大正・昭和時代の評論家、政治家 赤木桁平とは?

大正・昭和時代の評論家、政治家 赤木桁平とは?

赤木桁平の生涯と功績

赤木桁平の生涯と功績

赤木桁平の生涯と功績

大正・昭和時代初期に活躍した評論家、政治家の赤木桁平は、愛媛県出身の知識人として日本の近代化に貢献した人物である。

赤木桁平は、1884年(明治17年)に愛媛県に生まれ、幼少期から優秀な成績を収めていた。
18歳で愛媛県立松山中学校を卒業し、東京帝国大学に進学。
東京大学在学中は、社会主義思想に興味を持ち、社会主義運動に参加した。
1903年に卒業後は、新聞記者として働き始め、評論家としての活動も始めた。

赤木桁平は、社会主義の立場から、資本主義を批判し、社会改革を主張した。
1911年に著書「社会主義と日本」を出版し、社会主義思想の普及に貢献した。
また、1913年に日本社会党の結成に参加し、党の最高幹部を務めた。

1918年に赤木桁平は、衆議院議員に初当選し、政界に進出した。
政界でも、社会主義思想に基づいて、社会改革を主張し、労働者や農民の権利擁護に尽力した。
1925年に護憲三派内閣の文部大臣に就任したが、わずか5ヶ月で辞任を余儀なくされた。

赤木桁平は、1928年に衆議院議員を辞職し、再び評論家としての活動に専念した。
1931年に著書「日本資本主義の分析」を出版し、日本の資本主義の発展を分析した。
また、1933年に著書「日本ファシズムの擡頭」を出版し、日本のファシズム化を警告した。

赤木桁平は、1945年に第二次世界大戦が終結するまで、評論家として、日本の政治や社会問題について論じ続けた。
1945年8月15日に終戦を迎え、その後日本社会党の顧問に就任した。
1946年には、貴族院議員に勅選され、1947年に死去した。

赤木桁平は、生涯を通じて、社会主義思想に基づいて、日本の近代化に貢献した人物である。
彼の評論活動や政治活動は、日本の民主主義の発展に大きな影響を与えた。

赤木桁平の文学評論

赤木桁平の文学評論

赤木桁平の文学評論

赤木桁平は、大正・昭和時代の評論家、政治家として活躍しました。彼の文学評論は、主に日本の近代文学を対象としており、その批評は鋭く、また的確であると評価されています。桁平は、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎などの作品を論じ、日本の近代文学の特質や課題を明らかにしました。

桁平の文学評論の特徴の一つは、その史的視点です。彼は、日本の近代文学を単独の存在として捉えるのではなく、その歴史的背景や社会的背景を考慮して論じました。例えば、彼は、夏目漱石の「吾輩は猫である」を単なるユーモラスな小説としてではなく、明治時代の社会を風刺した作品として論じました。また、芥川龍之介の「羅生門」を単なる短編小説としてではなく、日本の近代社会の闇を描いた作品として論じました。

桁平の文学評論のもう一つの特徴は、その思想性です。彼は、文学を単なる娯楽としてではなく、人間の精神や社会を理解するための手段として捉えました。彼は、文学作品を分析し、そこから人間の精神の構造や社会の仕組みを明らかにしようとしたのです。例えば、彼は、谷崎潤一郎の「細雪」を単なる家族小説としてではなく、日本の伝統的な家族制度を批判した作品として論じました。また、川端康成の「雪国」を単なる抒情小説としてではなく、日本の近代社会の孤独と疎外感を描いた作品として論じました。

桁平の文学評論は、日本の近代文学を理解する上で重要な意味を持っています。彼は、日本の近代文学の特質や課題を明らかにし、その史的意義を明らかにしました。また、彼の文学評論は、人間の精神や社会を理解するための示唆に富んでいます。

赤木桁平の政治活動

赤木桁平の政治活動

-赤木桁平の政治活動-

赤木桁平は、1921年(大正10年)に神奈川第4区から第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たしました。その後、1924年(大正13年)の第14回衆議院議員総選挙でも再選され、2期連続で衆議院議員を務めました。

赤木桁平は、衆議院議員時代には、社会主義運動に関心を持っており、日本社会主義同盟の結成に参加しました。また、1925年(大正14年)には、日本初の労働組合である日本労働組合総同盟(総同盟)の結成にも参加し、初代中央執行委員長に就任しました。

赤木桁平は、総同盟の結成後も労働運動に積極的に参加し、1926年(大正15年)には、普選法と治安維持法の改正を求める「普選・治安維持法改正運動」を展開しました。また、1927年(昭和2年)には、中国の国民革命を支援するため、中国国民党の機関紙である「国民新聞」の発行に参加しました。

赤木桁平は、1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙には出馬せず、政界を引退しました。その後は、評論家として活動し、1931年(昭和6年)に、日本プロレタリア作家同盟(ナップ)の結成に参加しました。

赤木桁平は、1933年(昭和8年)に、治安維持法違反の容疑で逮捕され、翌1934年(昭和9年)に懲役3年の判決を受けました。釈放後は、1937年(昭和12年)に、中国に渡り、1945年(昭和20年)の日本の敗戦まで中国に滞在しました。

赤木桁平は、敗戦後に帰国し、1946年(昭和21年)に、日本社会党の結成に参加しました。その後、同党の第2代書記長に就任し、1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たしました。

赤木桁平は、衆議院議員に当選後、1948年(昭和23年)には、日本社会党の委員長に就任しました。委員長在任中は、社会主義革命を目指し、労働運動や農民運動を指導しました。また、1950年(昭和25年)には、ソ連と中国を訪問し、両国の指導者と会談しました。

赤木桁平は、1951年(昭和26年)に、日本社会党の委員長を辞任し、政界を引退しました。その後は、評論家として活動し、1960年(昭和35年)に死去しました。

タイトルとURLをコピーしました