久保田不二子:明治から昭和時代の女性歌人

久保田不二子:明治から昭和時代の女性歌人

久保田不二子の生涯

久保田不二子の生涯

-久保田不二子の生涯-

久保田不二子は、1886年(明治19年)4月23日、広島県賀茂郡高屋町(現・東広島市)に生まれた。父は久保田正治郎、母はコトである。不二子は、7人兄弟姉妹の末っ子であった。

不二子は、幼い頃から和歌に親しみ、10歳の頃には和歌を詠み始めた。1901年(明治34年)には、地元の新聞に和歌が掲載され、それが認められて、翌1902年(明治35年)には、地元の女学校に入学した。

女学校を卒業後、不二子は、広島市に出て、女学校の教師となった。しかし、不二子は、教師の仕事に満足できず、1908年(明治41年)には、上京して、歌人の与謝野晶子に師事した。

与謝野晶子のもとで、不二子は、和歌の才能を伸ばし、1911年(明治44年)には、処女歌集『若菜集』を刊行した。この歌集は、好評を博し、不二子は、歌人として認められるようになった。

その後、不二子は、与謝野晶子の影響を受け、社会問題を詠んだ歌を発表するようになった。1913年(大正2年)には、歌誌『青鞜』に、社会問題を詠んだ歌を発表し、それが話題となった。

1914年(大正3年)には、不二子は、歌誌『朱欒』を創刊した。この歌誌は、社会問題を詠む歌を掲載する歌誌として知られており、多くの歌人が投稿した。

1918年(大正7年)には、不二子は、歌集『劫火集』を刊行した。この歌集は、社会問題を詠んだ歌を集めた歌集であり、不二子の代表作の一つとされている。

1923年(大正12年)には、不二子は、歌集『不二子集』を刊行した。この歌集は、不二子の生涯を詠んだ歌を集めた歌集であり、不二子の自伝的な歌集とされている。

1934年(昭和9年)には、不二子は、歌集『女人集』を刊行した。この歌集は、女性を詠んだ歌を集めた歌集であり、不二子の代表作の一つとされている。

1941年(昭和16年)には、不二子は、歌集『花曜集』を刊行した。この歌集は、花を詠んだ歌を集めた歌集であり、不二子の最晩年の歌集である。

不二子は、1945年(昭和20年)8月6日、広島市への原子爆弾投下により被爆し、翌7日に死亡した。享年59歳であった。

久保田不二子の歌風

久保田不二子の歌風

-久保田不二子の歌風-

久保田不二子の歌風は、端正で格調高く、叙情的で美しいのが特徴です。また、女性ならではの繊細な感性と、時代の移り変わりを捉えた写実的な表現も特徴的です。

不二子は、幼い頃から和歌に親しみ、10代の頃には早くも歌集を刊行しています。その後、与謝野晶子や吉井勇など、当時の歌壇の第一線で活躍する歌人と交流を深め、その歌風を磨いていきました。

不二子の歌は、自然を詠んだものが多く、特に花を詠んだ歌に秀作が多いです。花の姿や色、香りを生き生きと描写し、その美しさや儚さを歌い上げています。また、恋や人生を詠んだ歌も多く、女性ならではの繊細な感性と、時代の移り変わりを捉えた写実的な表現が特徴です。

不二子は、明治から昭和にかけて活躍した女性歌人の中で、最も優れた歌人の一人とされています。その歌は、現代でも多くの人々に愛され続けています。

-不二子の歌の例-

* -花-

> 朝の日の 光に映えて 白百合の 花は開けり 香はに匂へり

* -恋-

> 恋人の 姿を見れば 胸に燃ゆる 火は消えてゆく 安らぎ来る

* -人生-

> 人生は 過ぎゆく水の 如くにて 留まることなく 流れ行くのみ

久保田不二子の歌集

久保田不二子の歌集

-久保田不二子の歌集-

久保田不二子は、明治から昭和時代にかけて活躍した女性歌人です。その歌集は、彼女の時代の女性たちの心情を写した名作として現在でも高く評価されています。

-「むらさき日記」-

久保田不二子の第一歌集である「むらさき日記」は、1920年に出版されました。この歌集には、彼女の恋愛や結婚、出産などの私生活を詠んだ歌が収められています。歌は、飾らない言葉で書かれており、女性の心情を繊細に表現しています。

-「潮音」-

久保田不二子の第二歌集である「潮音」は、1925年に出版されました。この歌集には、彼女の故郷である瀬戸内海の風景を詠んだ歌が収められています。歌は、美しい自然の描写と、そこに込められた彼女の思いが印象的です。

-「花ざかり」-

久保田不二子の第三歌集である「花ざかり」は、1930年に出版されました。この歌集には、彼女の子供たちを詠んだ歌が収められています。歌は、母親の愛情と、子供たちの成長への喜びが溢れています。

-「晩鐘」-

久保田不二子の第四歌集である「晩鐘」は、1935年に出版されました。この歌集には、彼女の晩年の歌が収められています。歌は、人生の終焉への思いや、死後の世界への憧れが詠われています。

久保田不二子の歌集は、彼女の時代の女性たちの心情を写した名作です。その歌は、飾らない言葉で書かれており、女性の心情を繊細に表現しています。ぜひ、一度手に取って読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました