「会田安昌」1832-1895 幕末-明治時代の歌人,国学者

「会田安昌」1832-1895 幕末-明治時代の歌人,国学者

会田安昌の生涯と功績

会田安昌の生涯と功績

会田安昌の生涯と功績

会田安昌は、1832年に備中松山藩(現在の岡山県高梁市)に生まれました。幼名は正太郎。父は儒者であり、安昌も幼い頃から学問に親しみました。10歳のときに藩校の松涛館に入学し、儒学や国学を学びました。18歳で江戸に出て、佐藤信淵や大国隆正に師事して、さらに学問を深めました。

安昌は、特に国学に関心を持ち、古代の日本文学や歴史を研究しました。1862年、安昌は、尊王攘夷運動に参加し、長州藩の奇兵隊に参加しました。しかし、後に尊王攘夷運動を批判し、倒幕運動に参加しました。1867年、安昌は、新政府の官吏となり、民部省に出仕しました。

安昌は、明治維新後に、国学の研究に専念しました。1879年、安昌は、「古事記伝」を完成させました。「古事記伝」は、古事記の注釈書であり、安昌の代表作です。また、安昌は、和歌にも優れ、多くの和歌を残しています。1895年、安昌は、63歳で亡くなりました。

安昌は、国学の研究に大きな功績を残した人物です。「古事記伝」は、古事記の研究に大きな影響を与え、今日でも広く読まれています。また、安昌の和歌は、多くの歌人に影響を与えています。安昌は、明治時代の国学の代表的な人物であり、日本の文化に大きな貢献をした人物です。

会田安昌の歌集「会田安昌歌抄」

会田安昌の歌集「会田安昌歌抄」

-会田安昌の歌集「会田安昌歌抄」-

会田安昌は、幕末から明治時代にかけて活躍した歌人、国学者です。越後国長岡藩(現在の新潟県長岡市)の儒者・会田重行の子として生まれ、幼い頃から和歌を学びました。藩校である藩学所林泉園で学び、18歳の時に藩主の侍講となりました。

安昌は、和歌の伝統を復興することを目指し、1868年に歌集「会田安昌歌抄」を出版しました。この歌集は、安昌が18歳から30歳までの間に詠んだ和歌を集めたもので、4巻から構成されています。

歌集には、安昌の故郷である越後の自然を詠んだ歌や、歴史上の人物を詠んだ歌、恋愛の歌など、さまざまなジャンルの和歌が収録されています。安昌の歌は、平明な言葉で詠まれ、庶民の生活や感情をありのままに表現しています。

「会田安昌歌抄」は、安昌の和歌の代表作として知られており、多くの研究者や歌人に影響を与えました。また、この歌集は、明治時代の和歌の復興に貢献したとして、高く評価されています。

「会田安昌歌抄」には、以下の歌が収録されています。

* 「武蔵野は けふも秋の 夕暮れ かぜにそよぐ 荻の花うた」
* 「ふるさとの 山に夕日の かげるかな 雲井にほふ 秋の月かげ」
* 「恋ひしくば かみゆべしなり おく山の もみぢにぬれて ぬるる袖かな」
* 「いくさする 人々のこゑ きこゆなり むかしの跡と 今はなりけり」

これらの歌は、安昌の豊かな感性と和歌の才能をうかがわせるものです。「会田安昌歌抄」は、安昌の和歌の代表作として、今後も長く読み継がれることでしょう。

会田安昌の歌風の特色

会田安昌の歌風の特色

会田安昌の歌風の特色

会田安昌は、幕末から明治時代にかけて活躍した歌人であり、国学者でもありました。彼の歌は、伝統的な和歌の韻律や文法を尊重しながらも、斬新な表現や比喩を用いており、独特の歌風を確立しています。

会田安昌の歌の特徴の一つは、彼の鋭敏な観察眼です。彼は、自然の美しさを細部まで描写し、その美しさを余すことなく表現しています。また、彼は、人間の情念や心の動きを巧みに歌い上げ、読者に強い印象を与えています。

もう一つの特徴は、彼の豊かな想像力です。彼は、和歌の伝統的な題材にとらわれず、新しい題材や新しい表現に挑戦しました。また、彼は、和歌の形式に縛られず、自由な発想で歌を詠みました。

会田安昌の歌は、伝統と革新を兼ね備えた独特の歌風であり、多くの歌人に影響を与えました。彼の歌は、明治時代の歌壇において重要な役割を果たし、日本の和歌の歴史に大きな足跡を残しました。

会田安昌の歌風の特色を具体的に示すために、彼の代表的な歌を一つ紹介します。

「春の野に 霞たなびき 花さきて 郭公の声そらに満つ」

この歌は、春の野の美しい情景を詠んだ歌です。霞がたなびく春の野に、花が咲き乱れ、郭公の声が空に満ちています。この歌は、会田安昌の鋭敏な観察眼と豊かな想像力が生み出した名作です。

会田安昌の歌は、その独特の歌風と美しい表現によって、多くの人々に愛されています。彼の歌は、日本文学の宝であり、これからも長く読み継がれていくことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました