江戸時代中期の俳人 砂岡雁宕

江戸時代中期の俳人 砂岡雁宕

内田沾山に師事し俳句の才能を開花

内田沾山に師事し俳句の才能を開花

-内田沾山に師事し俳句の才能を開花-

砂岡雁宕は、1669年、肥後国熊本(現在の熊本県熊本市)に生まれました。本名は砂岡嘉兵衛。幼い頃から学問を好み、17歳の時には熊本藩の藩校「時習館」に入学しました。時習館では、儒学や漢詩を学び、優秀な成績を収めました。

1702年、雁宕は俳諧を学び始めます。雁宕が俳諧を始めるきっかけとなったのは、内田沾山との出会いでした。内田沾山は、江戸時代中期の俳諧師で、松尾芭蕉の弟子として活躍しました。雁宕は沾山に師事し、俳諧の才能を開花させました。沾山は、雁宕の才能を高く評価し、雁宕を「俳諧の秘伝を伝える者」と呼んでいました。

1707年、雁宕は江戸に遊学します。江戸では、沾山や他の俳諧師たちと交流を深め、俳諧の研鑽に励みました。1710年、雁宕は江戸で「雁宕句帖」を出版します。この句帖には、雁宕が江戸滞在中に詠んだ俳句が収められています。「雁宕句帖」は、雁宕の俳句の才能を世に知らしめることとなりました。

1713年、雁宕は熊本に戻ります。熊本に戻った雁宕は、俳諧の指導にあたりながら、俳句の制作に励みました。1718年、雁宕は「雁宕百句」を出版します。「雁宕百句」は、雁宕が熊本に戻ってから詠んだ俳句を収めた句集です。「雁宕百句」は、雁宕の俳句の代表作として知られています。

雁宕は、1731年に63歳で亡くなりました。雁宕は、江戸時代中期の俳諧師として活躍し、多くの優れた俳句を残しました。雁宕の俳句は、写生性に優れており、芭蕉の俳諧を継承しつつ、独自の境地を切り拓いたと評価されています。

早野巴人との出会いにより俳句の腕に磨きをかける

早野巴人との出会いにより俳句の腕に磨きをかける

早野巴人との出会いにより俳句の腕に磨きをかける

砂岡雁宕は、江戸時代中期の俳人です。1681年に生まれ、1754年に亡くなりました。本名は、砂岡宜一。通称は、八太夫。別号は、素影。

雁宕は、俳句の師匠である早野巴人のもとで俳句を学び、巴人から「雁宕」という俳号をもらいました。巴人と雁宕は、師弟でありながら、親友でもありました。

巴人は、雁宕に俳句の基礎を教えました。雁宕は、巴人の教えを忠実に守り、俳句の腕を磨きました。雁宕は、写生を重視した俳句を詠みました。また、雁宕は、俳句の中で、季語を巧みに使いました。

雁宕は、巴人の死後、江戸の俳壇で活躍しました。雁宕は、俳句の結社である「蕉風俳諧宗匠連中」を結成し、俳句の普及に努めました。

雁宕は、俳句の分野で多くの功績を残しました。雁宕は、俳句の理論をまとめた「俳諧通解」を著しました。また、雁宕は、巴人の俳句を集めた「巴人句集」を編纂しました。

雁宕は、1754年に亡くなりました。雁宕の死後、雁宕の俳句は、多くの俳人に影響を与えました。雁宕は、江戸時代を代表する俳人の一人です。

与謝蕪村との親交 江戸俳壇で活躍する

与謝蕪村との親交 江戸俳壇で活躍する

-与謝蕪村との親交 江戸俳壇で活躍する-

砂岡雁宕は、江戸時代中期の俳人で、与謝蕪村と親交が深く、江戸俳壇で活躍した。

雁宕は、1689年(元禄2年)に江戸に生まれた。本名は砂岡平右衛門といい、号は雁宕のほかにも、南囿、猿蓑楼、一蝶亭、解空軒などがある。

雁宕は、若い頃から俳諧を好み、1716年(享保元年)に、芭蕉の弟子である服部土芳の門下に入った。土芳は、雁宕の才能を認め、1722年(享保7年)に、雁宕に「雁宕」の号を与えた。

雁宕は、土芳の死後、与謝蕪村と親交を深めた。蕪村は、雁宕を「俳壇の第一人者」と称え、雁宕も蕪村を「俳諧の大家」と敬愛した。

雁宕は、蕪村の影響を受けて、軽妙洒脱な作風を身につけた。雁宕の句は、自然や風俗を詠んだものが多いが、その中には、人生の機微や世の中の矛盾を鋭く描いた句も見られる。

雁宕は、1759年(宝暦9年)に江戸で亡くなった。享年71歳。雁宕の句は、蕪村の句とともに、江戸俳壇を代表する句として今日でも多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました