貝増卓袋 – 江戸時代前期~中期の俳人

貝増卓袋 – 江戸時代前期~中期の俳人

貝増卓袋の生涯

貝増卓袋の生涯

貝増卓袋の生涯

貝増卓袋は、江戸時代前期から中期に活躍した俳人です。1661年、京都で生まれたと言われています。本名は森川佐兵衛で、俳号は卓袋の他に可袋、水善坊、蓬草軒などを使用しました。

卓袋は、若くして俳諧を学び始め、20歳の頃に松尾芭蕉の門下に入りました。芭蕉の没後は、門弟たちと「蕉門十哲」の一人として活躍しました。

卓袋は、蕉風を継承しつつ、独自の俳風を確立しました。その俳風は、芭蕉の写生を重視した俳風とは異なり、より主観的な抒情性が強いのが特徴です。卓袋は、生活のなかで見つけた些細な事柄を題材にして、俳句を詠みました。その俳句は、素朴でありながら、味わい深いものが多いです。

卓袋は、1736年に亡くなりました。享年76歳でした。卓袋の死後、その俳風は、門弟たちによって引き継がれました。卓袋の俳句は、江戸時代中期以降の俳壇に大きな影響を与えました。

卓袋の代表作としては、以下のものがあります。

* 「花や蝶や小鳥の躍る春の野」
* 「稲妻やその影走る夏野かな」
* 「菊の花露にぬれたる秋の暮」
* 「松風の音に眠れば冬の夜」

これらは、卓袋の俳風の特色をよく表した作品です。

貝増卓袋の俳句の特徴

貝増卓袋の俳句の特徴

-貝増卓袋の俳句の特徴-

貝増卓袋は、江戸時代前期~中期の俳人です。江戸の生まれで、本名は鈴木弥兵衛といい、俳諧師としては二世其角に師事しました。卓袋は、師匠である其角の影響を強く受けており、その俳句は写生性を重んじるものとなっています。

卓袋の俳句の特徴は、以下の通りです。

・写生性を重んじている
・季語を効果的に用いている
・比喩や掛詞を多用している
・軽妙洒脱な作風

卓袋の俳句は、写生性を重んじているため、日常の何気ない光景をそのまま俳句に詠んでいます。このため、卓袋の俳句は、臨場感があり、読者にその情景をありありとイメージさせることができます。

また、卓袋は、季語を効果的に用いています。季語は、俳句においては重要な要素ですが、卓袋は、季語を単なる装飾としてではなく、俳句の内容を深めるために用いています。

さらに、卓袋は、比喩や掛詞を多用しています。比喩や掛詞は、俳句をより豊かに表現するための技法ですが、卓袋は、これらの技法を巧みに使いこなしています。

卓袋の俳句は、軽妙洒脱な作風です。卓袋の俳句は、難しい言葉や言い回しを使わず、誰でもわかりやすい言葉で詠まれています。また、卓袋の俳句には、軽妙洒脱なユーモアが感じられます。

卓袋の俳句は、写生性を重んじ、季語を効果的に用い、比喩や掛詞を多用し、軽妙洒脱な作風が特徴です。卓袋の俳句は、江戸時代の人々に広く愛され、現代でも多くの人々に親しまれています。

貝増卓袋の主要作品

貝増卓袋の主要作品

– 貝増卓袋の主要作品

貝増卓袋は、江戸時代前期~中期の俳人であり、享保元禄時代の代表的な俳人として知られています。卓袋の俳句は、軽妙洒脱でありながら、奥行きのある味わいを持ち合わせているのが特徴です。また、新傾向を取り入れようとする意欲的な姿勢が感じられます。卓袋の主な作品を紹介します。

-# 俳諧七部集

俳諧七部集とは、江戸時代前期の俳諧師である松尾芭蕉とその門弟によって編纂された七つの俳諧集の総称です。卓袋は、蕉門十哲の一人に数えられており、この俳諧七部集にも作品が収められています。

俳諧七部集に収められた卓袋の作品は、その軽妙洒脱な味わいと奥行きのある味わいが特徴です。また、芭蕉の指導のもとで得た新傾向を取り入れようとする意欲的な姿勢が感じられます。

-# 貝増卓袋集

貝増卓袋集は、卓袋の俳句をまとめた句集です。この句集には、卓袋の俳諧七部集に収められた作品に加えて、卓袋自身の選による作品も収められています。

貝増卓袋集は、卓袋の俳句を理解する上で貴重な資料となっています。この句集に収められた作品は、卓袋の軽妙洒脱な味わいと奥行きのある味わいが特徴です。また、芭蕉の指導のもとで得た新傾向を取り入れようとする意欲的な姿勢が感じられます。

-# 貝増卓袋日記

貝増卓袋日記は、卓袋の生活や俳諧に関する記録をまとめた日記です。この日記には、卓袋の日常の生活や、俳諧の会の様子、俳句の創作過程などが記されています。

貝増卓袋日記は、卓袋の生涯や俳諧に関する貴重な資料となっています。この日記には、卓袋の軽妙洒脱な味わいと奥行きのある味わいが特徴です。また、芭蕉の指導のもとで得た新傾向を取り入れようとする意欲的な姿勢が感じられます。

タイトルとURLをコピーしました