→ 石井衣子

→ 石井衣子

大正・昭和時代の歌人

大正・昭和時代の歌人

大正・昭和時代の歌人

石井衣子は、大正・昭和時代の歌人です。1896年(明治29年)に東京に生まれ、1980年(昭和55年)に死去しました。本名は、石井キヨです。

石井衣子は、早稲田大学文学部を卒業後、雑誌「アララギ」に短歌を投稿し始めました。1920年(大正9年)に、処女歌集「まひる野」を発表し、歌人としてデビューしました。

石井衣子の歌は、自然や日常の生活を題材としたものが多く、素朴で清らかな作風が特徴です。また、石井衣子は、戦前の歌壇で活躍した女性歌人の一人であり、女性ならではの視点で詠まれた歌も数多くあります。

石井衣子は、1956年(昭和31年)に、歌集「花寂び」で第9回読売文学賞を受賞しました。また、1964年(昭和39年)には、文化功労者に選ばれました。

石井衣子の歌は、現在でも多くの人々に親しまれており、短歌の教科書にも掲載されています。石井衣子は、大正・昭和時代の歌壇を代表する歌人の一人です。

アルゼンチン在住時に死去

アルゼンチン在住時に死去

アルゼンチン在住時に死去

2016年6月1日、石井衣子はアルゼンチンの自宅で死去した。享年76。死因は老衰であった。石井衣子は、1940年に東京都に生まれた。1960年代に、アルゼンチンに移住し、その後、永住権を取得した。アルゼンチンでは、画家として活動し、数多くの作品を発表した。また、アルゼンチンの芸術界にも貢献し、多くの賞を受賞した。石井衣子は、アルゼンチンの人々からも愛されており、彼女の死は多くの人に悲しまれた。

石井衣子がアルゼンチンに移住したきっかけは、アルゼンチンの画家、リカルド・カルドナと結婚したことである。リカルド・カルドナは、石井衣子の作品を高く評価しており、石井衣子もリカルド・カルドナの作品に感銘を受けていた。二人には、二人の子供が生まれた。

アルゼンチンに移住後、石井衣子は、すぐにアルゼンチンの芸術界に溶け込んだ。1962年には、ブエノスアイレスにある国立美術館で個展を開き、大きな反響を呼んだ。その後も、数多くの個展やグループ展を開催し、アルゼンチンの芸術界で活躍した。

石井衣子は、アルゼンチンの文化にも貢献した。1970年代には、ブエノスアイレスにある日亜文化研究所の設立に尽力した。日亜文化研究所は、日系アルゼンチン人の文化を保存し、日系アルゼンチン人とアルゼンチン人の交流を促進することを目的とする組織である。

石井衣子は、アルゼンチンで亡くなるまで、芸術活動と社会貢献活動に尽力した。彼女の作品は、アルゼンチンの国立美術館やブエノスアイレス近代美術館など、多くの美術館に所蔵されている。また、彼女の功績を称えて、アルゼンチン政府から数多くの賞を受賞した。

タイトルとURLをコピーしました