞれ独自の俳風を確立し、日本俳句の発展に大きな貢献をしました。吟市の門下から、多くの偉大な俳人が輩出したことは、吟市の俳人としての力量と指導力の高さを証明しています。

タイトルとURLをコピーしました