鶯亭金升:明治・大正時代の新聞記者、戯作者の軌跡

鶯亭金升:明治・大正時代の新聞記者、戯作者の軌跡

新聞記者としての経歴

新聞記者としての経歴

-# 新聞記者としての経歴

鶯亭金升は、明治・大正時代の新聞記者であり、戯作者でもありました。1861年、江戸に生まれ、本名は金田信政。金升という号は、鶯の鳴き声にちなむものです。

金升は、1882年に東京日日新聞に入社し、新聞記者としての道を歩み始めます。在職中は、政治や社会問題など幅広い分野の記事を執筆し、その才能を遺憾なく発揮しました。また、金升は、新聞記者として活動する傍ら、戯作にも手を染めており、彼の作品は当時の読者に広く親しまれていました。

1890年、金升は東京日日新聞を退社し、自由民権運動に加わります。そして、1892年に、大阪朝日新聞に入社し、その後、東京朝日新聞の記者として活動しました。東京朝日新聞では、主に政治や社会問題に関する記事を執筆し、その鋭い視点と辛辣な筆致で、当時の社会に大きな影響を与えました。

金升は、1923年に東京朝日新聞を退社し、その後は、戯作に専念しました。彼の作品は、当時の世相を反映しており、人々から大きな支持を集めました。金升は、1931年にこの世を去りましたが、彼の残した作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。

戯作作家としての活躍

戯作作家としての活躍

– 戯作作家としての活躍

鶯亭金升は、戯作作家としても才能を発揮した。彼の戯作は、当時の社会風俗を風刺したものや、人情噺、怪談など、幅広いジャンルにわたっている。なかでも、人情噺は彼の得意とするところであり、彼の作品は多くの人々に愛された。

金升の戯作は、当時の社会風俗を風刺したものが多い。彼は、社会の矛盾や人々の愚かさを鋭く批判し、人々に警鐘を鳴らした。彼の作品は、当時の社会を知る上で貴重な資料となっている。

また、金升は人情噺の名手でもあった。彼は、人々の心の機微を巧みに描き出し、読者の共感を呼んだ。彼の作品は、今でも多くの人々に読み継がれている。

金升は、怪談も得意とした。彼は、怪異現象を巧みに描き出し、読者に恐怖感を与えた。彼の作品は、江戸時代の怪談文学の代表作とされている。

金升は、戯作作家として多大な功績を残した。彼の作品は、当時の社会風俗を知る上で貴重な資料となっており、今でも多くの人々に読み継がれている。

長唄や常磐津などの作詞活動

長唄や常磐津などの作詞活動

-# 長唄や常磐津などの作詞活動

鶯亭金升は、明治・大正時代の新聞記者、戯作者として活躍した人物です。また、長唄や常磐津などの作詞活動でも知られています。

金升が作詞した長唄には、「勧進帳」「釣瓶落とし」「助六」などがあります。勧進帳は、金升が28歳の時に発表した作品で、源義経と弁慶が山伏に扮して関所を通過する物語を題材にしています。金升は、この作品で義経と弁慶の心情を巧みに表現し、長唄の傑作として名を残しました。釣瓶落としは、金升が30歳の時に発表した作品で、お化けが釣瓶を使って人を脅かすという怖い物語を題材にしています。金升は、この作品でお化けの恐怖を巧みに表現し、長唄の傑作として名を残しました。助六は、金升が40歳の時に発表した作品で、助六と揚巻の恋物語を題材にしています。金升は、この作品で助六と揚巻の心情を巧みに表現し、長唄の傑作として名を残しました。

金升が作詞した常磐津には、「お家騒動」「妹背山」「心中天の網島」などがあります。お家騒動は、金升が35歳の時に発表した作品で、大名が家臣に殺されるという悲劇的な物語を題材にしています。金升は、この作品で大名の無念さと家臣の陰謀を巧みに表現し、常磐津の傑作として名を残しました。妹背山は、金升が45歳の時に発表した作品で、夫婦の愛を題材にしています。金升は、この作品で夫婦の愛情を巧みに表現し、常磐津の傑作として名を残しました。心中天の網島は、金升が50歳の時に発表した作品で、心中する夫婦の物語を題材にしています。金升は、この作品で心中する夫婦の心情を巧みに表現し、常磐津の傑作として名を残しました。

金升は、長唄や常磐津の作詞活動を通じて、日本の音楽文化の発展に貢献しました。金升の作品は、現在でも多くの歌舞伎役者や長唄・常磐津の演奏者によって演奏されており、日本の伝統芸能として親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました