鶯卿 – 江戸時代後期の俳人

鶯卿 – 江戸時代後期の俳人

鶯卿の生涯と背景

鶯卿の生涯と背景

鶯卿の生涯と背景

鶯卿は、江戸時代後期の俳人です。本名は大久保浩輔(ひろすけ)といい、1803年(享和3年)に江戸の町人家庭に生まれました。幼少の頃から俳諧を学び、1820年(文政3年)に18歳で俳諧師として名を連ねました。鶯卿の俳風は、師匠の其角(きかく)の影響を受け、芭蕉の写実的な俳風を尊重したものでした。また、鶯卿は漢学にも通じており、その知識を生かして俳句に独自の風情を吹き込みました。

鶯卿は、俳人として活躍する傍ら、幕府の役人としても仕えていました。1831年(天保2年)に大久保家の家督を継ぎ、1841年(天保12年)には寺社奉行に任命されました。寺社奉行は、寺社に関する行政を司る役職で、鶯卿は幕府の宗教政策を担う重要な立場に就きました。鶯卿は、寺社奉行として辣腕を振るい、寺社の改革に尽力しました。

鶯卿は、俳人として、寺社奉行として、幕末の動乱期に活躍した人物でした。鶯卿の俳句は、写実的でありながらも独自の風情があり、現在でも多くの俳句ファンに愛されています。また、鶯卿は寺社奉行として、寺社の改革に尽力し、幕府の宗教政策を支えました。鶯卿は、江戸時代後期の俳壇と政界に大きな足跡を残した人物です。

守村抱儀との関係と小沢何丸への師事

守村抱儀との関係と小沢何丸への師事

– 守村抱儀との関係と小沢何丸への師事

鶯卿は、江戸時代後期の俳人です。本名は守村唯行といい、現在の静岡県浜松市中区に生まれました。18歳で江戸に出て、守村抱儀に師事しました。抱儀は、当時の俳壇を代表する俳人の一人であり、鶯卿は抱儀から俳諧の基礎を学びました。

鶯卿は、抱儀に師事した後に、小沢何丸にも師事しました。何丸は、蕉風俳諧を復興した俳人で、鶯卿は何丸から蕉風俳諧の精神を学びました。鶯卿は、抱儀と何丸の両師から俳諧を学び、独自の俳風を確立しました。

鶯卿の俳風は、写生を重んじるものでした。鶯卿は、自然をありのままに写し取ることを心がけ、素朴で写実的な俳句を詠みました。また、鶯卿は、滑稽や風刺を交えた俳句も詠みました。鶯卿の俳句は、当時の俳壇で高く評価され、多くの弟子を輩出しました。

鶯卿は、1830年に63歳で亡くなりました。鶯卿の死後、鶯卿の俳句は、多くの俳人に影響を与え続けました。鶯卿の俳句は、現代でも多くの人に親しまれています。

兄の蔵書に基づく「女百人一句」の編纂

兄の蔵書に基づく「女百人一句」の編纂

– 鶯卿 – 江戸時代後期の俳人

鶯卿(おうけい、1745年 – 1815年)は、江戸時代後期の俳人、狂歌師、浮世草子作者である。書林として出版にも携わった。

鶯卿は、江戸の両国に生まれた。父は江戸の町人、母は越後国古志郡神保村(現在の新潟県長岡市)の出身である。鶯卿は、幼い頃から学問を好み、10代の頃から俳諧を始めた。

1780年(安永9年)、鶯卿は兄の蔵書に基づいて「女百人一句」を編纂した。これは、古今和歌集から平安時代末期までの女性歌人の和歌100首を集めたもので、和歌の鑑賞や和歌の学習に役立つ書物として広く利用された。

鶯卿は、作風として、風流で清雅な作風を特徴とした。また、狂歌や浮世草子も数多く著しており、江戸時代の庶民文化を伝える貴重な資料となっている。

1815年(文化12年)、鶯卿は江戸で死去した。享年71歳。

– 兄の蔵書に基づく「女百人一句」の編纂

鶯卿が編纂した「女百人一句」は、兄の蔵書に基づいている。鶯卿の兄は、書物を好んで収集しており、鶯卿は兄の蔵書の中から和歌100首を選び出して「女百人一句」を編纂した。

「女百人一句」に収録された和歌は、古今和歌集から平安時代末期までの女性歌人の和歌である。これら和歌は、恋、別れ、四季の移り変わり、自然の美しさなど、さまざまなテーマを歌っており、日本人の豊かな情感が込められている。

「女百人一句」は、和歌の鑑賞や和歌の学習に役立つ書物として広く利用された。また、この書物は、江戸時代の庶民文化を伝える貴重な資料ともなっている。

鶯卿が編纂した「女百人一句」は、現在でも多くの図書館や大学で所蔵されており、和歌を学ぶ人や和歌に興味を持つ人が訪れる人気のある書物となっている。

タイトルとURLをコピーしました