暁鐘成(2代) – 江戸時代後期の戯作者

暁鐘成(2代) – 江戸時代後期の戯作者

暁鐘成(2代)の生涯

暁鐘成(2代)の生涯

暁鐘成(2代)の生涯

暁鐘成(2代)は、江戸時代後期の戯作者。本名は不明。生没年も不詳。蜀山人の門下生で、蜀山人の没後、蜀山人の号を継承した。
暁鐘成(2代)は、江戸で生まれました。幼い頃から蜀山人に師事し、戯作の道を学びました。蜀山人が没した後は、蜀山人の号を継承し、戯作者として活躍しました。
暁鐘成(2代)は、蜀山人と同様に、滑稽本や洒落本を多く書きました。彼の代表作には、『浮世風呂』、『浮世床』、『浮世床』などがあります。これらの作品は、当時の江戸の世相を風刺したもので、庶民の間で人気を博しました。
暁鐘成(2代)は、戯作者としてだけでなく、狂歌師としても活躍しました。彼は、狂歌の会を催したり、狂歌集を出版したりしました。彼の狂歌は、ユーモアに富んだもので、庶民の間で親しまれました。
暁鐘成(2代)は、享年70歳で亡くなりました。彼の死後、彼の作品は多くの戯作者に影響を与え、戯作の発展に貢献しました。

暁鐘成(2代)の作品

暁鐘成(2代)の作品

暁鐘成(2代)の作品

暁鐘成(2代)は、江戸時代後期の戯作者であり、本名は斎藤徳右衛門である。彼は、その名を轟かせた「暁鐘成(初代)」の養子であり、初代が亡くなった後、その名を継いで様々な作品を発表した。

暁鐘成(2代)の作品は、主に滑稽本や人情本であり、その作風は初代よりも庶民的であり、多くの人々に親しまれた。また、彼は合巻の作者としても知られ、その作品は江戸の庶民の生活や風俗を描いたものが多く、当時の江戸の世相を垣間見ることができる。

暁鐘成(2代)の代表作としては、以下の作品が挙げられる。

・滑稽本「仇討床机」
・人情本「善行浮世絵」
・合巻「椿説弓張月」
・合巻「春色梅児誉美」

これらの作品は、いずれも江戸時代の人々に愛され、広く読まれた。暁鐘成(2代)は、江戸時代後期の戯作者の中でも、庶民に親しまれた作家として知られ、その作品は現在でも読み継がれている。

暁鐘成(2代)の評価

暁鐘成(2代)の評価

暁鐘成(2代)の評価

暁鐘成(2代)は、江戸時代後期の戯作者であり、その作品は幅広い層に親しまれました。
その評価はまちまちであり、彼の作品には賛否両論がありました。

彼の作品は、当時の社会を風刺したものが多く、庶民の間で人気がありました。
しかし、その過激な内容から、幕府から弾圧を受け、彼の作品は発禁処分となりました。

その一方で、彼の作品は文学的に高い評価を受けており、現代でも多くの研究者が彼の作品について研究しています。

彼の作品は、江戸時代の社会風俗を知る上で貴重な資料となっており、その内容は現代にも通じるものがあります。
また、彼の作品は、そのユーモアと風刺のセンスから、多くの人々に愛されています。

彼の作品は、江戸時代後期の戯作界において、大きな影響を与えた作家であり、その評価は現在でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました