塩谷鵜平 – 明治時代から昭和時代前期の俳人

塩谷鵜平 – 明治時代から昭和時代前期の俳人

明治10年生まれの俳人

明治10年生まれの俳人

-明治10年生まれの俳人-

塩谷鵜平は、明治10年(1877年)に三重県に生まれた俳人です。本名は塩谷卯之輔といい、号は鵜平のほか、碧山、青峰、離合也などを用いました。

鵜平は、幼い頃から俳句に興味を持ち、15歳のときに初めて俳句を詠みました。その後、上京して俳句の勉強を始め、正岡子規や高浜虚子などの俳人と交流しました。

明治37年(1904年)、鵜平は俳句結社「ホトトギス」に入会し、俳句の指導を受けました。翌年には、虚子の勧めで「馬酔木」を創刊し、主宰を務めました。

馬酔木は、新傾向俳句の結社として知られ、俳壇に大きな影響を与えました。鵜平は、馬酔木の主宰として、新傾向俳句の普及に努め、多くの俳人を育てました。

鵜平の俳句は、写生を重んじ、自然の美しさや人間の生活を詠んだものが多くあります。また、ユーモアのある俳句も得意としました。

鵜平は、昭和23年(1948年)に72歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも多くの人に親しまれています。

鵜平は、明治から昭和にかけて活躍した俳人であり、新傾向俳句の普及に貢献した人物です。その作品は、現在でも多くの人に親しまれています。

自由律俳句を創出した先駆者

自由律俳句を創出した先駆者

-自由律俳句を創出した先駆者-

塩谷鵜平(えんどう うへい、1859年-1932年)は、明治時代から昭和時代前期の俳人。号は鵜童(うどう)。自由律俳句を創出した先駆者として知られる。

鵜平は、1859年、現在の東京都八王子市に生まれた。幼い頃から俳句に親しみ、1889年には「俳諧新報」を創刊。明治時代初期の俳壇で活躍した。

鵜平は、伝統的な五・七・五の定型にこだわらず、自由な句作を主張。1903年に発表した「自由俳句」は、俳句の常識を覆すもので、大きな反響を呼んだ。

鵜平は、自由律俳句の創始者として知られるが、その句風は写生を重視したもので、自然の美しさや人間の心の動きをありのままに詠んだ。また、社会問題を詠んだ句も多く、社会派俳人としても知られている。

鵜平は、1932年にこの世を去ったが、その自由律俳句の精神は、後の俳人に大きな影響を与えた。

鵜平の代表作には、以下の句がある。

* 夕焼け雲 燃え尽きて空に 灰となる

* 雪ふる夜 ひとり灯かげに 影ぼうし

* 戦争の 跡にのこりし さびしさよ

鵜平は、自由律俳句の創始者として、日本の俳句の歴史に大きな足跡を残した俳人である。

『土』という生涯続けた個人誌

『土』という生涯続けた個人誌

-『土』という生涯続けた個人誌-

塩谷鵜平は、明治時代から昭和時代前期の俳人です。1878年、現在の静岡県浜松市に生まれ、1956年に亡くなりました。本名は塩谷平太郎です。

鵜平は、1905年に俳誌「ホトトギス」に投句し、正岡子規に認められました。その後、「ホトトギス」に句を発表し続け、1912年には「ホトトギス」の同人となりました。

鵜平は、1919年に個人誌「土」を創刊しました。「土」は、1954年まで発行され、鵜平が亡くなるまで生涯続いた個人誌となりました。「土」には、鵜平の句のほか、評論や随筆が掲載されました。

「土」は、鵜平の俳句の思想を反映した個人誌でした。鵜平は、俳句は「土」に根ざしたものであると唱え、句に「土の香」を表現することを目指しました。

鵜平の句は、写生を重視した写生俳句であり、自然の美しさをありのままに表現した句が特徴です。また、鵜平の句は、庶民の生活や社会問題を詠んだ社会俳句も多く、庶民の生活に寄り添った俳人でもありました。

鵜平は、1956年に亡くなりましたが、その俳句は今も多くの人々に愛されています。「土」は、鵜平の俳句の思想を知るための貴重な資料であり、鵜平の句を学ぶ上で欠かせない存在となっています。

タイトルとURLをコピーしました