「赤松祐以」

 「赤松祐以」

赤松祐以の生涯

赤松祐以の生涯

赤松祐以の生涯

赤松祐以は、日本の政治家。参議院議員(3期)、第2代衆議院議長(在任1903年12月28日 – 1907年5月15日)を務めた。

1838年(天保9年)、岡山県倉敷市に生まれる。1863年(文久3年)、江戸に出て、緒方洪庵の適塾で学ぶ。1867年(慶応3年)、戊辰戦争に薩摩藩側として参加。箱館戦争では、榎本武揚率いる旧幕府軍の降伏交渉を担当した。

1871年(明治4年)、廃藩置県により、岡山県の県令に任命される。1872年(明治5年)、参議院議員に当選。1873年(明治6年)、第1次伊藤内閣の文部卿に任命される。翌年、内閣総理大臣に昇進。

1878年(明治11年)、第2次伊藤内閣の蔵相に任命される。1881年(明治14年)、第3次伊藤内閣の内閣顧問に任命される。1885年(明治18年)、第1次松方内閣の文部大臣に任命される。

1890年(明治23年)、第2次松方内閣の司法大臣に任命される。1892年(明治25年)、第2次伊藤内閣の文部大臣に任命される。1898年(明治31年)、第3次伊藤内閣の枢密顧問官に任命される。

1900年(明治33年)、第4次伊藤内閣の枢密院議長に任命される。1901年(明治34年)、第1次桂内閣の枢密院議長に任命される。1903年(明治36年)、第2次桂内閣の衆議院議長に任命される。1907年(明治40年)、衆議院議長を辞任。1911年(明治44年)、死去。74歳没。

赤松祐以の和歌

赤松祐以の和歌

-# 赤松祐以の和歌

赤松祐以は、『防州入道』と呼ばれる歌人で、阿波国(現在の徳島県)の領主・赤松則村の嫡男として生まれました。生まれ年は不詳ですが、1333年(元弘3年)には『防州入道』として、後醍醐天皇に忠誠を誓い、楠木正成に従い、鎌倉幕府打倒のために戦いました。鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇が建武の新政を開始すると、祐以は阿波国守護(阿波国統治の長官)に任命されました。しかし、建武の新政は足利尊氏の反乱により失敗し、後醍醐天皇は京都から吉野へ逃れました。祐以も尊氏に従いましたが、後に尊氏を離れ、吉野へ逃れた後醍醐天皇に合流しました。

祐以は、和歌にも優れ、『防州入道集』などに多くの歌が残されています。祐以の歌は、質実剛健で、男性的でダイナミックな表現が特徴です。また、祐以は、和歌に独自の和歌論を展開しており、和歌は「人の心を動かすもの」であると主張しています。祐以の和歌は、後世の歌人に大きな影響を与えました。

祐以の代表的な歌の一つに、「世の中は常なきものと知りながら老いせぬ人の心なりけり」があります。この歌は、世の中は常に変化しており、永遠に変わらないものはないということを知りながら、人は歳をとってもなお、老いずにいたいと願う心の愚かさを詠んだものです。祐以のこの歌は、人間の普遍的な心情を巧みに表現しており、多くの人々に共感されています。

祐以は、1384年(永徳4年)に死去しました。享年不明。祐以の死後、祐以の和歌は、『防州入道集』などにまとめられ、後世に伝えられました。祐以の和歌は、現在でも多くの人々に愛されており、日本の和歌史において重要な位置を占めています。

赤松祐以の書簡

赤松祐以の書簡

-赤松祐以-

-赤松祐以の書簡-

赤松祐以(1339-1428)は、室町時代の武将・守護大名です。赤松氏の第9代当主であり、播磨国守護を務めました。室町幕府の重臣として活躍し、応仁の乱では東軍の総大将を務めました。

赤松祐以は、書簡を多く残しています。それらの書簡は、彼の政治思想や人物像を知る上で貴重な資料となっています。

赤松祐以の書簡の中で最も有名なものは、応仁の乱の際に山名宗全に宛てた書簡です。この書簡の中で、赤松祐以は、山名宗全を「天下第一の奸賊」と罵倒し、山名宗全が将軍・足利義政を廃し、自ら将軍になろうとしていると非難しています。

赤松祐以の書簡は、彼の率直な物言いと、政治に対する強い信念をうかがうことができます。また、赤松祐以の書簡は、応仁の乱当時の政治状況を理解する上で貴重な資料となっています。

赤松祐以の書簡は、以下のような内容です。

* 室町幕府の政治を批判する内容
* 山名宗全を非難する内容
* 赤松氏の家督争いに関する内容
* 赤松祐以の個人的な生活に関する内容

赤松祐以の書簡は、室町時代の政治史や社会史を研究する上で重要な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました