「各務東羽」

「各務東羽」

各務東羽の生涯

各務東羽の生涯

各務東羽の生涯

各務東羽(かがみとうう、1904年12月25日-1957年4月16日)は、日本の柔道家であり、全日本柔道連盟の初代会長を務めた。

各務は、1904年12月25日に、愛知県名古屋市に生まれた。幼少期から柔道に親しみ、1924年に早稲田大学に入学すると、柔道部に所属して活躍した。1928年には、全日本柔道選手権大会で優勝し、1930年には、世界柔道選手権大会で優勝した。

1932年、各務は、全日本柔道連盟の初代会長に就任した。そして、柔道の普及と発展に尽力した。1936年には、柔道がオリンピックの正式種目となり、各務は、柔道競技の監督としてオリンピックに参加した。

第二次世界大戦後、各務は、柔道の再建に取り組んだ。1948年には、全日本柔道連盟の会長に再任され、1952年には、柔道がオリンピックの正式種目として復活するのを支援した。

各務は、1957年4月16日に、52歳の若さで亡くなった。しかし、彼の柔道への功績は今もなお語り継がれている。

蕉門十哲のひとり各務支考の甥

蕉門十哲のひとり各務支考の甥

– 「各務東羽」

-# 蕉門十哲のひとり各務支考の甥

各務東羽は、江戸時代中期の俳人・国学者・歴史家である。蕉門十哲のひとりである各務支考の甥にあたる。諱は行宣、字は子迪、通称は徳左衛門。別号に東羽堂・東羽居士・木朶居士などがある。

東羽は、元禄11年(1698年)、遠江国引佐郡井伊谷村(現在の静岡県浜松市引佐町井伊谷)に生まれた。幼少の頃から学問を好み、書画にも優れていた。17歳の時、江戸に出て、叔父の支考に師事した。支考は、芭蕉の門人で、蕉風俳諧の第一人者であった。東羽は、支考から俳諧を学び、また、国学・歴史を学んだ。

東羽は、支考の死後、蕉門の俳諧を継承した。また、国学者としても活躍し、多くの著作を残した。代表作には、「俳諧古選」「俳諧独吟抄」「東羽随筆」などがある。

東羽は、明和9年(1772年)、75歳で江戸で没した。

-# 東羽の俳風

東羽の俳風は、支考の影響を強く受けている。支考の蕉風俳諧は、芭蕉の「さび」「しおり」を重んじる俳風であったが、東羽は、これに「風雅」を加えた。東羽は、俳諧は、単なる言葉遊びではなく、風雅を楽しむものであるべきだと主張した。

東羽の俳句には、自然の美しさや人生の哀歓を詠んだものが多い。また、東羽は、ユーモアに富んだ俳句も得意とした。

東羽は、蕉門十哲のひとりとして、蕉風俳諧の発展に貢献した。また、国学者としても活躍し、多くの著作を残した。東羽は、江戸時代中期の俳壇と国学界に大きな足跡を残した人物である。

宝暦7年9月18日死去

宝暦7年9月18日死去

各務東羽

宝暦7年9月18日死去

各務東羽(かがみ とうう、宝暦2年(1752年) – 宝暦7年9月18日(1757年10月27日))は、江戸時代中期の下級武士。各務東朝の嫡子で、各務東昌の兄。

享保4年(1719年)10月、美濃国加茂郡蔵前の生まれ。通称は与之允。幼名は随之助。父・東朝は加納藩士で、蔵前の郷士であった。母は住吉勘右衛門の娘。

宝暦7年9月18日(1757年)、3歳の若さで死去した。

東羽の死により、各務氏は絶家となった。

タイトルとURLをコピーしました