岡本五休 – 幕末から明治時代にかけて活躍した俳人

岡本五休 – 幕末から明治時代にかけて活躍した俳人

岡本五休の生涯と功績

岡本五休の生涯と功績

岡本五休の生涯と功績

岡本五休(おかもと・ごきゅう、1804年 – 1886年)は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した俳人である。江戸生まれで、本名は岡本喜兵衛(きへえ)という。号は五休の他に、白賁(はくひん)、都鳥庵(つとりあん)などがある。

五休は、1824年に芭蕉の弟子である其角に師事し、俳句を学び始める。その後、1831年に江戸俳壇の第一人者であった高浜虚子に師事し、さらにその弟子である星野文台に師事する。1836年には、虚子の推薦で江戸俳壇の重鎮である川柳派の川柳杖冲に入門する。

五休は、1843年に第一句集である『五休句集』を出版する。この句集は、従来の俳句の定型を破った自由な作風で、江戸俳壇に衝撃を与えた。1851年には、第二句集である『五休後集』を出版する。この句集もまた、自由な作風で評価され、五休は江戸俳壇の第一人者として認められるようになった。

1868年に明治維新が起こり、江戸幕府が滅亡すると、五休は東京に移住する。東京では、1873年に第三句集である『五休三集』を出版する。この句集は、維新後の新しい世相を詠んだもので、五休の代表作のひとつとなっている。

五休は、1886年に83歳で死去する。五休の死後、その功績は広く認められ、1890年には正五位を追贈される。また、1913年には、東京の谷中霊園に五休の墓が建立される。

五休は、従来の俳句の定型を破った自由な作風で、江戸俳壇に新風を吹き込んだ俳人である。五休の作風は、明治以降の俳壇の発展に大きな影響を与えた。

岡本五休の作風と特徴

岡本五休の作風と特徴

-岡本五休の作風と特徴-

岡本五休は、江戸末期から明治時代にかけて活躍した俳人であり、京風俳諧の第一人者として知られています。その作風は、軽妙洒脱で諧謔に富み、また風雅で幽玄な世界を詠んだ句が多いのが特徴です。

五休は、まず第一に、諧謔に富んだ句を多く詠みました。例えば、「蛙なくや 一里四方に 水の音」という句は、蛙の鳴き声が水の音に溶け込んで、一体となって聞こえる様子をユーモラスに詠んでいます。また、「古池や 蛙飛び込む 水の音」という句は、古池に蛙が飛び込む瞬間を切り取った句ですが、その際に聞こえた水の音を強調することで、ユーモラスさと同時に、水音の美しさも感じさせる句となっています。

第二に、風雅で幽玄な世界を詠んだ句も数多くあります。例えば、「夕暮れや 鐘の音が 水の面に」という句は、夕暮れの静けさの中で、鐘の音と水の面の揺らぎが融合した情景を詠んでいます。また、「秋風に 尾花がなびく 湖の上」という句は、秋風に吹かれて尾花がなびく様子を詠っていますが、その背景にある湖の静けさや透明感も感じさせる句となっています。

五休の句は、諧謔に富んだ句と、風雅で幽玄な世界を詠んだ句の両方を備えており、それが彼の俳諧の大きな魅力となっています。彼の句は、今日も多くの人々に愛され続けています。

岡本五休の代表的な作品

岡本五休の代表的な作品

-岡本五休の代表的な作品-

岡本五休は、幕末から明治時代にかけて活躍した俳人です。1851年に江戸で生まれ、1921年に東京で没しました。本名は岡本徳次郎です。

五休は、18歳で俳句を始め、20歳で「老鼠」という俳号を名乗りました。その後、1874年に「五休」と改号しました。五休という俳号は、五つの休みの日に俳句を詠んでいたことに由来しています。

五休は、伝統的な俳句の形式を重んじながらも、新しい表現を追求した俳人でした。その作品は、自然の美しさや人間の生活を詠んだものが多いです。

五休の代表的な作品の一つに、「夏草や兵どもが夢の跡」があります。これは、1868年の戊辰戦争の後に詠まれた句で、戦場となった荒れ果てた土地に生い茂る夏草を詠んでいます。この句は、五休の俳句の代表作として広く知られています。

また、五休には、「蛤の二つにわれて日の暮るる」という句もあります。これは、二枚の貝が離れ離れになり、その間に夕日が沈んでいく情景を詠んだ句です。この句は、五休の俳句の特徴である、自然の美しさを詠んだ作品の一つです。

五休は、明治時代を代表する俳人の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました