「後鳥羽院下野」

「後鳥羽院下野」

後鳥羽院下野とは

後鳥羽院下野とは

-「後鳥羽院下野」とは-

後鳥羽院下野とは、1221年(承久3年)に起こった、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して挙兵した事件である。承久の乱とも呼ばれる。

後鳥羽上皇は、鎌倉幕府の専横を憂い、幕府打倒を計画した。上皇は、各地の有力御家人に挙兵を呼びかけ、自らも京都を出発して近江国へ向かった。

幕府は、上皇の挙兵を知って、討伐軍を組織した。討幕軍は、東海道と北陸道の2手に分かれて上京し、上皇の軍と合戦した。

上皇の軍は、幕府軍に敗れて、上皇は隠岐に流された。上皇の挙兵は失敗に終わったが、鎌倉幕府の専横を弱めることに成功した。

-後鳥羽院下野の背景-

後鳥羽上皇は、1180年(治承4年)に生まれ、1183年(寿永2年)に即位した。上皇は、文武に優れ、和歌や蹴鞠にも秀でていた。

しかし、上皇の時代は、鎌倉幕府の専横が強まっていた。幕府は、朝廷の権限を奪い、御家人を各地に派遣して、国衙を支配した。

上皇は、幕府の専横を憂い、幕府打倒を計画した。上皇は、各地の有力御家人に挙兵を呼びかけ、自らも京都を出発して近江国へ向かった。

-後鳥羽院下野の経過-

幕府は、上皇の挙兵を知って、討伐軍を組織した。討幕軍は、東海道と北陸道の2手に分かれて上京し、上皇の軍と合戦した。

上皇の軍は、幕府軍に敗れて、上皇は隠岐に流された。上皇の挙兵は失敗に終わったが、鎌倉幕府の専横を弱めることに成功した。

-後鳥羽院下野の影響-

後鳥羽院下野は、鎌倉幕府の専横を弱めることに成功した。幕府は、上皇の挙兵を教訓として、朝廷の権限を尊重するようになった。

また、後鳥羽院下野は、鎌倉幕府と朝廷の関係を変化させた。幕府は、朝廷を支配する存在から、朝廷と対等な存在に変わった。

後鳥羽院下野は、鎌倉時代の中期に起こった大きな事件であり、鎌倉幕府と朝廷の関係に大きな影響を与えた。

後鳥羽院下野の生涯

後鳥羽院下野の生涯

-後鳥羽院下野の生涯-

後鳥羽院は、鎌倉時代の初期に活躍した日本の第82代天皇です。諱は為仁(ためひと)です。1180年に誕生し、1183年に父である高倉天皇の崩御を受けて即位しました。

後鳥羽院の治世は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての動乱の時代でした。1185年には、平氏政権が源氏に滅ぼされ、鎌倉幕府が成立しました。後鳥羽院は鎌倉幕府と対立し、1221年に鎌倉幕府の将軍であった源実朝が暗殺された後は、幕府を倒そうと企てました。

しかし、後鳥羽院の企ては失敗し、1221年に鎌倉幕府の軍勢が京都に攻め入り、後鳥羽院は隠岐島に配流されました(承久の乱)。配流後も、後鳥羽院は鎌倉幕府に抵抗を続けましたが、1239年に崩御しました。

後鳥羽院は、政治家としてだけでなく、文化的にも優れた人物でした。和歌や蹴鞠を好み、自らも和歌を詠みました。また、後鳥羽院は「新古今和歌集」の編纂にも携わり、日本の和歌史に大きな影響を与えました。

後鳥羽院は、鎌倉時代の初期に活躍した日本の第82代天皇です。鎌倉幕府と対立し、承久の乱で敗れて配流されましたが、文化的にも優れた人物であり、日本の和歌史に大きな影響を与えました。

後鳥羽院下野の作品

後鳥羽院下野の作品

-後鳥羽院下野の作品-

後鳥羽院は、鎌倉時代に後鳥羽院が配流された隠岐島にて詠んだ和歌や、配流中に作られた日記や随筆など、数々の作品を残しています。

-和歌-

後鳥羽院は、和歌の名手として知られており、後鳥羽院が配流された隠岐島にて詠んだ和歌は、その流麗な文体と深い情感で知られています。なかでも、隠岐島での生活を詠んだ「隠岐の配所にて」は、後鳥羽院の代表作として知られています。

-日記-

後鳥羽院は、日記を数多く残しており、そのなかの『建仁元年記』は、後鳥羽院が京を追われた建仁元年(1201年)から承元元年(1207年)までの期間を記した日記です。『建仁元年記』は、後鳥羽院の配流生活の様子を知る貴重な資料として、歴史学の研究者に重宝されています。

-随筆-

後鳥羽院は、随筆も数多く残しており、そのなかの『後鳥羽院御記』は、後鳥羽院が隠岐島に配流されてから亡くなるまでの期間を記した随筆です。『後鳥羽院御記』は、後鳥羽院の配流生活の様子や、後鳥羽院の思想や信仰を知る貴重な資料として、歴史学の研究者に重宝されています。

-後鳥羽院下野の作品は、後鳥羽院の配流生活の様子や、後鳥羽院の思想や信仰を知る貴重な資料として、歴史学の研究者に重宝されています。また、後鳥羽院の和歌は、その流麗な文体と深い情感で知られており、文学愛好家からも愛されています。-

タイトルとURLをコピーしました