– 「邦枝完二」

– 「邦枝完二」

邦枝完二の生涯

邦枝完二の生涯

邦枝完二の生涯

1887年、熊本県に生まれる。熊本県立熊本中学校(現・熊本県立熊本高等学校)卒業後、東京帝国大学法科大学に入学する。1911年、東京帝国大学法科大学卒業後、司法官試補として任命される。

1913年、大阪地方裁判所判事補に任命される。1915年、東京地方裁判所判事に昇進する。1918年、東京控訴院判事に昇進する。

1921年、司法省刑事局長に任命される。1922年、司法省民事局長に任命される。1923年、大審院判事に任命される。

1925年、大審院刑事部長に任命される。1927年、大審院民事部長に任命される。1929年、大審院次長に任命される。

1930年、司法大臣に任命される。1931年、内閣総理大臣に任命される。

1932年、内閣総理大臣を辞任する。1933年、大審院院長に任命される。

1937年、大審院院長を辞任する。1938年、枢密院議長に任命される。

1945年、枢密院議長を辞任する。1946年、死去する。

邦枝完二の文学

邦枝完二の文学

-邦枝完二の文学-

邦枝完二は、1903年に北海道で生まれ、1972年に亡くなった小説家です。同氏は、戦後派文学を代表する作家の一人であり、その作品は、人間存在の孤独や疎外、そして希望をテーマにしたものが多いです。

邦枝完二の文学の大きな特徴の一つは、そのリアリズムにあります。同氏の作品は、日常の生活を丹念に描いたものが多く、読者にそのリアリティを強く感じさせるものがあります。また、同氏は、人間の心理を巧みに描写することで、読者に深い共感を与えることにも成功しています。

邦枝完二の文学のもう一つの特徴は、その叙情性にあります。同氏の作品は、美しい風景描写や抒情的な文章が随所にちりばめられており、読者に深い感動を与えるものがあります。また、同氏は、人間の心の動きを繊細に描き出すことで、読者に深い共感を呼ぶことにも成功しています。

邦枝完二の代表作の一つに、『雁』があります。この作品は、北海道の開拓をテーマにしたもので、主人公である夫婦の愛と苦悩が描かれています。『雁』は、日本の文学史に残る名作として高く評価されており、多くの読者に愛されています。

邦枝完二は、戦後派文学を代表する作家の一人であり、その作品は、人間存在の孤独や疎外、そして希望をテーマにしたものが多いです。同氏の作品は、そのリアリズムと叙情性で高く評価されており、多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました