– 「燕石」(富永燕石)

– 「燕石」(富永燕石)

富永燕石とは?

富永燕石とは?

富永燕石とは?

富永燕石(とみなが えんせき、1875年3月15日 – 1943年11月8日)は、明治から昭和時代の作家、翻訳家、ジャーナリスト。第二次世界大戦前、大日本女性会会長代理(会長は旧皇室の皇族)、中央職業紹介所(厚生省)所長、全国労務部長会議会長、全日本失業者救済同盟員、日本国民同盟々議長、大日本国民同盟議長などを務めた。

燕石は、1875年(明治8年)3月15日、京都府京都市下京区油小路通綾小路下ル綾小路町(現・京都市下京区綾小路通仏光寺下ル綾小路町)に生まれた。本名は富永庄太郎(とみなが しょうたろう)。父は富永庄蔵。祖父は富永信蔵。信蔵は、京都府平民株仲間頭取、京都府庶民相談所世話掛、京都府平民株仲間御用掛、京都府平民株仲間頭取、第11代京都府民政長官、京都府長官代理、京都府平民株仲間頭取、第12代京都府平民株仲間頭取を務めた。

燕石は、1882年(明治15年)に京都府立京都師範学校附属小学校に入学。1887年(明治20年)に同校を卒業。1889年(明治22年)に京都府立京都第一中学校に入学。1892年(明治25年)に同校を卒業。1893年(明治26年)に東京帝国大学法科大学に入学。1897年(明治30年)に同大学を卒業。

燕石は、1898年(明治31年)に朝日新聞社に入社。1901年(明治34年)に退社。1902年(明治35年)に日本経済雑誌社に入社。1903年(明治36年)に退社。1904年(明治37年)に毎日新聞社に入社。1906年(明治39年)に退社。1907年(明治40年)に東京日日新聞社に入社。1911年(明治44年)に退社。

燕石は、1912年(大正元年)に国民新聞社を設立。1914年(大正3年)に同社を解散。1915年(大正4年)に大日本帝国臣民同盟を結成。1916年(大正5年)に同同盟を解散。1917年(大正6年)に日本国民同盟を結成。1919年(大正8年)に同同盟を解散。1920年(大正9年)に全日本失業者救済同盟を結成。1921年(大正10年)に同同盟を解散。1922年(大正11年)に中央職業紹介所を設立。1923年(大正12年)に同所を解散。1924年(大正13年)に大日本国民同盟を結成。1925年(大正14年)に同同盟を解散。1926年(大正15年)に日本国民同盟を結成。1927年(昭和2年)に同同盟を解散。

燕石は、1928年(昭和3年)に国民新聞社を再設立。1929年(昭和4年)に同社を解散。1930年(昭和5年)に大日本女性会会長代理に就任。1931年(昭和6年)に同会を退任。1932年(昭和7年)に中央職業紹介所所長に就任。1933年(昭和8年)に同所を退任。1934年(昭和9年)に全国労務部長会議会長に就任。1935年(昭和10年)に同会を退任。1936年(昭和11年)に全日本失業者救済同盟員に就任。1937年(昭和12年)に同同盟を退任。1938年(昭和13年)に日本国民同盟々議長に就任。1939年(昭和14年)に同同盟を退任。1940年(昭和15年)に大日本国民同盟議長に就任。1941年(昭和16年)に同同盟を退任。

燕石は、1943年(昭和18年)11月8日に東京府東京市本郷区向丘(現・東京都文京区向丘)で死去。享年68。

富永燕石の生涯

富永燕石の生涯

-富永燕石の生涯-

富永燕石は、1871(明治4)年8月19日、東京府麹町猿楽町(現在の東京都千代田区猿楽町)に生まれた。父は富永嘉吉(不倒)、母はひさ。燕石は、嘉吉の三男四女の長男であった。

燕石は、1878(明治11)年に麹町小学校に入学し、1884(明治17)年に東京府尋常中学校(のちの東京府立第一中学校、現在の東京都立日比谷高等学校)に進学した。中学時代には、英語を学び、キリスト教に興味を持った。また、文学にも親しみ、夏目漱石の『吾輩は猫である』や森鴎外の『舞姫』などを読み耽った。

1890(明治23)年に、燕石は第一高等学校に入学した。一高時代には、文学部哲学科の主任教授である井上哲次郎に師事し、哲学を学んだ。また、夏目漱石や正岡子規などの文学者とも交流を持った。

1894(明治27)年に、燕石は東京帝国大学文学部哲学科に進学した。大学時代には、井上哲次郎の指導のもと、哲学と美学を学んだ。また、夏目漱石の門下生となって、小説の執筆を始めた。

1897(明治30)年に、燕石は大学を卒業し、第一高等学校の教授に就任した。1900(明治33)年には、東京帝国大学文学部助教授に転任した。1905(明治38)年には、同大教授に昇進した。

燕石は、1911(明治44)年に、東京帝国大学を退職し、私塾「燕石塾」を開設した。燕石塾は、哲学と文学を学ぶ学生たちに大きな影響を与えた。

燕石は、1946(昭和21)年11月10日に、東京で死去した。享年75。

燕石は、日本の近代哲学と文学の発展に大きな貢献をした人物である。その思想と文学は、現在でも多くの研究者に読み継がれている。

富永燕石の功績

富永燕石の功績

富永燕石の功績

富永燕石は、日本の哲学者、評論家、翻訳家です。1876年(明治9年)に東京府に生まれ、1960年(昭和35年)に死去しました。

燕石は、東京帝国大学で哲学を学び、卒業後は東京専門学校(現・早稲田大学)で教鞭を執りました。その後、雑誌『太陽』の編集長を務め、また『中央公論』、『改造』などの雑誌にも寄稿しました。

燕石は、西洋の哲学や思想を日本に紹介する役割を果たしました。また、日本の文化や社会を批判し、新しい価値観を提唱しました。燕石の思想は、多くの知識人や文化人に影響を与えました。

燕石の功績は、大きく分けて3つあります。

1つは、西洋の哲学や思想を日本に紹介したこと。燕石は、プラトン、アリストテレス、デカルト、カントなどの西洋の哲学者を紹介しました。また、マルクス、ニーチェ、ベルグソンなどの思想家も紹介しました。燕石の翻訳は、日本の知識人に大きな影響を与えました。

2つは、日本の文化や社会を批判したこと。燕石は、日本の文化や社会を「封建的」「非合理的」として批判しました。また、日本の教育制度や政治制度も批判しました。燕石の批判は、日本の知識人に大きな衝撃を与えました。

3つは、新しい価値観を提唱したこと。燕石は、「個人主義」「民主主義」「科学主義」などの新しい価値観を提唱しました。また、日本の文化や社会を「近代化」すべきだと主張しました。燕石の提唱した価値観は、日本の知識人や文化人に大きな影響を与えました。

富永燕石は、日本の思想界に大きな足跡を残した人物です。燕石の思想は、今日でも多くの知識人や文化人に影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました