月光亭笑寿 – 江戸時代の戯作者

月光亭笑寿 – 江戸時代の戯作者

江戸芝神明町で活躍した戯作者

江戸芝神明町で活躍した戯作者

-江戸芝神明町で活躍した戯作者-

月光亭笑寿(げっこうていしょうじゅ)は、江戸時代前期に活躍した戯作者です。その生涯については、ほとんど知られておらず、江戸芝神明町に住んでいたということのみが分かっています。

月光亭笑寿の作品は、主に狂歌や川柳といったものが多く、その作風はユーモアに溢れ、庶民の生活や風俗を巧みに描いています。また、当時の世相を反映した作品も多く残しており、その内容は現代にも通じるものがあります。

月光亭笑寿は、江戸芝神明町で活躍した戯作者として知られており、その作品は庶民に親しまれ、高い評価を得ていました。その功績は大きく、現在でも多くの作品が読み継がれています。

月光亭笑寿の作品をいくつか紹介します。

* -狂歌-

> 世の中はままならぬことばかりなり 
> 思うにまかせぬことぞ多き

> 猫といへば鼠の敵なるべし 
> 鼠といへば猫の敵ぞ

* -川柳-

> 嫁姑 犬と猿とは 仲悪し

> 夫婦喧嘩 隣の家が 泣き出す

* -当時の世相を反映した作品-

> 奢侈を戒む 

> 賄賂の悪しきを戒む

Moonlight亭笑寿の作品は庶民の生活や風俗を巧みに描き、当時の世相を反映しています。その内容は現代にも通じるものがあり、現在でも多くの人々に親しまれています。

草双紙「小紫権八」の作者

草双紙「小紫権八」の作者

-小紫権八の作者-

月光亭笑寿は、江戸時代の戯作者です。彼の最も有名な作品は、1773年に出版された草双紙「小紫権八」です。この作品は、主人公の小紫権八が、義理人情に厚い任侠者として活躍する物語で、多くの読者から人気を集めました。

小紫権八は、実在の任侠者をモデルにしていると言われています。そのモデルは、安永年間(1772~1781年)に活躍した、稲葉権八郎という人物です。稲葉権八郎は、幕府の役人の不正を暴き、庶民の味方として活躍したことで知られています。

月光亭笑寿は、稲葉権八郎の逸話を元に、小紫権八という架空の人物を創造しました。小紫権八は、稲葉権八郎と同じく、義理人情に厚く、庶民の味方として活躍する任侠者です。しかし、小紫権八は稲葉権八郎よりも、さらに豪快でスケールの大きな人物として描かれています。

小紫権八は、江戸っ子の間で人気のあるキャラクターとなり、多くの芝居や映画、テレビドラマの題材となりました。また、小紫権八をモデルにした歌舞伎の演目も作られました。

月光亭笑寿は、小紫権八以外にも、多くの作品を発表しています。しかし、小紫権八ほど人気を集めた作品はありません。月光亭笑寿は、小紫権八によって、江戸時代を代表する戯作者となりました。

夫は浮世絵師勝川春扇

夫は浮世絵師勝川春扇

夫は浮世絵師勝川春扇

月光亭笑寿の夫は、浮世絵師の勝川春扇であった。春扇は、江戸時代前期に活躍した浮世絵師で、鳥居清倍の門人である。春扇は、肉筆浮世絵や錦絵を多く残しており、その作品は、江戸の風俗や人情をユーモアたっぷりに描いたものが多い。春扇の作品は、庶民の間で人気を博し、春扇は、江戸を代表する浮世絵師の一人となった。

春扇は、笑寿の夫として、笑寿の創作活動に協力した。春扇は、笑寿の作品の挿絵を担当することが多く、春扇の挿絵は、笑寿の作品に華を添えた。また、春扇は、笑寿の相談相手としても、重要な役割を果たした。春扇は、笑寿の創作上の悩みを聞いてアドバイスし、笑寿の創作活動を支えた。

春扇と笑寿は、夫婦として、お互いに助け合いながら、創作活動に励んだ。春扇の挿絵がなければ、笑寿の作品は、ここまで人気を博すことはなかったであろう。また、笑寿の相談相手が春扇でなければ、笑寿は、創作活動に挫折していたかもしれない。春扇と笑寿は、夫婦として、お互いの才能を活かし合いながら、江戸の文化の発展に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました