乾直恵- 昭和時代の詩人

乾直恵- 昭和時代の詩人

乾直恵の生涯

乾直恵の生涯

-乾直恵の生涯-

乾直恵は、1911年(明治44年)1月16日、愛知県渥美郡赤羽根町(現・田原市)に生まれました。父は村長を務め、母は教師でした。直恵は、3人姉弟の末っ子として育ちました。

直恵は、幼い頃から文学に興味を持ち、小学校時代には作文コンクールで入賞するなど、その才能を発揮していました。1928年(昭和3年)、東京女子大学国文科に進学し、文学を学びました。

大学卒業後は、出版社に就職して編集者として働きました。しかし、直恵は文学への情熱を捨てきれず、1935年(昭和10年)に詩集「天の河」で詩人としてデビューしました。

直恵の詩は、自然の美しさや人生の哀愁を題材としたものが多く、その繊細な感性と叙情的な表現が高く評価されました。1941年(昭和16年)には、詩集「望郷」で第1回中原中也賞を受賞しました。

直恵は、太平洋戦争中も詩作を続けましたが、戦後は詩壇から遠ざかり、しばらくの間、詩を発表しませんでした。しかし、1956年(昭和31年)に詩集「地平線」を出版して詩壇に復帰し、その後は精力的に詩作活動を続けました。

直恵は、1988年(昭和63年)に文化功労者に選ばれ、1992年(平成4年)には詩集「野の馬」で第28回読売文学賞を受賞しました。

直恵は、2000年(平成12年)12月29日、東京都中野区の自宅で老衰のため亡くなりました。享年89でした。

乾直恵の詩の特徴

乾直恵の詩の特徴

-乾直恵の詩の特徴-

乾直恵の詩の特徴は、以下の通りである。

* -簡潔で力強い言葉遣い-

乾直恵の詩は、簡潔で力強い言葉遣いが特徴である。余計な装飾を排したシンプルな言葉を用いることで、詩に込められたメッセージをより直接的に読者に伝えることに成功している。

* -日常的な題材を題材にした詩が多い-

乾直恵は、日常的な題材を題材にした詩を多く作っている。身近な出来事や風景を題材にした詩が多いのは、乾直恵が常に生活に根ざした詩を書こうとしていたからである。

* -口語体による詩が多い-

乾直恵の詩は、口語体による詩が多いのも特徴である。口語体による詩は、日常的な言葉を用いることで、読者に親しみやすい詩となっている。

* -社会への問題意識が強い-

乾直恵の詩には、社会への問題意識が強いものが多い。乾直恵は、社会の不条理や矛盾を詩の中で鋭く批判している。

* -平和への願いが込められた詩が多い-

乾直恵の詩には、平和への願いが込められた詩も多い。乾直恵は、戦争の悲惨さを訴え、平和の大切さを訴えている。

以上が、乾直恵の詩の特徴である。乾直恵は、簡潔で力強い言葉遣い、日常的な題材を題材にした詩、口語体による詩、社会への問題意識が強い詩、平和への願いが込められた詩など、様々な特徴を持つ詩人である。

乾直恵の代表作

乾直恵の代表作

-乾直恵の代表作-

乾直恵(1909-1994)は、昭和時代の詩人、評論家、翻訳家です。日本における詩のブームを牽引した一人であり、多くの名作を残しました。

乾直恵の代表作の一つが、1940年に発表された詩集『花冷え』です。この詩集には、乾直恵の代表作である「花冷え」や「雪の華」などの詩が収録されています。「花冷え」は、春の訪れを待ち望んで咲く花々を歌った詩で、乾直恵の繊細な感性が表れています。「雪の華」は、雪の美しさやはかなさを歌った詩で、乾直恵の詩情豊かな表現力が感じられます。

乾直恵のもう一つの代表作が、1948年に発表された詩集『星落ちて』です。この詩集には、乾直恵の代表作である「星落ちて」や「月に寄す」などの詩が収録されています。「星落ちて」は、夜空に輝く星を見上げて、その美しさやはかなさを歌った詩で、乾直恵のロマンチックな一面が見られます。「月に寄す」は、月に語りかけるという形式で、乾直恵の孤独や寂しさを歌った詩で、乾直恵の内面性が表れています。

乾直恵の詩は、繊細な感性、詩情豊かな表現力、ロマンチックな一面、内面性など、多くの魅力を持っています。乾直恵の詩集は、今でも多くの読者に愛されています。

タイトルとURLをコピーしました