海原新甫

海原新甫

江戸新吉原巴屋の主人

江戸新吉原巴屋の主人

-海原新甫-

江戸時代の歌舞伎役者、狂言作者。別名は花笠屋新甫、明和八年(1771年)、大坂に生誕。劇場新富座で踊りの振り付けを担当し、狂言作者としても活躍しました。

-江戸新吉原巴屋の主人-

海原新甫は、江戸新吉原巴屋の主人でした。巴屋は、新吉原随一の高級料亭で、多くの著名人が訪れました。新甫は、巴屋の主人として、多くの客をもてなし、新吉原の繁栄に貢献しました。

新甫は、客との交流から、多くの知識を得ました。その知識を活かして、狂言作者として活躍しました。新甫の作品は、当時の世相を反映したものが多く、庶民の間で人気を博しました。

新甫は、安政六年(1859年)に死去しました。享年89歳。新甫の死は、江戸新吉原に大きな衝撃を与えました。新甫は、江戸新吉原の繁栄に貢献した人物として、現在でも語り継がれています。

-新甫の狂言作品-

新甫の狂言作品は、当時の世相を反映したものが多く、庶民の間で人気を博しました。主な作品には、以下のものがあります。

– 『傾城田舎源氏(けいせい いなかげんじ)』
– 『新版歌祭文(しんぱん うたざいもん)』
– 『東海道四谷怪談(とうかいどう よつや かいだん)』
– 『願人坊主色懺悔(がんにんぼうず いろざんげ)』

これらの作品は、いずれも江戸時代の庶民の生活や風俗をリアルに描いたもので、現在でも読み継がれています。

成田蒼虬に師事

成田蒼虬に師事

– 海原新甫

海原新甫(かいはら しんぽ)は、明治時代から昭和時代前期の日本の洋画家。

– 成田蒼虬に師事

海原は、明治11年(1878年)に東京市日本橋通油町(現在の東京都中央区日本橋茅場町)に生まれた。家は、紙問屋を営んでいた。明治21年(1888年)、海原は、東京府立第一中学校(現、東京都立日比谷高等学校)に入学した。在学中、岸上久雄の指導を受け、油絵に興味を持った。

明治26年(1893年)、海原は、東京美術学校西洋画科に入学した。当初は、黒田清輝に師事したが、その後、成田蒼虬に師事した。成田は、フランスに留学し、印象派の画風に影響を受けた画家である。海原は、成田から、印象派の技法を学び、写実的な風景画を描くようになった。

明治30年(1897年)、海原は、東京美術学校を卒業した。卒業後は、画塾を開設し、後進の指導に当たった。また、太平洋美術会に所属し、展覧会に出品した。

大正2年(1913年)、海原は、ヨーロッパに留学した。フランス、イタリア、スペインを巡り、西洋の美術を学んだ。大正4年(1915年)、海原は、帰国した。帰国後は、再び画塾を開設し、後進の指導に当たった。また、太平洋美術会や日本美術院の展覧会に出品した。

昭和11年(1936年)、海原は、東京美術学校教授に就任した。昭和16年(1941年)、海原は、帝国美術院会員に推挙された。昭和23年(1948年)、海原は、文化勲章を受章した。

昭和27年(1952年)、海原は、東京都中野区鷺宮にアトリエを建て、制作に専念した。昭和34年(1959年)、海原は、脳梗塞の発作を起こし、倒れた。昭和35年(1960年)、海原は、脳梗塞のため、死去した。享年81。

海原の作品は、写実的な風景画が多い。特に、故郷の茅場町の風景を好んで描いた。海原の作品は、現在、東京国立近代美術館、東京都美術館、京都国立近代美術館などに所蔵されている。

元治元年11月17日死去

元治元年11月17日死去

海原新甫

小見出し 元治元年11月17日死去

海原新甫は、江戸時代後期の狂歌師、戯作者です。享保20年(1735年)に江戸で生まれ、70歳で死去しました。新甫は、若い頃から狂歌を学び、安永5年(1776年)に『万載狂歌集』を刊行して狂歌師として名を上げました。その後も、『新甫狂歌集』『新甫狂歌拾遺』などの作品を刊行し、狂歌界で活躍しました。また、戯作者としても活躍し、『大岡政談』などの作品を著しました。新甫は、狂歌師、戯作者として活躍しただけでなく、俳諧師としても活躍しました。

新甫は、元治元年11月17日に死去しました。70歳でした。新甫の墓は、東京都台東区の谷中霊園にあります。

タイトルとURLをコピーしました