扇谷正造 – 昭和時代の革新的なジャーナリスト

扇谷正造 – 昭和時代の革新的なジャーナリスト

新聞記者から週刊誌編集長へ

新聞記者から週刊誌編集長へ

-新聞記者から週刊誌編集長へ-

扇谷正造は、1907年(明治40年)に長野県で生まれた。早稲田大学政治経済学部を卒業後、1931年(昭和6年)に毎日新聞社に入社。社会部記者として活躍し、1937年(昭和12年)には、二・二六事件の真相究明に尽力した。

1945年(昭和20年)に毎日新聞社を退社し、翌1946年(昭和21年)に週刊誌「サンデー毎日」の編集長に就任した。サンデー毎日を日本を代表する週刊誌に育て上げた扇谷は、その後、1952年(昭和27年)に独立し、出版社「サンデー毎日社」を設立した。

扇谷は、ジャーナリストとして、社会正義と民主主義を追求し続けた。また、優れた経営者でもあり、サンデー毎日社を日本有数の出版社に成長させた。

1981年(昭和56年)にサンデー毎日社を退社し、相談役に就任。1984年(昭和59年)に死去した。享年77。

-扇谷正造のジャーナリズム-

扇谷正造は、ジャーナリストとして、社会正義と民主主義を追求し続けた。扇谷は、新聞記者時代から、権力者の不正を暴く記事を数多く執筆した。また、サンデー毎日編集長時代には、数多くのスクープ記事を掲載し、社会に大きな影響を与えた。

扇谷のジャーナリズムの原点は、早稲田大学在学中に学んだマルクス主義にあった。扇谷は、マルクス主義を、社会正義を実現するための思想としてとらえていた。扇谷は、ジャーナリストとして、社会の矛盾や不正を暴くことで、社会正義を実現しようとしたのである。

扇谷のジャーナリズムは、権力者から強い反発を受けた。扇谷は、数多くの名誉毀損裁判で訴えられたが、いずれも勝訴した。扇谷のジャーナリズムは、社会正義と民主主義を守るために必要なものだったからである。

-扇谷正造の経営者としての才能-

扇谷正造は、優れた経営者でもあった。扇谷は、サンデー毎日社を日本有数の出版社に成長させた。扇谷は、経営者として、常に新しいことに挑戦し続けた。扇谷は、1952年(昭和27年)に、日本初の週刊カラーグラフ誌「週刊サンケイ」を創刊した。また、1955年(昭和30年)には、日本初の週刊女性誌「週刊明星」を創刊した。

扇谷の経営者としての才能は、サンデー毎日社を日本有数の出版社に成長させたことからも明らかである。扇谷は、経営者として、常に新しいことに挑戦し続けた。扇谷の経営者としての才能は、サンデー毎日社を日本有数の出版社に成長させ、日本のジャーナリズムの発展に大きく貢献した。

週刊誌ジャーナリズムの新境地を開拓

週刊誌ジャーナリズムの新境地を開拓

週刊誌ジャーナリズムの新境地を開拓

扇谷正造は、週刊誌ジャーナリズムの新境地を開拓した革新的なジャーナリストです。1903年(明治36年)に京都府に生まれ、1926年(大正15年)に東京帝国大学法学部を卒業後、毎日新聞社に入社します。毎日新聞社では、社会部記者として活躍し、1934年(昭和9年)に「週刊サンデー毎日」の創刊に携わります。

「週刊サンデー毎日」は、扇谷正造が編集長を務め、創刊からわずか数カ月で発行部数を100万部以上に伸ばしました。扇谷正造は、ジャーナリズムの基本である「事実を明らかにする」ということにこだわり、社会問題や政治問題を積極的に取り上げました。また、扇谷正造は、ユーモアや風刺を駆使した記事を掲載し、読者を惹きつけました。

扇谷正造の編集方針は、当時の週刊誌ジャーナリズムに大きな影響を与え、週刊誌が社会問題や政治問題を積極的に取り上げるようになったのは、扇谷正造の功績によるところが大きいと言えます。扇谷正造は、1962年(昭和37年)に「週刊サンデー毎日」の編集長を辞任しましたが、その後もジャーナリストとして活躍を続け、1975年(昭和50年)に文化功労者に選ばれました。

扇谷正造は、週刊誌ジャーナリズムの新境地を開拓した革新的なジャーナリストです。扇谷正造の功績は、現代のジャーナリズムにも大きな影響を与えています。

菊池寛賞受賞と学芸部長への就任

菊池寛賞受賞と学芸部長への就任

-菊池寛賞受賞と学芸部長への就任-

1953年、扇谷正造は、菊池寛賞を受賞しました。菊池寛賞は、芸術・文化・ジャーナリズムの分野で活躍した個人または団体に贈られる賞であり、扇谷正造が受賞したのは、ジャーナリストとしての功績を評価されてのことでした。

扇谷正造は、菊池寛賞を受賞した翌年、朝日新聞の学芸部長に就任しました。学芸部長は、朝日新聞の文化・芸術面を担当する部門の責任者であり、扇谷正造は、この職務において、朝日新聞の文化・芸術報道に大きな影響を与えました。

扇谷正造は、学芸部長として、文化・芸術の分野で活躍する人材を積極的に発掘・育成し、朝日新聞の文化・芸術報道に新しい風を吹き込みました。また、扇谷正造は、文化・芸術の分野に関する評論やエッセイを執筆し、文化・芸術の普及と発展に貢献しました。

扇谷正造は、学芸部長を退任した後も、文化・芸術の分野で活躍し続け、1989年に文化功労者に選ばれました。扇谷正造は、文化・芸術の分野に大きな功績を残したジャーナリストであり、その功績は、現在でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました