ー工藤野松

ー工藤野松

工藤野松の生涯

工藤野松の生涯

工藤野松の生涯

工藤野松は、1881年(明治14年)11月11日に、新潟県中蒲原郡横田村(現在の新潟市北区)に生まれた。幼名は源三郎。

1903年(明治36年)、工藤野松は東京帝国大学法科大学に入学した。

1906年(明治39年)、工藤野松は大学を卒業し、司法官試補として任官した。

1909年(明治42年)、工藤野松は判事に昇進した。

1913年(大正2年)、工藤野松は東京地方裁判所判事に任命された。

1918年(大正7年)、工藤野松は東京控訴院判事に任命された。

1923年(大正12年)、工藤野松は東京高等裁判所判事に任命された。

1924年(大正13年)、工藤野松は最高裁判所判事に任命された。

1927年(昭和2年)、工藤野松は最高裁判所長官に就任した。

1934年(昭和9年)、工藤野松は最高裁判所長官を辞任した。

1936年(昭和11年)、工藤野松は死去した。享年54。

工藤野松の俳諧

工藤野松の俳諧

– 工藤野松の俳諧

工藤野松は、江戸時代前期の俳人です。1625年に生れ、1690年に亡くなりました。本名は忠松といい、京都で生まれました。

野松は、俳諧を松尾芭蕉に学びました。芭蕉の弟子の中では、野村喜舟とともに最も優れた俳人として知られています。野松は、芭蕉の俳諧をさらに発展させ、独自の境地を開きました。

野松の俳諧は、芭蕉の俳諧よりも、より写生的な傾向が強く、自然の美しさや季節の移ろいを巧みに表現しています。また、野松は、滑稽味のある俳諧を多く作りました。

野松の代表作のひとつに、「初しぐれ猿も小蓑をほしげなり」という句があります。この句は、秋の初めに降る小雨の情景を詠んだものです。猿が蓑を着て雨宿りしている様子を、ユーモラスに描いています。

野松は、俳諧だけでなく、和歌や連歌も作りました。また、俳諧に関する著書も残しています。野松の俳諧は、江戸時代以降の俳人に大きな影響を与えました。

-# 野松の俳句の特徴

野松の俳句には、以下の特徴があります。

* 写生的な描写
* 自然の美しさや季節の移ろいの表現
* 滑稽味のある句が多い
* 口語的な表現を用いている
* 芭蕉の俳諧よりも、より自由な形式である

野松の俳句は、これらの特徴によって、他の俳人の俳句とは一線を画しています。野松の俳句は、江戸時代以降の俳人に大きな影響を与え、現代でも多くの俳人が野松の俳句を愛好しています。

工藤野松と小林一茶

工藤野松と小林一茶

工藤野松と小林一茶

工藤野松は、江戸時代後期に活躍した俳人であり狂歌師です。小林一茶とも親交があり、一茶の俳諧に大きな影響を与えた人物です。

野松は、1773年に信濃国松本に生まれました。家は代々俳諧をたしなみ、野松も幼い頃から俳諧を学び始めました。1797年に江戸に出て、俳諧師として活動を始めます。

野松は、俳諧の分野で数々の業績を残しました。1804年に『野松句集』を刊行し、1819年には俳諧の入門書である『俳諧手引草』を著しました。また、狂歌の分野でも活躍し、狂歌集『野松狂歌集』を刊行しました。

野松は、小林一茶とも親交があり、一茶の俳諧に大きな影響を与えました。野松の一茶に対する俳諧の教えは、一茶の俳諧が深い味わいを持つものとなる基礎を築きました。

野松は、1833年に60歳で亡くなりました。野松の死後、一茶は野松の死を悼む句を詠んでいます。

野松の俳諧は、自然をありのままに見つめ、そこに人間の思いを託したものでした。野松の俳諧は、一茶の俳諧に大きな影響を与え、日本の俳諧史に大きな足跡を残しました。

タイトルとURLをコピーしました