窪田般弥:戦後日本の詩人兼フランス文学者

窪田般弥:戦後日本の詩人兼フランス文学者

若き詩人としての窪田般弥

若き詩人としての窪田般弥

-若き詩人としての窪田般弥-

窪田般弥は、1901年(明治34年)に東京都に生まれました。幼少期から詩作を始め、1919年(大正8年)に第一詩集『青春』を刊行しました。この詩集は、若者の情熱と理想を歌ったもので、清新な作風が注目を集めました。

窪田般弥は、早稲田大学仏文科に進学し、フランス文学を学びました。在学中に、ポール・ヴェルレーヌやステファヌ・マラルメなど、フランスの象徴派詩人の作品に影響を受けました。また、詩人として活動しながら、フランス文学の翻訳も行いました。

1925年(大正14年)に早稲田大学を卒業した窪田般弥は、フランスに留学し、パリ大学に学びました。留学中に、ジョルジュ・バタイユやモーリス・ブランショなど、フランスの知識人と交流しました。また、パリで詩集『季節』を刊行し、フランスの詩壇に認められました。

1928年(昭和3年)に帰国した窪田般弥は、詩作を続けながら、フランス文学の翻訳や評論活動も行いました。1931年(昭和6年)には、詩集『新しき写生』を刊行し、この詩集で第1回詩歌文学賞を受賞しました。

窪田般弥は、1945年(昭和20年)に44歳の若さで亡くなりました。しかし、その短い生涯で、彼は日本の詩壇に大きな足跡を残しました。窪田般弥の詩は、清新な作風と繊細な抒情性で知られ、現在でも多くの読者に愛されています。

早稲田大学教授としての窪田般弥

早稲田大学教授としての窪田般弥

早稲田大学教授としての窪田般弥

窪田般弥は、1949年に早稲田大学第一文学部フランス文学科の専任講師に就任し、1955年に助教授、1962年に教授に昇進した。早稲田大学での彼の研究と教育は、フランス文学、比較文学、詩論など多岐にわたった。

窪田般弥のフランス文学研究は、ボードレール、ヴェルレーヌ、ランボーなどの象徴主義詩人、およびマルセル・プルーストやアンドレ・ジッドなどの20世紀の小説家に重点が置かれていた。彼は、これらの作家たちの作品を丹念に分析し、その美学と思想を探究した。また、彼はフランス文学と日本文学の比較研究も行い、両者の間に多くの共通点があることを明らかにした。

窪田般弥の詩論は、彼のフランス文学研究と密接に関連していた。彼は、詩は言葉の芸術であり、その目的は美しさを作ることにあると主張した。また、詩人は社会の良心を代表する存在であり、その作品には社会に対する批判精神が込められているべきであると主張した。

窪田般弥は、早稲田大学で教鞭をとる傍ら、多くの詩を発表した。彼の詩は、フランス象徴主義の影響を受けており、その特徴は、象徴的な言葉の使用、音楽的なリズム、高度な修辞技術である。彼の詩は、多くの読者から高い評価を受け、彼は戦後日本の代表的な詩人の一人となった。

窪田般弥は、早稲田大学で40年近く教鞭をとり、多くの学生を育てた。彼の研究と教育は、フランス文学の理解と詩への関心を深めることに大きく貢献した。また、彼は詩人として、戦後日本の詩壇に大きな足跡を残した。

タイトルとURLをコピーしました