文芸評論家 窪川鶴次郎とは?

文芸評論家 窪川鶴次郎とは?

プロレタリア文学評論家としての活躍

プロレタリア文学評論家としての活躍

-プロレタリア文学評論家としての活躍-

窪川鶴次郎は、プロレタリア文学運動の初期からその中心人物として活躍し、多くの評論を発表した。

プロレタリア文学とは、プロレタリアート(労働者階級)の立場から書かれた文学のこと。1920年代の日本で勃興し、社会的・政治的問題をテーマとした作品が多く発表された。

窪川鶴次郎は、プロレタリア文学の理論的支柱として活躍し、その発展に大きく貢献した。プロレタリア文学は、当初は「単なる貧乏文学」として批判されることも多かったが、窪川鶴次郎は、「プロレタリア文学は単なる貧乏文学ではない。プロレタリアートの立場から書かれた文学であり、プロレタリアートの解放を目的とする文学である」と主張し、プロレタリア文学の正当性を主張した。

窪川鶴次郎は、プロレタリア文学の評論だけでなく、プロレタリア文学の作品も執筆した。彼の代表作である『蟹工船』(1929年)は、北海道の蟹工船で働く労働者の悲惨な生活を描いた小説であり、大きな反響を呼んだ。

窪川鶴次郎は、プロレタリア文学運動の衰退とともに、文壇から遠ざかっていった。しかし、彼の功績は大きく、プロレタリア文学の発展に貢献した評論家として、今日でも高く評価されている。

検挙と投獄、そして転向

検挙と投獄、そして転向

-検挙と投獄、そして転向-

1932年、窪川鶴次郎は「マルクス主義の無政府主義者」として検挙され投獄された。これは、彼がプロレタリア文学運動に参加し、ソ連の文学理論である「プロレタリア文化論」を支持していたことが原因であった。

投獄中は拷問を受け、転向を迫られたが、窪川鶴次郎はそれを拒否した。しかし、1933年に釈放されると、窪川鶴次郎は転向を表明した。これは、彼が投獄中の拷問に耐えきれず、また、プロレタリア文学運動の弾圧が激しくなったことに絶望したためであった。

転向後は、窪川鶴次郎は、「国家主義文学」を主張するようになった。これは、日本の国体と伝統を重んじ、天皇を敬愛する文学を指す。窪川鶴次郎は、「国家主義文学」を「日本の文学の正統」であると主張し、プロレタリア文学運動を「反日文学」であると非難した。

窪川鶴次郎の転向は、プロレタリア文学運動の衰退に大きな影響を与えた。また、窪川鶴次郎の「国家主義文学」の主張は、戦時下の日本文学に大きな影響を与え、多くの文学者が「国家主義文学」を支持するようになった。

戦後、窪川鶴次郎は、「国家主義文学」を放棄し、「民主主義文学」を主張するようになった。しかし、窪川鶴次郎の転向は、彼に対する批判を呼び起こし、彼は戦後も多くの文学者から批判され続けた。

戦後の活動と死

戦後の活動と死

戦後の活動と死

1945年の終戦後、窪川鶴次郎は文芸評論家としての活動を再開しました。彼は『新日本文学』『群像』『文學界』などの雑誌に評論を発表し、現代文学の動向を論じました。また、1947年には日本ペンクラブの設立に参加し、その常任委員を務めました。

戦後は、戦中に主流であったプロレタリア文学が衰退し、私小説や新感覚派などの新しい文学運動が台頭しました。窪川鶴次郎は、これらの新しい文学運動を積極的に評価し、その発展に貢献しました。

また、窪川鶴次郎は戦後、文芸批評の理念や方法論を確立するために努力しました。彼は、文学作品を社会や歴史の文脈の中で捉え、その思想的・芸術的価値を評価するという方法論を提唱しました。この方法は、戦後の文芸批評に大きな影響を与えました。

1958年、窪川鶴次郎は64歳で亡くなりました。彼は、戦後の日本文学の発展に大きく貢献した文芸評論家でした。彼の死は、日本文学界に大きな衝撃を与えました。

タイトルとURLをコピーしました