文豪・岡本起泉をご存知ですか?

文豪・岡本起泉をご存知ですか?

岡本起泉の生い立ちと経歴

岡本起泉の生い立ちと経歴

-岡本起泉の生い立ちと経歴-

岡本起泉は、1893年に京都市で生まれました。本名は岡本伊吉郎です。父は医師、母は歌人の家庭に生まれ、幼少期から文学に親しみました。

1913年に京都帝国大学文学部に入学し、英文学を専攻しました。大学在学中は、演劇部に所属し、シェイクスピアの戯曲を上演するなど、活発に活動しました。

1917年に大学を卒業後、上京して文筆業を始めました。当初は、翻訳を主に手がけていましたが、1919年に発表した短編小説「坂口安吾」が文壇に認められ、作家としてデビューしました。

その後、数多くの小説を発表し、1926年には芥川賞を受賞しました。1935年には、中央公論社の編集長に就任し、日本文学の振興に努めました。

1945年に、第二次世界大戦が終結すると、公職追放となり、文筆活動ができなくなりました。1951年に公職追放が解除されると、文筆活動を再開し、1953年には、日本芸術院会員に選出されました。

1959年に、66歳で亡くなりました。

岡本起泉は、日本の文学界に大きな功績を残した作家です。その作品は、鋭い洞察力と美しい文体で知られており、現在でも多くの読者に親しまれています。

岡本起泉の活躍の時代

岡本起泉の活躍の時代

岡本起泉の活躍の時代

岡本起泉(おかもときせん)は、明治時代から昭和時代前期にかけて活躍した日本の小説家、歌人です。代表作に、「花物語」、「月下の一人舞」、「花に散る恋」などがあります。

起泉は、1869年(明治2年)、大阪の商家の子として生まれました。幼い頃から文学に興味を持ち、10代の頃には歌人としてデビューします。その後、小説家としての道を歩み始め、1900年(明治33年)に初の小説「花物語」を発表しました。

起泉の小説は、主に恋愛や人情をテーマとしたものが多く、繊細で叙情的な文体で描かれています。また、歌人の顔も持っていたため、小説の中には和歌がちりばめられています。

起泉は、主に明治時代から昭和時代前期にかけて活躍しました。明治時代は、日本の近代化が進んだ時代であり、文学の世界でも新しい潮流が生まれていました。起泉は、伝統的な文学のスタイルを継承しつつも、新しい文学の潮流を取り入れ、独自の作風を確立していきました。

昭和時代前期は、日本が戦争へと向かっていく時代でした。起泉は、戦争に反対する立場を貫き、戦争をテーマにした小説も発表しています。1945年(昭和20年)、起泉は76歳で亡くなりました。

岡本起泉の作品と作風

岡本起泉の作品と作風

-岡本起泉の作品と作風-

岡本起泉は、大正から昭和にかけて活躍した歌人であり、小説家であり、劇作家でもあります。彼の作品は、叙情的な雰囲気と繊細な心理描写が特徴です。

岡本起泉の代表作である歌集『かくれんぼ』は、1926年に刊行されました。この歌集には、恋愛、自然、人生など、さまざまなテーマの歌が収められています。岡本起泉の歌は、叙情的な雰囲気と繊細な心理描写が特徴です。また、口語的な表現を多く取り入れたことで、新しい和歌の表現方法を確立したとされています。

岡本起泉は、小説家としても活躍しました。彼の代表作である小説『学生時代』は、1929年に刊行されました。この小説は、大学生の恋愛や友情を描いた作品です。岡本起泉の小説は、瑞々しい文章と繊細な心理描写が特徴です。また、大学生活を描いた作品が多いことから、学生の間で人気を集めました。

劇作家として活躍した作品には、1929年に上演された『家庭の秘密』などがあります。この小説は、家庭の問題を扱った作品で、当時の社会問題を反映しています。

岡本起泉の作品は、叙情的な雰囲気と繊細な心理描写が特徴です。彼の作品は、現在でも多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました