– 乾壺外

– 乾壺外

談林派の俳人

談林派の俳人

-談林派の俳人-

談林派は、17世紀初頭に誕生した日本の俳諧の流派である。その特徴は、軽妙洒脱な作風と、ユーモアやパロディを交えた表現にある。談林派の俳人は、庶民的な言葉や日常の出来事を題材にして、俳句を詠んだ。また、談林派は、俳句を単なる文芸としてではなく、人生の楽しみ方や生き方として捉えていた。

談林派の俳人の中で、最も有名なのは松尾芭蕉である。芭蕉は、1644年に伊賀上野に生まれた。20歳の頃に江戸に出て、俳諧を始めた。芭蕉は、俳諧の新しい表現の可能性を探求し、独自の作風を確立した。芭蕉の俳句は、自然美を繊細に表現しており、日本文学史上最も重要な俳人として評価されている。

談林派の俳人としては、芭蕉以外にも、多くの優れた俳人がいる。代表的な俳人に、下記のような名前が挙げられる。

* 井原西鶴
* 榎本其角
* 河合曾良
* 服部嵐雪
* 森川許六
* 向井去来

談林派の俳人は、それぞれ独自の作風を持っていたが、共通するのは軽妙洒脱な作風と、ユーモアやパロディを交えた表現である。談林派の俳句は、庶民的な言葉や日常の出来事を題材にしており、俳句を単なる文芸としてではなく、人生の楽しみ方や生き方として捉えていた。

談林派の俳句は、日本文学史上重要な位置を占めている。談林派の俳人は、俳句の新しい表現の可能性を探求し、独自の作風を確立した。談林派の俳句は、自然美を繊細に表現しており、日本文学史上最も重要な俳人として評価されている。

宝暦元年生まれ

宝暦元年生まれ

– 乾壺外 – 宝暦元年生まれ

乾壺外(1751年(宝暦元年) – 1822年(文政5年))は、江戸時代の儒学者・漢詩人・本草学者。通称は七左衛門。名は唆(す)・致さ・述・稚。字は徳懋・徳孺・循之。号は乾壺外・丹邱外史・雲渓老舎・木難等。

宝暦元年(1751年)、播磨国飾東郡山陽村(現・兵庫県姫路市飾磨区山陽町)に、姫路藩徒目付山村統郷の七男として生まれる。幼少時から聡明で、8歳で『論語』を暗誦したという。14歳のとき、姫路藩儒・赤松貞臣の塾に入り、儒学や漢詩を学ぶ。17歳のとき、藩儒・山本英候の塾に移り、さらに学問を深めた。

明和7年(1770年)、江戸に出て、儒学者・本居宣長の塾に入る。宣長は乾壺外の才能を高く評価し、親しく指導した。乾壺外は宣長の門人として、国学や和歌を学び、和歌集『春草』を著した。

安永5年(1776年)、播磨国姫路藩に仕え、藩儒となる。藩主・酒井忠恭に仕え、儒学や和歌を講じた。また、藩命により、播磨国の地誌『播磨鑑』を編纂した。

天明7年(1787年)、江戸に出て、儒学者・林述斎の塾に入る。述斎は乾壺外の学問を高く評価し、親しく指導した。乾壺外は述斎の門人として、儒学や本草学を学び、本草書『本草綱目啓蒙』を著した。

寛政2年(1790年)、姫路藩儒を辞し、江戸で塾を開く。塾名は「乾壺外塾」といい、多くの門人が集まった。乾壺外は儒学や本草学を講じ、門人を育成した。

文化13年(1816年)、江戸で没する。享年72。墓所は東京都台東区谷中の谷中霊園にある。

谷素外の門弟

谷素外の門弟

-谷素外の門弟-

谷素外は、江戸時代後期の儒学者です。名は復、字は朴庵、通称は友三。摂津国西成郡尼崎(兵庫県尼崎市)に生まれました。

本多忠央の門下生となって、儒学を学びました。後には、京都に自らの塾を開いて、多くの門人を育成しました。

谷素外の門弟には、以下のような人物が挙げられます。

* 前野良沢
* 中井竹山
* 本居宣長
* 熊沢蕃山
* 青木昆陽

前野良沢は、オランダ語の書物「解体新書」を翻訳したことで知られています。中井竹山は、儒学者であり、詩人でもあります。本居宣長は、国学者であり、古事記や万葉集の研究で知られています。熊沢蕃山は、儒学者であり、政治家でもあります。青木昆陽は、江戸幕府の御用商人であり、甘薯の普及に努めました。

谷素外の門弟たちは、それぞれに異なる分野で活躍し、江戸時代の文化の発展に貢献しました。

-前野良沢-

前野良沢は、1723年に江戸で生まれました。1744年に谷素外の門下生となり、儒学を学びました。1754年に、オランダ語の書物「解体新書」を翻訳しました。この翻訳は、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えました。前野良沢は、1796年に江戸で亡くなりました。

-中井竹山-

中井竹山は、1737年に摂津国西成郡尼崎(兵庫県尼崎市)に生まれました。1753年に谷素外の門下生となり、儒学を学びました。1764年に、京都に自らの塾を開きました。中井竹山は、儒学者であり、詩人でもあります。彼の詩は、その清新な作風で知られています。中井竹山は、1804年に京都で亡くなりました。

-本居宣長-

本居宣長は、1730年に伊勢国松阪(三重県松阪市)に生まれました。1755年に谷素外の門下生となり、儒学を学びました。1763年に、松阪に自らの塾を開きました。本居宣長は、国学者であり、古事記や万葉集の研究で知られています。彼の研究は、日本の国学の発展に大きな影響を与えました。本居宣長は、1801年に松阪で亡くなりました。

-熊沢蕃山-

熊沢蕃山は、1619年に信濃国伊那郡小笠原村(長野県伊那市)に生まれました。1642年に谷素外の門下生となり、儒学を学びました。1645年に、江戸幕府の旗本となりました。熊沢蕃山は、儒学者であり、政治家でもあります。彼の政治思想は、江戸幕府の改革に影響を与えました。熊沢蕃山は、1691年に江戸で亡くなりました。

-青木昆陽-

青木昆陽は、1698年に江戸で生まれました。1725年に谷素外の門下生となり、儒学を学びました。1731年に、江戸幕府の御用商人となりました。青木昆陽は、甘薯の普及に努めました。彼の努力により、甘薯は日本各地に広まり、飢饉の救済に役立ちました。青木昆陽は、1769年に江戸で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました