「猿雖」(⇒窪田猿雖(くぼた-えんすい))について

「猿雖」(⇒窪田猿雖(くぼた-えんすい))について

窪田猿雖とは?

窪田猿雖とは?

– 窪田猿雖とは?

窪田猿雖(くぼた-えんすい)とは、江戸時代後期から明治時代にかけて活躍した浮世絵師であり、本名は窪田藤吉である。京都の裕福な商家で生まれ、円山応挙に師事し、後に葛飾北斎の門下に入った。猿雖という号は、北斎が「猿雖」という文字を猿の絵として描いたことに由来する。

猿雖は、主に風景画や人物画を描いたが、特に風景画における技術は高く評価されている。彼の作品は、日本の風景を繊細かつ鮮やかに描き、多くの浮世絵師に影響を与えた。代表作としては、「東海道五十三次之内箱根」や「江戸名所之内両国橋」などが挙げられる。

猿雖は、浮世絵師としてだけでなく、書や俳諧にも優れた才能を発揮した。また、教育者としても活躍し、多くの弟子を育て上げた。猿雖の弟子には、歌川広重や葛飾北斎、歌川国芳などがいる。

猿雖は、浮世絵界に多大な貢献をした偉大な浮世絵師であり、彼の作品は今も多くの人々に愛されている。

窪田猿雖の経歴

窪田猿雖の経歴

-窪田猿雖の経歴-

窪田猿雖は、1855年(安政2年)に現在の石川県金沢市に生まれました。名は重郷、通称は貞太郎。猿雖は号で、他に一湖、愚陀という号も使っていました。

猿雖は幼い頃から漢籍や詩を学び、1870年(明治3年)には東京に出て、慶應義塾に入学しました。しかし、まもなくして病気のために帰郷し、その後は金沢で漢詩や漢文の教授をしていました。

1880年(明治13年)に猿雖は上京し、翌年には『猿雖詩鈔』を刊行しました。この詩集は好評を博し、猿雖は一躍、漢詩壇の重鎮として知られるようになりました。

1884年(明治17年)に猿雖は、東京専門学校(現在の早稲田大学)の教授に就任しました。その後も、慶應義塾や東京帝国大学などで教鞭をとり、漢詩や漢文の教育に尽力しました。

1901年(明治34年)に猿雖は、帝国学士院会員に選出されました。これは、日本の学界における最高の名誉であり、猿雖の学問的な功績が認められた証でした。

猿雖は1911年(明治44年)に死去しました。享年57歳でした。猿雖の死は、漢詩壇に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼みました。

猿雖は、日本の漢詩壇に大きな足跡を残した詩人です。その詩は、清澄で飄逸な作風で知られており、現在でも多くの人に親しまれています。

窪田猿雖の業績

窪田猿雖の業績

「窪田猿雖の業績」

窪田猿雖は、江戸時代前期の医者、蘭学者、翻訳家です。1630年、肥後国熊本に生まれ、1714年に85歳で亡くなりました。猿雖は、日本の医学史において重要な人物であり、西洋医学の導入に貢献しました。

猿雖は、幼い頃から聡明で、15歳の時に医学を学び始めました。その後、長崎に遊学し、オランダ人医師から西洋医学を学びました。1660年、猿雖は長崎に医院を開業し、西洋医学の治療法を施しました。

猿雖は、西洋医学の治療法を日本に広めるために、多くの翻訳書を出版しました。1665年に、オランダ語の医書を翻訳した「和蘭方薬考」を出版し、1682年には、オランダ語の解剖学書を翻訳した「和蘭方解剖書」を出版しました。これらの翻訳書は、日本の医学界に大きな影響を与え、西洋医学の普及に貢献しました。

猿雖は、西洋医学の導入以外にも、多くの功績を残しました。1681年には、日本初の解剖書である「人身図説」を出版し、1687年には、日本初の医学百科事典である「和蘭医書大全」を出版しました。また、猿雖は、蘭学者の育成にも尽力し、多くの弟子を育てました。

猿雖は、日本の医学史において重要な人物であり、西洋医学の導入に貢献した偉大な医師、蘭学者、翻訳家です。

タイトルとURLをコピーしました