ー『秋田雨雀』

ー『秋田雨雀』

秋田雨雀の生涯

秋田雨雀の生涯

秋田雨雀の生涯

秋田雨雀(1884-1965)は、日本の劇作家、小説家、評論家、編集者である。

1884年(明治17年)1月13日、秋田県平鹿郡増田町(現在の横手市)に生まれる。本名は大江直助(おおえ なおすけ)。

1903年(明治36年)、盛岡中学校を卒業し、早稲田大学文学部に入学する。在学中、坪内逍遥(つぼうち しょうよう)や島村抱月(しまむら ほうげつ)らに師事し、戯曲の執筆を始める。

1907年(明治40年)、早稲田大学文学部を卒業し、坪内逍遥が主宰する文芸誌『早稲田文学』の編集者となる。

1912年(大正元年)、坪内逍遥の死後、『早稲田文学』の主宰者となる。

1913年(大正2年)、最初の戯曲集『印象』を刊行する。

1915年(大正4年)、小説『合歓の花』を刊行する。

1916年(大正5年)、雑誌『演劇新潮』を創刊する。

1920年(大正9年)、戯曲『修善寺物語』を刊行する。

1924年(大正13年)、戯曲『或る女』を刊行する。

1926年(昭和元年)、戯曲『転生』を刊行する。

1930年(昭和5年)、戯曲『河童』を刊行する。

1932年(昭和7年)、戯曲『黒潮』を刊行する。

1934年(昭和9年)、戯曲『西郷隆盛』を刊行する。

1936年(昭和11年)、戯曲『皇国の悲劇』を刊行する。

1939年(昭和14年)、戯曲『太平洋の旗』を刊行する。

1941年(昭和16年)、戯曲『大東亜への道』を刊行する。

1944年(昭和19年)、戯曲『勝利の曙光』を刊行する。

1945年(昭和20年)、戯曲『日本の勝利』を刊行する。

1946年(昭和21年)、戯曲『平和の使徒』を刊行する。

1947年(昭和22年)、戯曲『民主主義への道』を刊行する。

1948年(昭和23年)、小説『人生の勝利』を刊行する。

1949年(昭和24年)、戯曲『解放への道』を刊行する。

1950年(昭和25年)、戯曲『平和の旗』を刊行する。

1951年(昭和26年)、戯曲『民主主義の闘士』を刊行する。

1952年(昭和27年)、戯曲『世界の平和』を刊行する。

1953年(昭和28年)、戯曲『自由への道』を刊行する。

1954年(昭和29年)、戯曲『平和の使者』を刊行する。

1955年(昭和30年)、戯曲『民主主義の勝利』を刊行する。

1956年(昭和31年)、戯曲『世界の平和』を刊行する。

1957年(昭和32年)、戯曲『自由への道』を刊行する。

1958年(昭和33年)、戯曲『平和の使者』を刊行する。

1959年(昭和34年)、戯曲『民主主義の勝利』を刊行する。

1960年(昭和35年)、戯曲『世界の平和』を刊行する。

1961年(昭和36年)、戯曲『自由への道』を刊行する。

1962年(昭和37年)、戯曲『平和の使者』を刊行する。

1963年(昭和38年)、戯曲『民主主義の勝利』を刊行する。

1965年(昭和40年)10月28日、東京で死去。享年81。

秋田雨雀の文学活動

秋田雨雀の文学活動

秋田雨雀の文学活動

秋田雨雀は、明治から昭和にかけて活躍した小説家、劇作家、評論家です。自然主義文学運動の中心人物として知られ、社会問題や労働問題を題材とした作品を多く発表しました。また、演劇にも力を入れ、新劇団「自由劇場」を創設、近代演劇の確立に貢献しました。

秋田雨雀は、1885年(明治18年)に秋田県に生まれました。早稲田大学に進学し、在学中に島崎藤村や徳田秋声らの影響を受け、自然主義文学の道に進みました。1908年(明治41年)には、前島春蔵、戸川貞雄らとともに、同人誌「スバル」を創刊。自然主義文学の理論や作品を発表しました。

1911年(明治44年)には、島村抱月、小山内薫らと演劇団「自由劇場」を結成。イプセンやチェホフなどの西洋近代劇を上演し、近代演劇の確立に貢献しました。また、自身も劇作家として数多くの作品を発表し、社会問題や労働問題を題材とした作品を多く上演しました。

1919年(大正8年)には、日本プロレタリア芸術連盟(プロ連)の結成に参加。プロレタリア文学運動の中心人物として活躍しました。1920年(大正9年)には、プロレタリア演劇の団体「東京プロレタリア演劇同盟」を結成し、労働者階級の意識を高揚させるための演劇活動を行いました。

秋田雨雀は、自然主義文学運動と近代演劇の確立に貢献した重要な人物です。彼の作品は、社会問題や労働問題を鋭く描き出し、当時の社会情勢を反映しています。また、演劇活動を通じて、近代演劇の確立に貢献しました。

秋田雨雀の社会活動

秋田雨雀の社会活動

秋田雨雀の社会活動

秋田雨雀は、日本の劇作家、小説家、社会運動家である。1878年(明治11年)に秋田県に生まれ、1968年(昭和43年)に東京都で亡くなった。

雨雀は、早稲田大学在学中に社会主義運動に加わり、1903年(明治36年)には社会民主党を結成した。しかし、1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、雨雀は戦争に反対し、投獄された。出獄後は、社会運動を続け、1918年(大正7年)には日本社会党を結成した。

雨雀は、社会運動を続ける傍ら、戯曲や小説も執筆した。戯曲では、社会問題を扱ったものが多く、労働者の権利や女性の解放を訴えた。小説では、社会の矛盾や人間の弱さを描いたものが多く、社会派文学の代表作として知られている。

雨雀の社会活動は、日本の社会運動の発展に大きな貢献をした。雨雀の思想は、後の社会運動家や政治家に大きな影響を与え、日本の民主化に貢献した。

秋田雨雀の社会活動の主な業績は以下の通りである。

* 1903年(明治36年)に社会民主党を結成した。
* 1904年(明治37年)に日露戦争に反対し、投獄された。
* 1918年(大正7年)に日本社会党を結成した。
* 戯曲や小説を執筆し、社会問題や人間の弱さを描いた。
* 社会運動を続け、日本の民主化に貢献した。

秋田雨雀は、日本の社会運動の発展に大きな貢献をした偉大な社会運動家であった。

タイトルとURLをコピーしました