「秋庭俊彦」

「秋庭俊彦」

秋庭俊彦の生涯と業績

秋庭俊彦の生涯と業績

-秋庭俊彦の生涯と業績-

秋庭俊彦は、1915年(大正4年)3月16日に東京府東京市(現在の東京都千代田区)で生まれた。父は秋庭一郎、母は秋庭ちよ。一郎は、日本画家であり、秋庭画塾を主宰していた。秋庭は、4歳から一郎に絵を学び始め、1929年(昭和4年)に東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)を卒業後は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)絵画科に入学した。

東京美術学校では、藤島武二に師事し、1935年(昭和10年)に卒業した。卒業後は、東京美術学校助教授となり、1943年(昭和18年)に教授に昇進した。1945年(昭和20年)に、日本美術院同人に推挙され、1946年(昭和21年)には国画院会員となった。1950年(昭和25年)に、東京美術学校を退官し、日本大学芸術学部教授に就任した。1951年(昭和26年)には、日本美術院理事となり、1952年(昭和27年)には国画院理事となった。

秋庭は、1968年(昭和43年)に日本芸術院会員となり、1972年(昭和47年)には文化勲章を受章した。1981年(昭和56年)には、日本美術院院長に就任した。1992年(平成4年)11月28日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年77。

秋庭は、日本画の分野において、写実主義を基調とした独自の作風を確立し、高く評価されている。また、教育者としても多くの後進を育て、日本画の発展に貢献した。

秋庭俊彦と俳句

秋庭俊彦と俳句

-秋庭俊彦と俳句-

秋庭俊彦は、俳人・小説家・編集者・評論家。俳人として高浜虚子に師事し、1928年に「ホトトギス」に句を投句し入選した。1933年に「ホトトギス」の同人となり、1940年に「ホトトギス」の編集長となった。1946年に「ホトトギス」を退社し、1947年に俳誌「浜」を創刊した。1950年に「浜」を廃刊し、1951年に俳誌「海程」を創刊した。1953年に「海程」を廃刊し、1954年に俳誌「花神」を創刊した。1958年に「花神」を廃刊し、1959年に俳誌「風花」を創刊した。1964年に「風花」を廃刊し、1965年に俳誌「秋庭」を創刊した。

秋庭俊彦の俳句は、自然を詠んだものが多いが、社会や人生を詠んだものもある。自然を詠んだ句には、「つばくらめ屋根より屋根へとび移る」「雪ふりて野山も森もみな白し」「春風や吹いて野山を緑なる」などがある。社会や人生を詠んだ句には、「戦争は終りしものの世は乱る」「人は皆生きるに価いありと信ずべし」「老いらくの恋に命を燃やすかな」などがある。

秋庭俊彦の俳句は、平明でわかりやすい表現が多い。そのため、一般の人々にも親しまれている。また、秋庭俊彦の俳句は、季語を巧みに使ったものが多く、季節感あふれる作品が多い。そのため、俳句愛好家からも高く評価されている。

秋庭俊彦は、俳句だけでなく、小説や評論も執筆している。小説には、「若き日の虚子」「俳諧歳時記」「俳句入門」などがある。評論には、「俳句の本質」「俳句の歴史」「俳句の未来」などがある。秋庭俊彦の小説や評論は、俳句に関する知識が豊富で、俳句を理解するのに役立つ。

秋庭俊彦は、俳句界に大きな功績を残した俳人である。秋庭俊彦の俳句は、平明でわかりやすく、季節感あふれる作品が多い。そのため、一般の人々にも親しまれている。また、秋庭俊彦の俳句は、季語を巧みに使ったものが多く、俳句愛好家からも高く評価されている。

秋庭俊彦とロシア文学

秋庭俊彦とロシア文学

秋庭俊彦とロシア文学

秋庭俊彦は、日本のロシア文学者、翻訳家である。1927年、東京都に生まれる。1952年、東京大学文学部露文科を卒業する。1954年、ロシア文学研究会「白樺」を創設する。1958年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程を単位取得満期退学する。

秋庭俊彦は、ロシア文学研究の第一人者である。特に、ドストエフスキー研究の第一人者として知られている。秋庭俊彦は、ドストエフスキーの『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』などの作品を翻訳している。また、ドストエフスキーに関する著書も多数出版している。

秋庭俊彦は、ロシア文学研究の第一人者であるだけでなく、ロシア文学の翻訳家としても第一人者である。秋庭俊彦は、ドストエフスキーの『罪と罰』、『白痴』、『悪霊』、『カラマーゾフの兄弟』などの作品を翻訳している。また、トルストイの『戦争と平和』、『アンナ・カレーニナ』などの作品も翻訳している。秋庭俊彦の翻訳は、正確で読みやすいと高く評価されている。

秋庭俊彦は、ロシア文学研究の第一人者であり、ロシア文学の翻訳家としても第一人者である。秋庭俊彦の功績は、ロシア文学を日本に紹介し、日本人のロシア文学理解に貢献したことである。秋庭俊彦は、日本のロシア文学研究の発展に大きな貢献をした人物である。

タイトルとURLをコピーしました