「赤尾可官」(1764-1852 江戸時代中期-後期の歌人)

「赤尾可官」(1764-1852 江戸時代中期-後期の歌人)

赤尾可官の生涯と経歴

赤尾可官の生涯と経歴

– 赤尾可官の生涯と経歴

赤尾可官は、1764年に江戸に生まれた歌人です。本名は赤尾広次で、可官は号です。1783年に鷹司政通に仕え、1791年には従五位下左衛門少尉に叙任されました。その後、1798年に若狭守に任じられ、1803年には従四位下に叙せられました。1810年には左近将監に任じられ、1813年には従三位に叙せられました。1818年に中御門宣胤の娘と結婚し、1823年に左近衛少将に任じられました。1828年に正三位に叙せられ、1831年には左近衛権中将に任じられました。1834年に正二位に叙せられ、1838年に左近衛中将に任じられました。1841年に権大納言に任じられ、1845年に辞任しました。1852年に89歳で死去しました。

可官は、江戸時代を代表する歌人の一人であり、その歌は「可官集」に収められています。可官の歌は、優美で優雅な叙景歌が多く、その作風は「可官調」と呼ばれています。可官は、和歌の研究にも力を注ぎ、歌論書「可官歌論」を著しました。この歌論書は、和歌の作法や鑑賞方法などが詳しく解説されており、江戸時代の歌人に大きな影響を与えました。

可官は、和歌の普及にも努め、1804年に和歌の講談会である「可官会」を創設しました。この講談会は、江戸時代の和歌界で大きな影響力を持ち、多くの歌人を輩出しました。可官は、和歌を通じて人々と交流し、江戸時代の文化の発展に貢献しました。

赤尾可官の歌集と著作

赤尾可官の歌集と著作

赤尾可官の歌集と著作

赤尾可官の歌集と著作は、18世紀後半から19世紀前半にかけての歌壇に大きな影響を与えた。

赤尾可官の歌集として最も有名なのは、『雲根集』である。『雲根集』は、可官が30代前半の頃に編集した歌集で、1,000首以上を収録している。可官の歌風の特徴である、清澄で飄逸な歌風がよく表れている歌集である。

可官のもう一つの歌集として、『霞消集』がある。『霞消集』は、可官が晩年に編集した歌集で、500首以上を収録している。可官の歌風の特徴である、老境の寂寥感や人生の無常観がより強まった歌集である。

可官の著作としては、『歌道立言』がある。『歌道立言』は、可官の歌論をまとめた書物で、13章から構成されている。可官の歌論の特徴である、歌は「心」を詠むものであるという考えが述べられている。

可官の歌集と著作は、18世紀後半から19世紀前半にかけての歌壇に大きな影響を与えた。可官の歌風は、清澄で飄逸な歌風であり、老境の寂寥感や人生の無常観が詠まれた歌が多い。可官の歌論は、歌は「心」を詠むものであるという考えであり、後世の歌人に大きな影響を与えた。

赤尾可官の歌風の特色

赤尾可官の歌風の特色

赤尾可官の歌風の特色

赤尾可官の歌風は、温雅で清新な作風を特徴としています。

可官は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した歌人で、文化5年(1808)に、信濃国諏訪郡上穂村(現、長野県諏訪郡富士見町)に生まれました。本名は、赤羽安右衛門といい、通称は、安兵衛、別号は、篠径、温陵、勘渓堂などがありました。

可官は、幼少の頃より和歌を学び、19歳の時に、江戸に出て、歌人・石川雅望に入門しました。雅望は、竹崎文晁の門人で、画をよくし、和歌にも通じていました。可官は、雅望のもとで、和歌の修業を積み、次第に頭角を現していきました。

文化9年(1812)には、雅望の推薦で、大名・松平定信の侍医となり、江戸に住みました。定信は、寛政の改革を推進した政治家で、和歌にも関心を寄せていました。可官は、定信に和歌を指導し、定信の和歌の師として、厚遇されました。

可官は、定信の死後も、江戸に留まり、歌人として活躍しました。文政10年(1827)には、歌集『篠径集』を出版し、好評を博しました。また、天保10年(1839)には、歌論書『温陵和歌談』『温陵和歌唱歌』を出版し、和歌の普及に努めました。

可官は、和歌に造詣が深く、その歌風は、温雅で清新な作風を特徴としています。可官の歌は、自然の美しさを詠んだものが多く、その歌には、四季折々の移ろいゆく景色が生き生きと描かれています。また、可官の歌は、人の情を詠んだものも多く、その歌には、人の心の機微がよく表れています。

可官の歌は、その温雅で清新な作風によって、多くの人々に愛され、明治維新後も、その歌は長く人々に親しまれました。可官は、江戸時代後期を代表する歌人として、その名を残しています。

タイトルとURLをコピーしました