「後藤竜二(1943-2010)」

「後藤竜二(1943-2010)」

児童文学作家、後藤竜二の生涯と作品

児童文学作家、後藤竜二の生涯と作品

児童文学作家、後藤竜二の生涯と作品

後藤竜二 (1943 – 2010)

後藤竜二は、1943年に静岡県に生まれ、2010年に亡くなった児童文学作家です。彼の作品は、ユーモアと温かさにあふれ、多くの読者から愛されています。

後藤竜二の生涯

後藤竜二は、1943年に静岡県の浜松市で生まれました。彼は幼い頃から本が好きで、よく図書館に通っていました。高校卒業後は、出版社に就職しましたが、その後退職して児童文学作家になりました。

後藤竜二の作品

後藤竜二の作品には、「それいけ!アンパンマン」、「はれときどきぶた」、「ちびまる子ちゃん」などがあります。

-「それいけ!アンパンマン」-は、1973年から現在まで連載されている漫画であり、1988年にはアニメ化されました。アンパンマンは、顔の部分がアンパンになっていて、お腹を空いた人にアンパンを食べさせるというキャラクターです。この作品は、子どもたちに勇気と優しさを教えてくれるという評価を受けています。

-「はれときどきぶた」-は、1976年に出版された児童文学作品です。この作品は、主人公の男の子と、彼が飼っている豚の「ぶたぶた」との交流を描いています。ぶたぶたは、とても賢くてユーモアのある豚で、主人公の男の子の良き友だちになります。

-「ちびまる子ちゃん」-は、1986年から1996年まで連載された漫画であり、1990年にはアニメ化されました。ちびまる子ちゃんは、主人公の女の子と、彼女の家族や友だちとの日常を描いています。

後藤竜二の評価

後藤竜二の作品は、ユーモアと温かさにあふれ、多くの読者から愛されています。彼の作品は、子どもたちに勇気と優しさを教え、人生の大切さを伝えてくれます。

後藤竜二の自伝的作品:『魔球』『故郷』

後藤竜二の自伝的作品:『魔球』『故郷』

-「後藤竜二(1943-2010)」-

-後藤竜二の自伝的作品『魔球』『故郷』-

後藤竜二は、1943年7月26日、大阪府茨木市に生まれた。幼少期は、近くの川でよく泳いだり、山で遊んだりして過ごした。

後藤竜二は、1959年に大阪府立茨木高等学校に入学した。在学中には、野球部に所属し、投手として活躍した。1960年には、高校総体に出場し、ベスト8に進出した。

1962年に、後藤竜二は、中央大学に入学した。大学でも、野球部に所属し、投手として活躍した。

1965年に、後藤竜二は、ドラフト会議で西鉄ライオンズから1位指名を受け、プロ入りした。1年目から、先発ローテーションに定着し、17勝を挙げて新人王を獲得した。

1967年に、後藤竜二は、読売ジャイアンツに移籍した。ジャイアンツでは、背番号18を与えられ、エースとして活躍した。1972年には、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠を獲得し、沢村賞を受賞した。

1976年に、後藤竜二は、現役を引退した。引退後は、日本ハムファイターズの投手コーチや、読売ジャイアンツの監督を歴任した。

2010年4月25日、後藤竜二は、胃がんのため東京都内の病院で死去した。享年66歳。

後藤竜二は、プロ通算202勝を挙げ、沢村賞を2回、最優秀防御率を3回、最多奪三振を2回獲得した。また、日本シリーズにも7回出場し、2回の日本一を経験した。

後藤竜二は、自伝的作品として、『魔球』と『故郷』を執筆した。『魔球』は、后藤竜二の野球人生を振り返った作品であり、『故郷』は、后藤竜二の幼少期を描いた作品である。

『魔球』は、1971年に刊行され、翌1972年には映画化された。映画『魔球』は、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

『故郷』は、1973年に刊行された。作品は、后藤竜二の少年時代を題材とした自伝的作品で、1974年にテレビドラマ化された。

後藤竜二の作品は、多くのファンに愛され、今でも読み継がれている。

後藤竜二の歴史小説:『野心あらためず』

後藤竜二の歴史小説:『野心あらためず』

-後藤竜二の歴史小説『野心あらためず』-

後藤竜二は、日本の作家であり、歴史小説を多く執筆しました。その中でも特に有名な作品が『野心あらためず』です。この小説は、室町時代を舞台に、京の都で繰り広げられる権力闘争を描いたものです。

物語の主人公は、京の都で暮らす若き武士、足利義政です。義政は、室町幕府の第8代将軍であり、その在位期間は30年以上に及びました。義政は、優れた文化人としても知られており、その治世は「東山文化」と呼ばれています。

しかし、義政の治世は決して平穏ではありませんでした。幕府内では権力闘争が激化しており、義政と対立する勢力も少なくありませんでした。そんな中、義政は、側室である日野富子と結託し、権力を固めようとします。

しかし、富子は非常に野心的な女性であり、義政を操って、自分の権力を拡大しようとします。富子は、義政と正室である日野重子との間に生まれた嫡男である義尚を廃嫡し、自分の実子である義澄を将軍にしようと考えます。

義政は、富子の野心を知りながらも、彼女を止められないでいます。そして、ついに義尚は廃嫡され、義澄が将軍となります。しかし、義澄は若くして病死し、後を継いだのは、義政と富子の娘である女帝、後花園天皇でした。

後花園天皇の治世は、応仁の乱と呼ばれる大乱の時期でした。応仁の乱は、10年以上にわたって続き、京の都は戦火に包まれました。義政は、応仁の乱の終結を見ることなく、1473年に死去しました。

『野心あらためず』は、室町時代末期の京の都の権力闘争をリアルに描いた作品です。この小説は、後藤竜二の代表作であり、多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました