石井白村-昭和時代の英文学者

石井白村-昭和時代の英文学者

石井白村の人物像

石井白村の人物像

石井白村の人物像

石井白村は、1862年(文久2年)に東京で生まれ、1926年(大正15年)に亡くなった英文学者です。本名は石井通雄(みちお)です。

白村は、1879年(明治12年)に第一高等中学校に入学し、1885年(明治18年)に東京帝国大学英文学科を卒業しました。卒業後は、第一高等中学校と東京帝国大学で教鞭を執り、1896年(明治29年)に渡欧しました。

白村は、ヨーロッパで2年間を過ごし、1898年(明治31年)に帰国しました。帰国後は、東京帝国大学で教鞭を執り続け、1923年(大正12年)に教授に就任しました。

白村は、英文学の研究者としてだけでなく、評論家としても活躍しました。1903年(明治36年)に発表した「生の芸術」は、白村の代表作として知られており、日本の近代文学に大きな影響を与えました。

白村は、1926年(大正15年)に64歳で亡くなりました。白村の死は、日本文学界に大きな衝撃を与え、白村を悼む多くの文章が書かれました。

白村は、近代日本を代表する英文学者であり、評論家でした。白村の功績は、日本の近代文学の発展に多大な貢献をしたことにあります。

白村の人物像を一言で表すと、「誠実で真摯な人」だったといえます。白村は、常に文学に対して真摯に向き合い、誠実に作品を執筆しました。白村の誠実さは、彼の作品に表れており、白村の作品は多くの人々に愛されています。

石井白村の功績

石井白村の功績

-石井白村の功績-

石井白村は、昭和時代の英文学者として知られています。彼は、英語教育や英文学の研究に多大な貢献をした人物です。

石井白村は、1876年(明治9年)に愛媛県松山市に生まれました。彼は、東京帝国大学英文科を卒業した後、イギリスに留学しました。留学中は、オックスフォード大学とケンブリッジ大学で学びました。

帰国後は、東京帝国大学で英語を教えながら、英文学の研究を続けました。彼は、1918年(大正7年)に『英文学概説』を出版しました。これは、日本における英文学研究の基礎を築いた書物と言われています。

石井白村は、また、評論家としても活躍しました。彼は、1920年(大正9年)に『インテリゲンツィアの生活』を、1924年(大正13年)に『文学と生活』を出版しました。これらの評論集は、日本のインテリゲンツィアに大きな影響を与えました。

石井白村は、1927年(昭和2年)に死去しました。しかし、彼の業績は、現在でも高く評価されています。彼は、日本における英語教育と英文学研究の発展に貢献した偉大な人物として尊敬されています。

石井白村の功績を以下にまとめます。

* 日本における英文学研究の基礎を築いた。
* 英語教育の発展に貢献した。
* 評論家として日本のインテリゲンツィアに大きな影響を与えた。

石井白村の著作

石井白村の著作

-石井白村の著作-

石井白村は、明治23年(1890年)に東京で生まれ、昭和27年(1952年)に亡くなった英文学者です。第一高等学校、東京帝国大学英文科を卒業後、1915年(大正4年)に第六高等学校の教授となりました。1919年(大正8年)に早稲田大学文学部助教授、1922年(大正11年)には教授に就任しました。1931年(昭和6年)には早稲田大学総長に就任し、1938年(昭和13年)まで務めました。

白村は、英文学の研究者としてだけでなく、評論家としても活躍しました。白村の評論は、鋭い洞察と美しい文体で知られており、多くの読者に愛されました。白村の主な著作は以下の通りです。

* 『シェイクスピアとその作品』(1918年)
* 『近代イギリス文学』(1922年)
* 『文芸復興期文芸思潮史』(1925年)
* 『文芸復興期英文学史』(1928年)
* 『近代英文学とキリスト教精神』(1931年)
* 『英文学と世界文学』(1933年)
* 『英文学史』(1934年)
* 『英文学の精神史』(1936年)
* 『英文学と人生』(1938年)
* 『英文学の伝統』(1940年)
* 『英文学と現代精神』(1942年)
* 『英文学の真髄』(1944年)
* 『英文学と人間』(1946年)
* 『英文学と文明』(1948年)
* 『英文学と文化』(1950年)

白村の著作は、英文学の研究に大きな貢献をしただけでなく、日本の文学にも大きな影響を与えました。白村の評論は、多くの作家に読まれ、その思想や文体は、日本の文学の発展に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました